セミナー 印刷

毛髪再生医療のための細胞培養技術と
臨床応用に向けた課題

~実用化に向けた課題とは?~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

 ●毛髪再生医療のアプローチを分類して、現状とそれぞれの利点と欠点を紹介
 ●毛包から取り出した細胞を増殖培養する方法、それらを用いた組織培養/オルガノイド培養技術について解説!

 ここがポイント
 ・再生医療のための材料設計の考え方が習得できる。
 ・毛髪再生医療の最新の技術と現状の課題を理解できる。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信受講】 2022年11月24日(木)  13:00~16:30
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

横浜国立大学 大学院 工学研究院 教授博士(工学)福田 淳二 氏 ≫【講師紹介】
(兼務)神奈川県産業技術総合研究所・プロジェクトリーダー

セミナー趣旨

 この講演では、毛髪再生医療のアプローチを分類して、現状とそれぞれの利点と欠点を紹介します。また、毛包から取り出した細胞を増殖培養する方法や、それらを用いた組織培養およびオルガノイド培養技術について分かりやすく説明します。そして、毛髪再生医療の臨床応用に向けた課題と企業との共同研究に期待する内容について説明します。

セミナー講演内容

1. 本講演のポイント
 
2. 細胞と培養材料の相互作用
 1)細胞の材料への接着
 2)培養基板の表面処理
 3)微細加工した凹凸培養基板

3. 脱毛症の種類と現状の治療法
 1)毛包の組織構造と毛周期
 2)薬剤、成長因子など
 3)自毛植毛
 4)現在の治療法の問題点
  
4. 毛髪の再生医療の分類と課題
 1)毛髪再生医療の分類
 2)毛乳頭細胞の増殖
 3)毛包上皮幹細胞の増殖
 4) 移植細胞および移植組織

5. 毛包原基の作製方法
 1)種々の細胞凝集体の作製方法
 2)単離細胞を用いた毛包再構築
 3)毛包原基の形態と毛髪の再生効率
 4)細胞の自己組織化メカニズム
 
6. 毛包原基の大量作製法
 1)細胞凝集体内への酸素供給 
 2)毛包原基の大量調製方法
 3)毛包原基の移植と評価方法
 
7. 毛髪再生医療の課題
 1)細胞源
 2)移植組織
 3)色素幹細胞、血管内皮細胞
 4)製造コストなど
 
8. 企業への期待
 1)実用化に向けた課題
 2)共同研究の可能性

□質疑応答□