セミナー 印刷

<「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するために>
R&D部門が先導・主導する
研究開発マネジメントの基礎、全体像と具体的活動

~市場起点、コア技術戦略、オープンイノベーションによる三位一体の研究開発~

■『価値づくり』を実現するための具体的な活動■
■研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動■
■コア技術の理解とその設定■
■オープン・イノベーションの様々な効果■

<価値づくり特集セミナー>

自社の従来の強みへの拘泥である「ものづくり」から「価値づくり」に舵をとるために何をすればいいのか

企業が目を向けるべきは、直接的に、顧客が享受する「価値」である

R&D部門だからこそ収益を継続的に生み出すことが出来る

研究開発マネジメントをこれから行う方、既に行っているが視点・行動を変えたい方は是非

市場起点、コア技術戦略、オープンイノベーションの
 3つの戦略イニシャティブを有機的・相乗効果的に三位一体で組み合わせ、強力に展開する
日時 2019年10月18日(金)  10:30~16:30
会場 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 47,020円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
特典【価値づくり】セミナー特典
1.本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。
2.本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。 

「価値づくりセミナー専用クーポン」について
 ※セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※「価値づくりセミナー」にのみご利用いただけます。「価値づくりセミナー」の一覧は⇒コチラ
 ※有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・『価値づくり』を実現するための具体的な活動
・『ものづくり』の問題点
・研究開発担当者に求められる市場起点の具体的活動
・コア技術とはの理解とその設定法
・オープン・イノベーションの様々の効果 等
キーワード:価値づくり、コア技術、オープン・イノベーション、市場起点の研究開発

セミナー講師

ベクター・コンサルティング(株) 代表取締役 浪江 一公 氏
【講師情報】

セミナー趣旨

 日本企業は、過去20年間停滞を経験してきました。一方で、海外企業に目を向けると、この20年間で、多くの新興国企業が成長し、欧米の優良企業は本質的な経営変革を実行し、数多くのベンチャー企業が生まれ成功してきました。私は、日本企業の停滞の原因は、誤解を恐れずに言えば、「ものづくり」への強い固執にあると考えています。多くの場合、「ものづくり」とは、市場価値が低下しつつある自己の従来の強みへの拘泥であり、自己の「視野狭窄」を生み出してきているからです。企業は、その本質において、「顧客が享受する価値に対して支払う対価」を源泉に存続しています。したがって、企業が目を向けるべきは、直接的に、顧客が享受する「価値」です。企業にとってこの「価値」を継続的に創出すること、すなわち「価値づくり」が、その本来的使命であるはずです。そして、研究開発部門は、この「価値づくり」において先導的・主導的な役割を担わなければなりません。
 この「価値づくり」を成功させ収益を継続的に拡大するためには、研究開発部門における「市場起点の思考と活動」、「コア技術戦略の実行」そして「オープン・イノベーションの徹底」の3つの戦略イニシャティブを有機的・相乗効果的に三位一体で組み合わせ、そしてそれらを強力に展開することが重要です。
 本セミナーでは、以上のような「価値づくり」に向けての三位一体の研究開発の必要性の背景と、その構造と内容を紹介した後、具体的にどのような活動を行うことが必要なのかを、様々な事例を交えながら説明をしていきます。

セミナー講演内容

1.はじめに
 -日本企業の大きな問題点:ものづくり経営?
 -米国企業の『価値づくり』の追求(GEの例)
 -日立の研究開発体制の改革:『価値づくり』へ

2.なぜ『価値づくり』なのか
 -『価値づくり』の定義
 -「価値づくりへの脱皮」が求められる6つの大きな背景
  ・顧客は享受する価値に対し対価を支払う
  ・顧客は常に充足されない潜在ニーズを持つ(アマゾンのドローン活用例)
  ・常に『非顧客』が存在する
  ・新興国企業の台頭による既存価値追求競争の限界(韓国化粧品企業などの例)
  ・従来の「ものづくり」の発想では発展・成長はない
  ・『価値づくり』の前提のオープンイノベーションが格段に容易に

