セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
連続晶析プロセス/装置設計におけるポイントと操作方法

~振動流バッフル反応器を例とした晶析プロセスの強化~

本セミナーは都合により中止となりました。(2021/12/6 更新)

晶析のプロセス開発を行う際に必要な晶析工学の基礎知識を説明し
連続プロセス化(フロー化)の有力な手段である振動流バッフル反応器の特徴と
設計因子について解説! 

    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
【得られる知識】
・反応器のモデル化手法 
・連続プロセス化の要点 
・晶析工学の基礎知識 
・流動解析手法 
・振動流バッフル反応器の設計法
・振動流バッフル反応器の活用法
日時 2021年12月14日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
 (開催2日前を目安にダウンロード可となります)
 (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影は固く禁じます。

セミナー趣旨

 晶析プロセスを中心に世界的に高い関心を集めている「回分式の連続式への転換」について紹介し、
そのために考慮すべきポイントを反応工学モデルに基づいて説明する。晶析のプロセス開発を行う際に
必要な晶析工学の基礎知識を解説し、連続プロセス化(フロー化)の有力な手段である振動流バッフル反応器の特徴と
設計因子について述べた後、これを応用したプロセス開発の研究例を紹介する。

セミナー講演内容

1.プロセス強化
  1.1 プロセス強化とは
  1.2 プロセス強化により期待される効果
  1.3 プロセス強化の戦略

2.化学プロセスの連続化(フロー化)の基本
  2.1 完全混合流れ反応器
  2.2 押出し流れ反応器
  2.3 滞留時間分布関数
  2.4 槽列モデル
  2.5 連続プロセス化のポイント

3.振動流バッフル反応器    
  3.1 振動流バッフル反応器とは
  3.2 振動流バッフル反応器の強み
  3.3 振動流バッフル反応器の設計因子
  3.4 新規バッフル形状

4.晶析
  4.1 晶析の基本
  4.2 核発生と核成長
  4.3 シードチャート法
  4.4 マスバランス式
  4.5 モーメント式
  4.6 ポピュレーションバランスモデル

5.振動流バッフル反応器の晶析への適用
  5.1 成長速度パラメータの推定
  5.2 流動状態と成長速度の関係
  5.3 連続式への展開
  5.4 均一系トレーサー応答
  5.5 不均一系トレーサー応答
  5.6 連続式晶析プロセスモデルの構築

□質疑応答□