セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

医薬品R&Dと知財デューデリジェンス
―複合化する先端技術分野の候補品導入における
 目利き力向上;資料の見方・考え方―

~知財DDからみたR&Dと具体論~
~低分子/バイオ/再生医療/デジタルヘルスなどの医薬系知財DDの在り方~

■『低分子/バイオ/再生医療/デジタルヘルス』それぞれの知財デューデリジェンスを詳説
医薬品のR&Dを成功裏に行うためには知財デューデリジェンス(DD)を何らかの形で実施することが求められる。特に協業の時代になり、複数のステークホルダが関与するようになると、知財DD自体も複雑化する。
また、低分子医薬ならまだしも、バイオ医薬や再生医療等複合製品、さらにはデジタルヘルスなど学際領域の医療技術の提供が求められる時代になると、DDの手法や考え方が変貌せざるを得ない。
本講演では、変容しつつある医薬系知財DDの在り方について検討してみたい。

■本セミナーで得られる知識
医薬品関連の知財デューデリジェンス(DD)の知識、手法、考え方。知財DDに根差した医薬品のR&Dの手法。事業計画、ガバナンスの応用。
 
 ■セミナーキーワード
・医薬・医療・バイオ系R&D
・研究・開発
・知財
・デューデリジェンス
・知財法務
・リーガル
・ランドスケープ
・ポートフォリオ
・侵害調査
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2022年8月25日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷不可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より医薬品企業がグローバル市場で成功するためには、自社開発技術だけで勝負することは難しく、事業提携、出資、企業買収(M&A)を検討する必要があります。相手企業のリスク評価や価値評価に対する知的財産(無形資産)の価値の比率は増大する傾向にあります。調査項目として、知的財産に関するDDは今後ますます重要になります。本セミナーは、医薬品R&Dと知財デューデリジェンスについて、低分子だけでなく、バイオ/再生医療/デジタルヘルスなどのニューモダリティに対するDDのポイントも取り上げ、丁寧に解説されます。この機会をご活用ください。

セミナー講師

山本特許法律事務所 弁理士
神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科客員教授

博士(薬学)・グローバル法務修士(LL.M.)
馰谷 剛志 氏
 
【講師紹介】

【主な業務】
知的財産権実務(特許、特許延長登録、商標、意匠、実用新案、品種登録、微生物寄託等の出願、権利取得、中間処理、
審判、訴訟(侵害訴訟含む)、外国出願、調査、コンサルタント)、デューデリジェンス、知財アナリシス、知財教育、
知財関連の薬事業務調査・コンサルタント、薬事申請(FDA等)支援、研究開発コンサルタント

セミナー講演内容

1 医薬関連R&D
 1.1 低分子時代のR&D
 1.2 バイオ医薬のR&D
 1.3 その他再生医療・デジタルヘルスのR&D
 1.4 まとめ

2 医薬品のR&D~上市
 2.1 R&D~上市と知財の外観
 2.2 臨床試験と知財
 2.3 薬事承認と知財
 2.4 まとめ

3 知財DD概論
 3.1 DDとは
 3.2 法務DDと知財
 3.3 知財DD
 3.4 まとめ

4 知財DDとR&D
 4.1 知財DDとR&Dの関係
 4.2 知財DDの具体論
 4.3 知財DDからみたR&D
 4.4 まとめ

  □質疑応答□