セミナー 印刷

失敗しないフロー合成にむけた
適切なパラメータ選択とトラブル事例・対策
―段階別(前処理・反応時・後処理)のポイント―

~事例で学ぶフロー合成における基礎知識・初期検討からパイロットスケールでの検討におけるポイント~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ


【Live配信受講者 特典のご案内】

Live配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。


フロー合成プロセスは近年、低環境負荷、高効率など次世代の生産プロセスとして注目を浴びつつある一方で、
製造プロセスとしての適用に向けては多くのトラブルなども生じるケースがあります。

  今回の講座ではフロー合成のメリットについて、
バッチプロセスとの比較をはじめとした基礎知識からプロセス操作における不具合事例、
そしてそのトラブル対策について、ラボプロセスからパイロットプロセスに向けた検討をそして、
前処理からは反応、後処理も含めた事例についてモデルケースにしながらご紹介します。
日時 【Zoom受講】 2023年1月24日(火)  10:30~16:30
【アーカイブ受講】 2023年2月2日(木)  まで受付(配信期間:2/2~2/15)
会場 【Zoom受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )

 定価:本体36,000円+税3,600円
 Email案内価格:本体34,200円+税3,420円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Zoom配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
   (開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)
アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

味の素株式会社 バイオファイン研究所 主席研究員 中原 祐一 氏

[ご略歴]
2005年 味の素(株) 入社

[主なご研究・ご業務]
フローマイクロリアクタを活用した素材のプロセス開発に従事

セミナー講演内容

1.フロー合成の発展と歴史
 1.1 フロー・マイクロ合成とは
 1.2 開発に向けた取り組み ~開発事例紹介~

2. フロー合成の目指すところ
 2.1 高速混合
 2.2 精密温度制御
 2.3 滞留時間の精密制御
 2.4 単位プロセスの連続化

3. フロー合成で起こりやすい不具合
 3.1 パラメータの多さ
 3.2 送液不良
 3.3 混合不良
 3.4 除熱の不良
 3.5 閉塞
 3.6 ラボからパイロットへ

4.フロー合成プロセスの構築ならびにトラブル対策
 (有機リチウム反応、アニオン重合、イオン液体合成での事例をご紹介します。)

 4.1 ポンプの選択
 4.2 ミキサ・リアクタの選択
 4.3 計測・制御システム
 4.4 運転システム
 4.5 流体解析技術
 4.6 反応の後処理のフロー化、連続化

5.国内外の研究開発動向、今後の展望


□質疑応答□
 
<ご参加の皆さまへ>
このセミナーでは、より有意義なセミナーにさせていただくため、皆さまから、1.現場でのお困りの事例や、2.判断がつかずお悩みの事例、または、3.社内で判断に困っておられる事例などを募集いたします。

■事前リクエスト・質問はこちらから■