セミナー 印刷

医療機器の
治験・薬事申請・保険適用の関係をふまえた
保険収載戦略とその要点

~薬事戦略と保険戦略の考え方~
~新医療機器開発から保険収載までの事例~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
医療機器開発の全体像を把握するとともに、
臨床研究・治験制度や薬事戦略、保険戦略の考え方について、実例を用いてやさしく解説
 
こんなことが学べます ~得られる知識
  • 医療機器の保険制度
  • 医療機器の開発プロセスの全体像
  • 臨床研究と治験の概要
  • 医療機器開発における保険戦略
【Live配信受講者特典のご案内】

Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 【Live配信受講】 2023年1月26日(木)  13:00~16:30
【アーカイブ配信受講】 2023年2月6日(月)  まで受付(配信期間:2/6~2/17)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

大研医器(株) 技術本部 開発部 薬事学術情報課 課長 小林 武治 氏  ≫講師紹介

[業界での関連活動] 一般社団法人医療健康機器開発協会 理事

セミナー趣旨

 本講座では基本的な医療保険制度を説明するとともに、医療機器がどのように保険で償還されているのか、医療機器をどのように保険適用させるのかを解説します。また、医療機器開発の全体像を把握するとともに、臨床研究・治験制度や薬事戦略、保険戦略の考え方について、実例を用いてやさしく説明します。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.医療保険制度の基礎と医療機器の価格

  2−1 医療保険制度の概要
  2−2 DPC制度(DPC/PDPS)の概要
  2−3 医療機関から見た医療機器の価格
  2−4 同じ治療でも使用する医療機器によって病院コストが違う

3.医療機器を保険適応にする基本的な方法
  3−1 保険適用希望区分
  3−2 保険適用希望書の提出が不要な医療機器
  3−3 保険収載プロセスの概要
  3−4 複数の適用希望区分に該当する場合

4.医療機器開発と保険戦略
  4−1 薬事戦略と保険戦略の考え方
  4−2 医療機器の開発プロセスの概要
  4−3 臨床研究と治験
  4−4 新医療機器開発から保険収載までの事例

5.保険適用希望書提出から中医協総会までの流れ
  5−1 保険適用希望書の提出
  5−2 医療課ヒアリング対応
  5−3 保険医療材料等専門組織
  5−4 中央社会保険医療協議会総会

6.医療機器ビジネスの成功を祈って
  6−1 初めから薬事戦略・保険戦略を意識した開発
  6−2 自社の医療機器が審査支払機関で査定されたとき
  6−3 医療保険制度のトレンドを入手する
  6−4 医療機器ビジネスの成功を祈って

□質疑応答□