セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
フィルム成形過程での内部/表面・界面変化挙動と
条件最適化に向けたポイント

~成膜過程でのドローレゾナンス現象の理解と低減策~
~延伸過程での高次構造の発現とボーイング現象の低減策~

成形時のレオロジーや成膜/延伸時に発生する現象・発生原因、各プロセスでの表面・界面の挙動変化を解説!
発生原因のメカニズムをしっかりと理解して、トラブル対策への応用、
構造と物性の関係性から条件最適化を検討しましょう

実例を用いてわかりやすく解説しますので、業務にすぐ活用することが望めます!!
日時 2021年12月16日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
  35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※開催日の概ね1週間前を目安に、最少催行人数に達していない場合、セミナーを中止することがございます。
得られる知識フィルム成形の基本を知ることができ、重要な現象の理解と対応策が学べる。
また構造と物性の関係などが理解できるとともに成形条件の適正化に必要な知見が得られる。

セミナー講師

P&P リサーチ  代表 石原 英昭 様
【経歴】
元龍谷大学 Ryukoku Extension Center 顧問、東洋紡フィルム研究所所長/先端材料研究所所長、京都工芸繊維大学大学院教授、
日本レオロジー学会副会長、高分子学会プラスチックフィルム研究会委員長、プラスチック成形加工学会関西支部長などを歴任
【専門】
高分子成形、高分子構造・物性

セミナー趣旨

 高性能・高品位のフィルムの製造のためには、各工程において発現する現象を理解し、ポリマー、プロセス両面の適正条件の設定が大切である。そのためにはまず現象の発生メカニズム、支配要因などの基本的なことの把握と解決策の構築が必要となる。
 また、フィルムの物性や機能の発現がどのような構造と関係しているかをフィルムの内部構造、表面構造と関連付けて理解することも大切である。本セミナーでは実際例を紹介しながら解説する。

セミナー講演内容

1.はじめに
 
2.プラスチックフィルムの基礎
 2.1 フィルムの種類と性能・機能
 2.2 フィルム成形技術の種類と特徴
  2.2.1 フィルム成形の基本技術
  2.2.2 溶融成膜と溶液成膜の種類と特徴
  2.2.3 延伸技術の種類と特徴
  2.2.4 フィルム成形におけるポリマーの基本物性
  2.2.5 フィルム成形におけるレオロジー
    1)せん断流動域のレオロジー
    2)伸長流動域のレオロジー
 
3.成膜過程での現象と課題解決策
 3.1 ダイス出口までの現象
  3.1.1 ポリマーの熱分解・ゲル化・未溶融物
  3.1.2 せん断流動不安定性
 3.2 ダイス出口後の現象
  3.2.1 フィルム表面の欠点
  3.2.2 結晶化に伴う表面特性
  3.2.3 ネックイン現象と発現要因
  3.2.4 ドローレゾナンス現象の基礎
    1)ドローレゾナンス現象とフィルム厚み変動
    2)理論解析によるドローレゾナンス現象の本質
    3)ドローレゾナンス現象の低減策と薄膜化への対応
 
4.延伸過程での現象と課題解決策
 4.1 延伸による複屈折の発現と応用
 4.2 一軸延伸と配向結晶化および応用
 4.3 二軸延伸、多段延伸と高次構造発現
  4.3.1 延伸条件の適正化への応用
  4.3.2 高次構造モデルとシミュレーション
 4.4 ボーイング現象とフィルム幅方向の物性不均一性
  4.4.1 ボーイング現象の理解
  4.4.2 ボーイング現象低減策
 
5.成膜・延伸による表面・界面の変化
 5.1 表面加工技術の種類
 5.2 表面分析・評価技術
 5.3 表面・界面変化の事例
  5.3.1 結晶化による表面構造
  5.3.2 微粒子による表面突起形成
  5.3.3 コーティングにおける留意点
  5.3.4 無機蒸着における留意点
  5.3.5 表面・界面制御による機能化例
 
6.おわりに

  □ 質疑応答 □