セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】

《医薬品・医療機器・再生医療等製品における》
エンドトキシン試験法実務講座
試験を行う上での留意点・規格値設定

~精製水・注射用水の管理方法や考え方/LAL試験とHCPTとの比較~

【Live配信受講者 特典のご案内】

Live配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。

このセミナーは、【Live配信(Zoom使用)受講】もしくは【アーカイブ配信受講】が選べます。
※アーカイブ配信は、Live配信(Zoom使用)で収録した当日の講演動画を編集し、後日視聴いただく形式になります。
エンドトキシン試験法の基本的な管理方法を振り返るとともに、これからの新しい微生物試験法をご紹介致します。

【得られる知識】
・日本薬局方エンドトキシン試験法の概要及び基本的実施内容エンドトキシン試験法の操作上の注意点
・3極薬局方(JP,USP、EP)情報と試験法のバリデーションの考え方
・エンドトキシン試験における、データインテグリティの取り組み方
・エンドトキシン試験法の推移について
日時 【Zoom受講】 2022年8月23日(火)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年9月1日(木)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後営業日10日間)
会場 【Zoom受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 
特典Live(Zoom)配信受講者で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Zoom配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
   (開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)
アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

ロンザ株式会社 バイオサイエンス事業部 
マーケティングプロダクトマネージャー&プロダクトスペシャリスト
益田 多満喜 氏
 【講師紹介】

[ご略歴]
1984年3月 熊本工業大学 工学部 応用微生物工学科 卒 (現 崇城大学) 
1984年4月 生化学工業株式会社 営業部 入社
2007年5月 生化学バイオサイエンス株式会社 LAL試薬営業部 転籍
2012年4月 ロンザジャパン株式会社 バイオサイエンス事業部 入社
2020年3月 ロンザ株式会社 バイオサイエンス事業部 (社名変更)

[主なご研究・ご業務]
 エンドトキシン関連製品、試験法の学術・技術サポート業務

[業界での関連活動]
 PMRJ「組み換え体ライセート試薬研究班」との共同研究

セミナー趣旨

エンドトキシン試験法は品質管理試験の必須要件の1つです。局方に収載され約30年経過し、近年新しい試験法も収載され始めている状況から、基本的な管理方法を振り返るとともに、これからの新しい微生物試験法をご紹介したいと思います。

セミナー講演内容

1.エンドトキシンの基礎
  1)エンドトキシンとは?
  2)エンドトキシン試験法の基本
  3)脱エンドトキシンは可能か?

2.エンドトキシン試験法規定
  4)第18改正日本薬局方「エンドトキシン試験の詳細」
  5)医療機器・再生医療等製品のエンドトキシン試験
  6)3極の相違点

3.エンドトキシン試験とDI,DX=DiXとは?
  7)DI,DXの概念
  8)システム管理から自動化測定の必要性

4.これからの微生物試験法
  9)ウサギからMAT法へ

□質疑応答□