セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【オンデマンド配信】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【オンデマンド配信】

―GVP情報の収集・自己点検・教育訓練―
事例に基づくGVP省令の逐条解説と日常業務を効率化

指摘が多く、煩雑になりやすい情報の収集(収集範囲)、自己点検(結果報告)、
そして教育訓練(対象範囲)を中心に対応方法を含め実務手順を解説

視聴期間:申込日から10営業日後まで(期間中は何度でも視聴可)
本セミナーでは、医薬品、医療機器、医薬部外品等の開発から製造販売後までの安全性監視業務を幅広く経験・管理・監督した講師より、指摘が多く、煩雑になりやすい情報の収集(収集範囲)、自己点検(結果報告)、そして教育訓練(対象範囲)を柱に、必要となる手順書、海外情報、自己点検や教育訓練の手順を事例に基づいて陥りやすいポイントを解説いただきます。

【得られる知識】
GVPの基礎、安全管理情報の取扱、自己点検技法、教育カリキュラム
日時 2022年11月29日(火)  まで申込受付中  /視聴時間:4時間37分
収録日時 2022年3月25日
会場 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:39,600円/E-mail案内登録価格 37,620円 )

  定価:本体36,000円+税3,600円
  E-mail案内登録価格:本体34,200円+税3,420円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 
配布資料・PDFテキスト(印刷可)
※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信オンデマンド配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

PMSフォーラム 主宰 草間 承吉氏 【講師紹介】

【経歴・主なご専門】
企業においては、GPMSP,GVP,GPSP等の管理責任者を歴任

【主なご研究・ご業務】
製造販売後安全管理業務及び製造販売後調査等業務、医薬品情報学

【業界での関連活動】
日薬連、製薬協、東薬工等業界活動で幹部会員として活動

セミナー趣旨

製造販売後安全管理業務の基礎を、GVP省令の条文を実務事例に基づき逐条的に解説することにより、日常業務を効率よく進めるために留意しなければならない要点を理解する。
特に、遵守状況調査で改善すべき事項として指摘が多い情報の収集(収集範囲)、自己点検(結果報告)そして教育訓練(対象範囲)を中心に対応方法を含め実務手順を検討する。

セミナー講演内容

1.GVP省令の概略
 1.1 GVPの変遷
 1.2 組織・体制
 1.3 手順書

2.情報の収集
 2.1 自発報告
 2.2 文献・学会情報
 2.3 措置情報
 2.4 海外情報

3.自己点検
 3.1 点検手順
 3.2 実施部門
 3.3 結果報告
 3.4 改善活動

4.教育訓練
 4.1 実施体制
 4.2 対象範囲
 4.3 結果記録
 4.4 効果判定