セミナー 印刷

医薬品開発における
事業性評価・ポートフォリオ分析と意思決定手法
~説得力のある提案を行うために、
どのような評価・分析を行えば良いか~

「不確実性の高い開発早期段階での事業性評価ポイント」
「高い精度が求められる開発後期段階の事業性評価とポートフォリオ分析」

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
製品チームや経営から信頼の得られる事業性評価を目指して!
開発品の価値評価や優先度設定の判断基準として用いられる事業性評価を取り上げ、
説得力のある提案を行うためにはどのように評価・分析を実施し、意思決定に活用するのか、
ポイントを整理し事例も交えて解説

 
  • 正味現在価値(NPV)と不確実性を考慮した正味現在価値(eNPV)
  • 意思決定の質を高めるために重要な6つの要素
  • 不確実性要素(シナリオ、幅)の留意点と推計方法
  • TPP作成のタイミングと3つのポイント
  • 売上予測のポイント(ピークシェア、浸透スピード、コンプライアンス、薬価)
  • ポートフォリオ分析による開発品の優先度設定の実施方法
【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 【Live配信受講】 2023年1月30日(月)  10:30~16:30
【アーカイブ配信受講】 2023年2月8日(水)  まで受付(配信期間:2/8~2/21)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )

 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識本セミナーを通じて、研究開発、ライセンス、市場調査、マーケティング、製薬などご担当の方には、事業性評価がどのように実施され、意思決定に活用されているのかを学ぶこと、また事業性評価をご担当の方には、どのように事業性を評価して経営や製品チームに貢献していくのか、課題解決の一助となることを期待する。

セミナー講師

中外製薬(株) ビジネスインサイト&ストラテジー部 ビジネスアナリシスプロフェッショナル 高山 健次 氏 ≫【講師紹介】

セミナー趣旨

 医薬品開発には、巨額で長期的な開発費用と人的資源を要し、全ての開発パイプラインに継続投資することが困難な場合が多い。経営はどの開発品を優先して投資するのか悩み、また各部門・部署・製品チームでは、各々の虎の子を守るべく、社内コンフリクトが発生する可能性もある。本講座では、開発品の価値評価や優先度設定の判断基準として用いられる事業性評価を取り上げ、その概念や、説得力のある提案を行うためにはどのように評価・分析を実施し、意思決定に活用するのか、ポイントを整理し事例も交えて解説する。

セミナー講演内容

1.中外製薬(株)とは?
 ・中外製薬の特徴
 ・中外製薬の事業モデル
 
2.開発段階における市場規模/売上予測とその限界
 ・売上予測の4つの目的とタイミング、典型的な予測モデル
 ・売上予測の研究開発ステージと粒度
 ・ビジネスの価値評価として売上予測は万能か
 ・マネジメントの質と成功の可否
 ・戦略的マネジメントとオペレーションマネジメントの関係
 
3.開発段階における事業性評価とその概念
 ・事業性評価のゴール、4つの目的とタイミング
 ・事業リスクと4つの事業性評価の実施方法
 ・事業性評価を理解する上での重要な指標
 ・正味現在価値(NPV)と不確実性を考慮した正味現在価値(eNPV)
 ・意思決定の質を高めるために重要な6つの要素
 
4.不確実性の高い開発早期段階での事業性評価ポイント
 ・不確実性要素(シナリオ、幅)の留意点と推計方法
 ・TPP作成のタイミングと3つのポイント
 ・事例から見えてくるTPPの重要性
 ・新たな治療で市場はどう変わるか
 ・有病率(数)と罹患率(数)の関係を常に考える
 
5.高い精度が求められる開発後期段階の事業性評価とポートフォリオ分析
 ・市場を理解するためのアプローチ
 ・売上予測のポイント(ピークシェア、浸透スピード、コンプライアンス、薬価)
 ・開発段階から上市後も利用できる売上予測モデルを準備する
 ・開発品の事業性評価結果に基づく事業全体の価値評価
 ・ポートフォリオ分析による開発品の優先度設定の実施方法
 
6.製品チームや経営から信頼の得られる事業性評価を目指して
 ・中外製薬での事業性評価実施の流れと、確認ポイント
 ・事業性評価がネガティブとなった場合の対処方法
 ・事業性評価結果と実際に起きた結果との答え合わせの意義
 ・事業性評価の役割と目指すところ
 ・市場調査と事業性評価の関係

□質疑応答□