セミナー 印刷

臨床QMSを意識した
治験のIssue分析とCAPAマネジメント実践的運用

~PMDAの信頼性調査に焦点をあてた実践的な運用知識の習得~

受講可能な形式:【Live配信】のみ

>> ICH-E6の改訂に伴った国内のGCP省令(JGCP)ガイダンスの改訂(補遺)では、
  治験におけるクオリティマネジメント(QM)が大きく取り上げられた。
>> 治験依頼者によるQM活動が治験を運用する上で重要な課題となる

 
■第1部:治験おけるQMSの概念やアプローチ方法の解説
■第2部:代表的な治験プロセスにおいて想定されるIssueの原因、Risk/Impactを
     PMDAの信頼性調査に焦点をあてた実践的な運用知識の習得
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年10月27日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 ) 

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

アレクシオンファーマ合同会社 R&D Quality 部長 森田 隆 氏
【米国、フランス、ドイツ系製薬会社にて長年、臨床開発業務に携わる】

【主な業務/専門】
治験のクオリティーマネジメント

【講師紹介】

セミナー趣旨

治験の品質を確保するためのクオリティマネジメント(QM)活動として、想定されるIssue/Riskの原因やImpactを基本的なQMSアプローチをベースに分析、理解することによって、PMDAの信頼性調査に対応するための実践的な運用知識の習得をねらう。

◆講習会のねらい◆
ICH-E6の改訂に伴った国内のGCP省令(JGCP)ガイダンスの改訂(補遺)では、治験におけるクオリティマネジメント(QM)が大きく取り上げられた。今後、治験依頼者によるQM活動が治験を運用する上で重要な課題となる。そのために治験依頼者は治験のQM活動の基本概念と運用方法を理解し、実装することが重要である。
ここでは、前半で治験おけるQMSの概念やアプローチ方法の解説を行い、後半で代表的な治験プロセスにおいて想定されるIssueの原因、Risk/ImpactをPMDAの信頼性調査に焦点をあてた実践的な運用知識の習得をねらう。

セミナー講演内容

第1部 治験におけるクオリティマネジメント
1. 治験における品質

 1.1 規制要件と品質基準
 1.2 計画(要件)の適正化
 1.3 実施体制の確立
  1.3.1 要件との比較、リスクの予測と対応
  1.3.2 教育訓練と割り当て, 力量管理
  1.3.3 規定された手順(書)の運用
  1.3.4 サポートシステム(ツール)の構築
  1.3.5 環境整備:時間、人員、職場環境
 1.4 クオリティマネジメントのポイント
  1.4.1 実施体制
  1.4.2 文書作成と管理
  1.4.3 実施部門と手順書
  1.4.4 業務委託の管理体制
2. CAPAの運用
 2.1 定義
 2.2 運用
 2.3 治験で発生する問題のリスクとインパクトの評価
  2.3.1 被験者の倫理性と福祉
  2.3.2 データへの影響
 2.4 原因の究明
  2.4.1 直接的な原因と間接的な原因
  2.4.2 原因の分類
 2.5 原因に基づいたCAPA対応
  2.5.1 要件の再設定
  2.5.2 共通したPA:実施体制の確立
 2.6 時間的な考察

第2部 想定されるIssueとCAPA ~問題の影響、原因究明、リスクの予測~
1. 手順(書)からの逸脱:治験実施計画書、SOP、契約書

 1.1問題事例
 1.2 実施計画書からの逸脱に対する依頼者による是正処置CA
  1.2.1 依頼者におけるデータの取扱いと記録の作成
  1.2.2 原因に基づいた他施設の状況確認と対応 
 1.3 実施計画書からの逸脱に対する医療機関による是正処置CA
  1.3.1 被験者対応
  1.3.2 GCP、院内SOP、治験依頼者への対応
 1.4 治験実施計画書、SOP、契約書からの逸脱に対する予防措置PA
  1.4.1 原因の特定
  1.4.2 要件の再設定
  1.4.3 実施体制の確立
  1.4.4 リスクの予測
2. 記録(原資料、その他のデータ情報)の作成と保存 
 2.1 問題事例
 2.2 記録の不備に対する是正処置CA
 2.3 予防措置PA
  2.3.1 原因の特定
  2.3.2  PAとしての実施体制の確立
  2.3.3 リスクの予測と対応
3. 治験関係者の責務:Qualification、CRO管理
 3.1 問題事例
 3.2 治験関係者の責務の不備に対する是正処置CA
 3.3 予防措置PA
 3.4 リスクの予測と対応
4. 同意取得の手順
 4.1 問題事例
 4.2 同意手順の不備に対する是正処置CA
  4.2.1 被験者への対応
  4.2.2 医療機関内の対応(被験者対応を除く)
  4.2.3 治験依頼者への対応
 4.3 リスクの予測と対応
  4.3.1 スタッフの役割と運用、文書管理
  4.3.2 実施要件と実施体制の比較

  □質疑応答□