セミナー

経営層を説得できる・納得させる
研究開発テーマのマネジメントとプロセス・評価の見える化

~経営層の信頼を得る研究開発データの種類と収集方法~
~経営層が納得できるテーマ/プロジェクトの費用対効果の考え方~
~経営層が納得できる技術のポートフォリオ分析~
<価値づくり特集セミナー>

本セミナーは都合により中止となりました(10月22日更新)
経営陣を納得させ、信頼を得る研究開発評価・プロセスの多角化・見える化
日時 2018年10月29日(月)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1グループ活動室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
特典【価値づくり】セミナー特典
1.本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。
2.本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。 

「価値づくりセミナー専用クーポン」について
 ※セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※「価値づくりセミナー」にのみご利用いただけます。「価値づくりセミナー」の一覧は⇒コチラ
 ※有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識技術体系、技術ポートフォリオ、技術の費用対効果、研究開発プロセス

セミナー趣旨

 技術経営、つまり技術をマネジメントする目的は、技術を如何に経営に生かしていくかである。これは、技術が経営計画あるいは事業計画を担保するための方策を見出すということである。
 そのためには研究開発テーマの選択が非常に重要である。一度選択されテーマ化された研究開発テーマは、毎年研究開発費の投入を余儀なくされる。昨今のように経済状況、技術の進展、技術領域の拡大など環境の変化が劇的に起こる状況では、定期的に研究開発テーマの見直しが必要とされる。
 一方、材料系の研究開発などのように、研究開発期間が10年以上掛かる場合には、長期的な視点が必要である。短期・中期・長期の研究開発テーマへの研究開発費の投入バランスが大きな課題である。
 また、研究開発テーマは、各種の技術から成り立っており、その技術体系を整備することは、保有技術と外部活用技術を明確化し、さらに、そのテーマの評価に役立つ。研究開発テーマの優先付けは、そのテーマ評価により判断されるが、その評価は非常に難しく、絶対的方法が見いだせていない。その評価法として、技術ポートフォリオや技術の費用対効果がある。
 本講演では、技術体系の構築及び技術ポートフォリオを基にして、経営層へ説得・納得させるためのポートフォリオ分析について説明する。さらに技術の費用対効果による分析など、研究開発の多角的評価方法の具体例を提示し、評価の見える化についても説明する。加えて、研究開発プロセスの見える化も概説する。研究開発評価・プロセスの多角化・見える化により、技術出身及び文科系出身の経営層が技術経営という視点での研究開発の検討に参加でき、納得性を得ることができる。

セミナー講演内容

1.「研究開発とは」
 1.1 課題認識と貢献の構造
  〇研究開発の構造を示し、課題認識との関係性を明らかにする。
 1.2 研究開発の位置づけ
 1.3 研究開発の評価
  〇研究開発の評価を構造化して、関係性を示す。
 1.4 フェーズ管理
  〇フェーズ管理の概念を理解する。
 1.5 研究開発とフェーズ管理の関係
 1.6 技術の生産性指標
  〇一般的な生産性指標について概説し、研究技術の生産性指標の事例を提示する。
  〇経営層が納得する"説得力のある"数字の出し方、根拠の示し方を示す。
 1.7 研究開発のプロセスと結果
 1.8 研究開発のプロセスの改善
 1.9 技術体系と技術マネジメント

2.「バリューチェーンと収益」
 2.1 バリューチェーンと収益の考え方
  〇バリューチェーンと収益の構造を説明する。
 2.2 バリューチェーン毎の収益と費用の考え方
  〇バリューチェーンでの収益と費用の考え方を説明する。

3.「市場と研究開発適応領域」
 3.1 市場と研究開発の適応領域
 3.2 適応領域の考え方

4.「研究開発プロセスの見える化」
 4.1 研究開発プロセスの現状
  〇研究開発プロセスの現状を整理し、理想を考える。
 4.2 研究開発プロセスの改善
  〇研究開発プロセスを改善する方法を提示する。
 4.3 研究開発プロセスの維持
  〇研究開発プロセスを維持するためのキーポイントを説明する。

5.「経営層の信頼を得る研究開発データの種類と収集方法」
 5.1 ビッグデータとは
 5.2 ビッグデータの取集方法
 5.3 研究開発データの種類
 5.4 研究開発データの収集方法
  〇経営層の信頼を受けるデータとは何か
 5.5 研究開発プロセスにおけるビッグデータ

6.「経営層が納得できる研究開発テーマの創出」
 6.1 ニーズとは
 6.2 顕在ニーズ抽出のプロセス
 6.3 潜在ニーズ抽出のプロセス
 6.4 ニーズ抽出のプロセスとオープンイノベーション
 6.5 研究開発テーマ企画書
  〇研究開発テーマ企画書の適応フェーズと事例を示す。
 6.6 AI・IoTなど最新技術の考え方
  〇最新技術に対応するための考え方を説明する。
 6.7 技術テーマの選定と中止、撤退判断の仕方
  〇研究領域を新規領域、既存・周辺領域に区分し、その区分に沿ったテーマ評価例を概説する。
 6.8 技術ロードマップ
  〇経営層が納得する効果的な技術ロードマップの作り方と留意点及び
   研究領域の区分に沿った技術ロードマップの例を概説する。

7.「経営層が納得できる研究開発テーマ/プロジェクトの費用対効果の考え方」
 7.1 研究開発での収益と費用の考え方
  〇研究開発での収益と費用の考え方の一例を説明する。
 7.2 研究開発の売上への貢献度の算出
  〇研究開発の売上への貢献度の算出例を説明する。
 7.3 技術の生産性指標を用いた費用対効果
  〇技術の生産性指標による収益と費用の測定例を解説する。
 7.4 売上を商品機能に配賦した費用対効果
  〇売上を商品機能に配賦することによる収益と費用の測定例を解説する。

8.「経営層が納得できる技術のポートフォリオ分析」
 8.1 技術体系
  〇技術体系構築の考え方、構築のキーポイント、事例、技術体系構築の計画の立て方と実施方法
 8.2 技術ポートフォリオ
  〇技術ポートフォリオのポイント、技術ポートフォリオ作成の計画立案と実施方法
 8.3 技術ポートフォリオの分析
  〇技術のポートフォリオ分析・有望性の見極め方とその事例を概説する
  〇技術畑出身常務が納得する評価手法とデータの導き方
 8.4 技術体系をベースにした技術ポートフォリオ分析
 8.5 技術ポートフォリオの課題/限界と今後の進め方

9.演習
 9.1 技術ポートフォリオの作成の演習
 9.2 技術の生産性指標の作成演習

  □質疑応答□