セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】
AI/デジタルヘルスにおける
特許戦略で考慮すべき事項と最新動向

~デジタルヘルス分野特許のFTO調査手法/特許出願における各モデルケース~

先進企業に学び,勝つチャンスを見出します

本セミナーではヘルスケア分野で数多くの特許案件を取り扱う弁理士河野英仁が、
どのように他社参入障壁となるAI/デジタルヘルス特許を構築すべきかについて
デジタルヘルス分野特許のFTO調査手法/特許出願における各モデルケースをふまえて徹底解説します。

【得られる知識】
デジタルヘルス分野における特許戦略、先進企業のデジタルヘルスビジネス動向、
AI特許への取り組み方、FTO調査のコツ

 
日時 【Live配信】 2022年5月24日(火)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年6月3日(金)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10営業日)
会場 【Live配信】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
特典Live(Zoom)配信受講者には、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷不可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より医療機器・医薬品メーカーにとっては、医療機器・医薬品を販売する従来型の「モノ」を提供するビジネスだけでなく、AI、IoT、ウェアラブルデータ、ブロックチェーン、メタバース等のデジタル技術を如何に利用するか(融合するか)を考えたデジタルヘルスサービスを提供することにより収益体質の強化を図ることが成長戦略として当然に考えられる時代になりました。すでに、ニコチン依存症治療用アプリが日本で承認を受け、保険も適用されています。その中でその技術基盤となるのが「特許」です。AI/デジタルヘルス特許をいかに戦略的に構築するか、が経営戦略としても重要となってきます。本セミナーでは、ヘルスケアのデジタル化とデータビジネスを踏まえ、AI/デジタルヘルス特許動向を含めてAIとデジタル技術を組み合わせた特許について解説されます。さらには、出願前の先行技術調査、FTO調査についてもお話され、参加者にとって見逃せない魅力的なものとなるでしょう。

先進企業に学び,勝つチャンスを見出します。チャンス十分にあります!本セミナーで学んだ特許戦略をビジネスに活かしていただきたいものです。

セミナー講師

河野特許事務所   所長弁理士
河野 英仁 氏 【講師紹介】

河野特許事務所、所長弁理士。立命館大学情報システム学博士前期課程修了、米国フランクリンピアースローセンター知的財産権法修士修了、中国清華大学法学院知的財産夏季セミナー修了、MIT(マサチューセッツ工科大学)コンピュータ科学・AI研究所 AIコース修了。
 AI, IoT, FinTech,ビジネスモデル特許の他、米国・中国特許の権利化・侵害訴訟を専門としている。著書に「世界のソフトウエア特許(共著)」、「FinTech特許入門」、「AI/IoT特許入門2.0」がある。

【業界での関連活動】
東京都知的財産総合センターAI×データ知財取得支援専門相談員
知財アクセラレーションプログラム 知財メンター
スキルアップAI講師
CAMPFIRE Startups審査員
 

セミナー趣旨

 米国を中心にヘルスケア分野におけるDx(デジタルトランスフォーメーション)化が急速に進んでいます。医療機器・医薬品メーカにとっては従来の医療機器・医薬品を販売するだけのモノビジネスだけでは成長が見込めず、AI,IoT,ブロックチェーン,メタバース等のデジタル技術を融合したデジタルヘルスサービスにより収益強化を図る必要があります。本セミナーではヘルスケア分野で数多くの特許案件を取り扱う弁理士河野英仁が、どのように他社参入障壁となるAI/デジタルヘルス特許を構築すべきかについて徹底解説します。

セミナー講演内容

1.ヘルスケアのデジタル化とデータビジネス
 IoT,AI,DX,ブロックチェーン,メタバースとヘルスケア
 ヘルスケア分野で競合となるGoogle.Appleの特許戦略

2.AI/デジタルヘルス特許動向
 世界の特許競争は米国と中国が中心

3.IoT+ヘルスケア特許とビジネス
 先進企業のIoTヘルスケア特許・ビジネス事例を通じて学ぶ

4.DTx(デジタルセラピュ-ティクス)特許とビジネス
 ゲーミング医薬、メタバース医薬、注射・飲むのではないソフトウェア医薬特許とビジネス

5.AI+デジタルヘルス特許とビジネス
 医療機器、マテリアルインフォマティクス、医療支援、ライフサイエンス分野におけるAI特許とビジネス事例を通じて学ぶ

6.ヘルスケア分野特許のFTO調査と他社特許回避
 競合特許が急増する中でどのようにFTO調査を行うか、出願前の先行技術調査をどこまで行うか、特許侵害の問題が発生した場合の対応

7.AI/ヘルスケアソリューション特許出願戦略
 出願のタイミング、ITベンダーとの契約、進歩性を出すコツ

8.質疑応答