3.日本企業の大きな問題点:「ものづくり」への固執
 -「ものづくり」の関心領域:製品や技術
 -台湾・中国の金型技術力の向上の例
 -「a solution without a problem(問題のない解決策)」
 -『価値づくり』の視野 vs. 『ものづくり』の視野

4.『価値づくり』への『三位一体型』研究開発マネジメントとは
 -『価値づくり』は継続的な収益拡大を実現する
 -『価値づくり』のための三位一体の研究開発とは
 -「市場起点の思考と活動」が必要とされる理由
 -「オープンイノベーションの徹底」が必要とされる理由
 -「コア技術戦略の追求」が必要とされる理由
 -『価値づくり』のための三位一体の研究戦略の全体像

5.『価値づくり』の視点を持つ
 -『価値づくり』における研究開発部門の役割(日立製作所、三菱ケミカル、富士フイルムの例)
 -『価値づくり』の研究開発部門における現状
 -顧客がどのような点に価値を認識するかの理解の必要性
 -顧客は自社のQCDだけで買うのでは決してない
 -『価値づくり』の拡大の視点:VACESモデル
  (日本触媒、シマノ、帝人、日東電工、東洋電機、3M、テトラパック、コマツ、日本ペイント等の例)

6.市場起点の思考と活動
 -「市場起点の思考と活動」の位置付
 -革新的テーマ創出のメカニズム:市場知識と技術知識のスパーク
 -スパークの原料の「市場知識」の強化活動
 -「市場起点の思考と活動」の企業事例(本田宗一郎、花王、資生堂の例など)
 -研究者は蛸壺から出でよ!
 -市場・顧客を理解する3軸、TADとそのための具体的活動
  (島津製作所、シマノ、IBMの20%ルール等の他)
 -研究開発部門の市場起点の思考と活動のための具体的方策
  (マーケティング強化、ステージゲートプロセスの導入等)

7.コア技術戦略の追求
 -「コア技術戦略の追求」の位置付
  ・自社の存在価値の発揮のない展開では早晩他社に負ける
  ・スパークの原料の「技術知識」の強化策として
 -コア技術戦略とは
 -コア技術設定の企業事例(3M、クレハ、富士フイルム、東レ等)
 -コア技術は戦略思考・未来志向で設定する
 -コア技術の選定軸
 -コア技術の選定軸と三位一体モデルとの関係
 -コア技術による「市場起点の思考と活動」の促進(日立、キヤノンの例)
 -「市場起点の思考と活動」による新たなコア技術の発見
 -コア技術の設定プロセス
 -コア技術設定上の注意点

8.「オープンイノベーションの徹底」
 -「オープンイノベーションの徹底の」の位置付
 -オープンイノベーションとは
 -オープンイノベーションが必要とされる背景
 -オープンイノベーションの多様性とその類型
  ・類型(1):何を大きな目的として
  ・類型(2):イノベーションの発生の場は
  ・類型(3):具体的に何を求めて
  ・類型(4):誰と
  ・類型(5):どのような関係性の下
  ・類型(6):どのように実現
 -他の要素との相乗効果
  ・市場起点の思考と活動によるオープンイノベーション対象者の発見
  ・市場思考の思考・活動による市場理解の視野の拡大(IHIの例)
  ・コア技術によるオープンイノベーション機会増大(富士フイルムの例)
  ・オープンイノベーションにおけるコア技術による収益確保
  ・オープンイノベーションによるコア技術の強化と補完(コンチネンタル、オリンパスの例)
 -外部パートナー探索2つの方向性
 -自社が個別に外部を探す
  (P&G、コニカミノルタ、ソフトバンク、ナインシグマ、エルゼビア等)
 -外部に積極的に探される
  ・自社保有技術の開示・発信法(富士フイルム、GE、3M、ホンダ等)
 -オープンイノベーション実現の阻害要因
  ・取引コスト
  ・心理的抵抗
 -オープンイノベーションの成功に向けて打つべき10の施策

9.最後に

  □質疑応答□