セミナー 印刷

研究開発テーマの(定量的)評価の
基礎知識と全体評価体系への組み込み

~革新的テーマの「正しい」「確実な」取捨選択、価値の判断、優先順位付け、見極め~
<価値づくり特集セミナー>

企業にとって死命を制する過言ではない研究開発テーマ評価を
 従来の経験・価値観だけに基づいて行っていませんか評価をしていませんか

不確実性・複雑性に対処しながら分かり易い評価体系を構築する
 革新的なテーマを正しく確実に判断し意思決定していくために

評価者・担当者間で納得感・信頼感を得る
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年9月18日(火)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
特典【価値づくり】セミナー特典
1.本セミナーは「価値づくりセミナー専用クーポン」をご利用頂けます。
2.本セミナーにお申込み頂いた方には「価値づくりセミナー専用クーポン」をプレゼントいたします。 

「価値づくりセミナー専用クーポン」について
 ※セミナーへのお申込み後、受講券・請求書と一緒に発送いたします。
 ※「価値づくりセミナー」にのみご利用いただけます。「価値づくりセミナー」の一覧は⇒コチラ
 ※有効期限は発効3カ月後の月末までとなります。
 ※1度のお申込みにつき、クーポンは1枚(5,000円分)までの利用となります。
 ※アカデミー割引との併用はできません。
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・代表的研究開発テーマ評価法
・研究開発テーマの評価の全体体系
キーワード:研究開発テーマ,研究開発テーマの評価,スコア法,ディスカウント・キャッシュフロー,ステージゲート,NPV,IRR

セミナー講師

ベクター・コンサルティング(株) 代表取締役 浪江 一公 氏
【講師情報】

セミナー趣旨

 研究開発活動は言うまでもなく、今後の自社の収益を生み出す原動力です。したがって、研究開発活動の対象を決定する研究開発テーマ評価は、企業にとって死命を制するといっても過言でありません。
 しかし、多くの企業において研究開発テーマの選択は、実施する側の研究者・技術者の熱意や評価する上司の属人的な思いや価値観で決められていることは多いものです。もちろんこれら要素は研究開発テーマを評価するに当り必要なものであり、否定するものではありません。しかし、新興国企業の台頭といった新しい市場環境下においては、従来の経験だけに基づく評価は危険です。そこには正しい評価の仕組みが必要です。
 本セミナーにおいては、最初に代表的な研究開発テーマの評価法(複数)について演習を含め、学んでいただきます。この中には、欧米では一般的に利用されているディスカウント・キャッシュフロー法を含みます。後半ではこれらの研究開発テーマ評価方法をどう全体の研究開発評価体系の中に組み込んでいくかを、それぞれの評価法の特徴とメリット・デメリットを踏まえた上で議論をしていきます。したがって、本セミナーは個別の評価法の実践面を学ぶだけではなく、今後皆様の企業に帰り全体の研究開発テーマの評価体系を考える場合に役立つ知識を習得していただきます。

セミナー講演内容

1.研究開発テーマ・マネジメントを取り巻く環境
 1.1 21世紀の日本企業が置かれている現実
 1.2 日本企業が行く道:革新的なテーマの創出の必要性と不確実性
 1.3 日本企業の研究開発マネジメントの現状
 1.4 研究開発テーマ・マネジメントの重要性の増大

2.研究開発テーマを見極める際に陥りがちな落とし穴
 2.1 評価者の属人的な評価尺度
 2.2 研究者の熱意を過度に重視する
 2.3 不確実性を軽視した評価 など

3.木の議論:様々な研究開発テーマ評価法:具体的内容と特徴
<非財務法>
 3.1 直感法
 3.2 対話法
 3.3 スコア法
  a) BMO法
  b) リスク-リターン法
  c) STAR法
  d) 演習1:スコア法演習
<財務法>
 3.4 ディスカウント・キャッシュフロー法
  a) NPV(正味現在価値)法
  b) IRR(内部収益率)法
  c) 演習1~5
  d) ディスカウント・キャッシュフロー法を使う上での注意点
 3.5 収期間法
 3.6 ECV(期待経済価値)法(演習6)

4.良い研究開発テーマ評価システムの要件
 4.1 個別の研究開発テーマ評価法の限界
 4.2 研究開発テーマ評価の基本フレームワーク
 4.3 良い研究開発テーマ評価システムの要件
  a) 不確実性・複雑性に対処しながらも分かり易い評価体系
  b) 評価者・担当者の間で納得感・信頼感がある
  c) 事業・製品で成功するための重要なポイントをきっちりおさえている
  d) 革新的なテーマを正しく判断し意思決定ができる

5.森の議論:全体評価体系としてのステージゲート・プロセス
 5.1 ステージゲート・プロセスとは?-良い研究開発テーマ評価システムの要件に対処したプロセス
 5.2 ステージゲート・プロセスの工夫
 5.3 ゲートでの評価項目
 5.4 ゲートでの意思決定法

6.最後に

  □質疑応答□