セミナー 印刷

≪無菌医薬品包装の完全性評価≫
包装完全性の考え方・試験方法解説、
実際の試験への移行方法

~包装評価に必要となる理論と要素、評価事例~

本セミナーは、都合により開催中止・延期いたします。
延期後の開催は、来年4月を予定しております。(2023年11月16日更新)
受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
  • 医薬品包装における新しい考え方と漏れ試験法、必要となる理論、実際の評価例と機器について解説!
【ここがポイント ~こんなことが学べます】
・日本薬局方における包装完全性に対する考え方
・気体の透過・漏れ・拡散に関する理論
・包装に発生する欠陥の検出方法
 
【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
日時 【Live配信受講】 2022年11月25日(金)  13:00~16:30
【アーカイブ配信受講】 2022年12月6日(火)  配信開始予定(視聴期間:12/6~12/19)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料PDFテキスト(印刷可)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴・資料ダウンロードはマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクと配布用資料のダウンロードリンクが表示されます。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

(株)フクダ 取締役 医薬品等包装プロジェクト統括 樋口 泰彦 氏 ≫【講師紹介】
  PMDA日本薬局方原案審議委員会製剤委員会 無菌医薬品包装の完全性評価WG

(株)フクダ 密封品リーク技術部 密封品リーク技術課 平田 真央 氏 ≫【講師紹介】
   日本PDA製薬学会 無菌GMP委員会

セミナー趣旨

 2021年6月に第18改正薬局方が告示され、参考情報に「無菌医薬品の完全性評価」<G7-4-180>、「無菌医薬品包装の漏れ試験法」<G7-5-180>が新たに収載された。ここでは医薬品の包装に対する新しい考え方が示されている。そこで本セミナーでは医薬品包装における新しい考え方と漏れ試験法、必要となる理論、実際の評価例と機器について解説する。

セミナー講演内容

テーマ1:
 [講師] 樋口 泰彦 氏
1.JP18の背景
2.JP18の要旨
3.JPTI2021の要旨
4.完全性評価の現状
5.JP18で大きく変わった考え方
6.漏れ試験法の解説
7.定性的漏れ試験・定量的漏れ試験


テーマ2:包装評価に必要となる理論と要素、評価事例
 [講師] 平田 真央 氏
1.はじめに
2.理論解説(透過、漏れ、拡散)
3.擬似欠陥を利用した定量化実施例
4.各包装における漏れ試験法における測定例
5.包装完全性評価における今後の課題
6.機器紹介_定量化試験に利用可能な測定機器について

 
□質疑応答□