セミナー 印刷

ペプチド医薬品における
品質管理/不純物管理と凝集メカニズム・予防策

~合成における不純物の抑制~
~ペプチド製剤の凝集体形成の抑制とその実例~

受講可能な形式:【Live配信】or【アーカイブ配信】のみ
第1部『ペプチド医薬品の品質管理/不純物管理とスケールアップ製造における注意点』
  • ペプチド医薬品原薬の製造は液相法、固相法、リコンビナント法などの様々な製造方法が用いられているため、それぞれの手法において想定される不純物や製造工程管理が異なっている。
  • ペプチド原薬製造方法の検討について化学合成に焦点を当てて紹介し、スケールアップや工程管理の課題とその対応について解説する。
第2部『ペプチド製剤における凝集メカニズムと予防策』
  • 凝集の原因は、ペプチド製剤の配列、濃度、pHなどに加え、浸とう、凍結乾燥などの物理的な影響も考えられる。
  • ペプチド製剤の凝集体の構造、その形成メカニズムとその原因と抑制方法について紹介する。
 
【Live配信受講者特典のご案内】
Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信受講】 2022年11月22日(火)  13:00~16:45
【アーカイブ配信受講】 2022年12月2日(金)  配信開始予定(視聴期間:12/2~12/15)
会場 【Live配信受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ配信受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Zoom配信受講:製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
  開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
  Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。

アーカイブ配信受講:製本テキスト(開催日を目安に発送)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)

セミナー視聴はマイページから
お申し込み後、マイページの「セミナー資料ダウンロード/映像視聴ページ」に
お申込み済みのセミナー一覧が表示されますので、該当セミナーをクリックしてください。
開催日の【営業日2日前】より視聴用リンクが表示されます。
(アーカイブ配信は、配信日に表示されます。)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より抗体医薬品は,遺伝子組み換え動物細胞など「生物」を利用しないと製造できないため,生産管理に手間がかかり,製造コストが高いという問題点があります。その点、ペプチド医薬品は、完全に「化学合成」で製造可能であり、かつ低分子医薬品では標的とすることができないような分子受容体などについても薬理作用を発揮することができるという特長を有しています。最近では、大規模自動マイクロ波ペプチド合成装置など完全自動でペプチドを合成する機械も登場し、分子設計に応じたペプチドが合成できるようになっています。このセミナーの第一部では,ペプチド原薬製造方法について化学合成から,その分析法,不純物の管理まで,スケールアップの問題点や工程管理などの問題点について解説されます。また第2部では、凝集してしまうと厄介なペプチドの凝集について、形成メカニズムとその原因、さらには抑制方法が解説され、参加者自身の研究開発に応用できるものとなるでしょう。この機会をご活用ください。
得られる知識ペプチド合成方法の基礎(合成、分析、精製)
ペプチド原薬製造のスケールアップの考え方
ペプチド製剤の凝集体形成の原因
凝集抑制のための注意点

セミナー講師

第1部 13:00~15:00
『ペプチド医薬品の品質管理/不純物管理とスケールアップ製造における注意点』

 イーピーエス(株) グローバルリサーチ事業本部 CMC薬事室 室次長 山﨑 貴史 氏 ≫【講師紹介】

第2部 15:15~16:45
『ペプチド製剤における凝集メカニズムと予防策』

 (株)ユーメディコ 研究開発部 部長 野田 勝紀 氏 ≫【講師紹介】

セミナー講演内容

第1部『ペプチド医薬品の品質管理/不純物管理とスケールアップ製造における注意点』
 
 ペプチド医薬品原薬の製造は液相法、固相法、リコンビナント法などの様々な製造方法が用いられているため、それぞれの手法において想定される不純物や製造工程管理が異なっている。そのため、ペプチド原薬の製造方法の検討では、低分子医薬品とは異なる観点での製造方法の開発も必要であると考えらる。
 本講演ではペプチド原薬製造方法の検討について化学合成に焦点を当てて紹介し、スケールアップや工程管理などの課題とその対応について解説する。

1.ペプチドとは
 1.1 ペプチドとはなにか?
 1.2 ペプチド医薬品の現状
2.ペプチド合成方法
 2.1 液相合成
  2.1.1 液相合成開発の歴史
  2.1.2 液相合成の概要
  2.1.3 液相合成の課題
 2.2 固相合成
  2.2.1 固相合成開発の歴史
  2.2.2 固相合成の概要
  2.2.3 固相合成の課題
 2.3 疎水性タグを用いた合成(Molecular Hiving法を中心に)
  2.3.1 疎水性タグ液相法の着想点と特徴
  2.3.2 技術の概要
  2.3.3 活用事例の紹介
3.ペプチド分析方法
 3.1 カラム選択
 3.2 LC-MSによる不純物解析
4.ペプチド精製方法
 4.1 分取条件の検討方法
5.ペプチド原薬製造のスケールアップ時の留意点
 5.1 スケールアップにて考慮すべき点
 5.2 合成における不純物の抑制
6.トピックス
□質疑応答□

第2部『ペプチド製剤における凝集メカニズムと予防策』
 
 凝集は、ペプチド製剤のほとんどすべての段階において遭遇する最も一般的で厄介なプロセスの一つである。凝集は、ペプチドの物理的安定性を低下させ、活性の低下を招くだけでなく、毒性や免疫原性のような他の重要な問題も引き起こす。これらの凝集の原因は、ペプチド製剤の配列、濃度、pHなどに加え、浸とう、凍結乾燥などの物理的な影響も考えられる。
 本講演では、ペプチド製剤の凝集体の構造、その形成メカニズムとその原因と抑制方法について紹介する。

​1.ペプチド製剤の凝集体の構造
 1.1 アミロイド様凝集体
 1.2 繊維状凝集体
 1.3 非晶質凝集体
2.ペプチド製剤の凝集体形成のメカニズム
3.ペプチド製剤の凝集体形成の原因
 3.1 濃度
 3.2 配列
 3.3 pHとネットチャージ
 3.4 化学的劣化
 3.5 化学修飾
 3.6 表面と界面
 3.7 添加剤と不純物
 3.8 外部要因(温度、圧力、浸とう、凍結乾燥)
4.ペプチド製剤の凝集体形成の抑制とその実例
□質疑応答□