セミナー 印刷

化学物質を扱う研究所における
法規制に準拠した「薬品管理」の進め方

~ 「法令遵守」と「事件・事故防止」 ~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
製造や研究の活動に利用する化学物質(薬品)において、従来の性善説に基づく管理では
逸脱の発生を把握することは極めて困難!
 法令遵守をベースにして「身の丈に応じた」体制構築や運用において
水準向上を企図する際の要点、陥りやすい問題点を紹介!
 
  • 製造系企業が遵守すべき、近年変化しつつあるコンプライアンス絡みの要件
  • 製薬企業研究所が目指している高水準な薬品管理の事例から学ぶ各目標水準における踏まえるべき要点
  • 研究や生産に関わる薬品管理体制に課題を感じている組織にとって、改善の際の要
【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 【Live配信受講】 2023年1月27日(金)  10:30~16:30
【アーカイブ配信受講】 2023年2月7日(火)  まで受付(配信期間:2/7~2/20)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 39,600円/E-Mail案内登録価格 37,620円 )

 定価:本体36,000円+税3,600円
 E-Mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信ZoomによるLive配信の場合 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信の場合 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
【要事前申込】 個別相談会実施のご案内(講演終了後/希望者のみ)
本セミナー終了後、テーマに関する所属先での問題点等を講師に個別質問できる相談会を実施いたします。
ご希望の受講者は、事前申込みが必要でございまので、下記ご参照のうえ、お申込みください。

 ※個別質問時間は、1名(1社)5分を目安とさせていただきます。
 ※所属団体毎の実施となります(同一団体の場合)。

 申込み方法(下記いずれかにてお申込みください)
 ①本セミナーの申込みフォーム「通信欄」に個別相談会希望とご記入ください。
 ②開催前日1/26(木)までに右記メールに個別相談会希望の旨ご連絡ください。 ≫ 事前申込みはこちらから

セミナー講師

ラボコンサルテーション(株)  代表取締役社長 薬学博士 島本 哲男 氏 ≫【講師紹介】

[業界での関連活動] ELN研究会の発起人(ELN:Electronical LaboNotebook)

セミナー趣旨

 法令遵守に対して要求される水準は日に日に高まっているが、製造や研究の活動に利用する化学物質(薬品)において、従来の性善説に基づく管理では逸脱の発生を把握することは極めて困難となっている。

 本講座では、厳しい対応を準備している製薬企業研究所での実際の事例と比較しながら、法令遵守をベースにして「身の丈に応じた」体制構築や運用において水準向上を企図する際の要点、陥りやすい問題点などを紹介する。

セミナー講演内容

1.薬品管理における法令遵守
 1.1 薬品管理における法令遵守
 1.2 法令違反が起こりやすい環境
 1.3 薬品管理にかかわる法律の理解
 1.4 法令遵守の優先順位
2.研究実施現場における事件・事故防止
 2.1法令遵守と事件・事故防止の違い
 2.2 薬品管理におけるリスクマネジメント
3.法規制に基づく具体的な管理の方策
 3.1 毒劇物
 3.2 消防法危険物
 3.3 麻薬、覚せい剤、向精神薬
 3.4 内部調製試料
4.管理体制の構築と運用の要点
 4.1 守ってもらえる管理体制を構築するには
 4.2 構築した管理体制を維持するためには
5.薬品管理の方策
 5.1 活動形態別で準備する管理体制の違い
 5.2 紙帳票を用いた管理体制における要点と限界
 5.3 Excelを用いた管理体制における要点と限界
 5.4 データベースツールを用いた管理体制における要点と限界
 5.5 管理体制を支援する特殊ツール
6.管理体制構築の実例
 6.1 薬品管理システムの導入検討
 6.2 薬品管理システムの運用に基づく管理水準の向上
 6.3 より厳密かつ統括的な管理を目指した製薬系研究所での事例
7.管理体制を構築したあと
 7.1 現状把握の重要性
 7.2 管理体制自己点検の進め方
8.全体のQ&A
講演終了後:個別相談・質問会(希望者のみ/要事前申込み)