セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】

図解と演習で学ぶ実験計画法入門
〔結果の解釈と数式の理解は後から自然について来る〕

≪Excel演習で理解度UP≫

このセミナーは、【Live配信(Zoom使用)受講】もしくは【アーカイブ配信受講】が選べます。
※アーカイブ配信は、Live配信(Zoom使用)で収録した当日の講演動画を編集し、後日視聴いただく形式になります。
すべての生産、技術開発の分野で、これから実験計画を学ぼうとしている方へ
経験のある方は復習の機会にしてください。目からウロコの部分もあると思いますよ。

実験計画法はとても役に立つのですが習得には膨大な時間がかかる、、、
そもそも統計って難しい数式のオンパレード、敷居が高いですよね。
でも図解から入れば意外とフレンドリーなのです!
図解でわかりやすく解説しますので、ここは苦手意識克服のためにも頑張って理解しましょう。

さあ、実験計画法の不思議と面白さを一緒に勉強していきましょう。
 
【Live配信受講者 限定特典のご案内】
当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Zoom受講】 2021年12月21日(火)  10:00~16:30
【アーカイブ受講】 2022年1月5日(水)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
会場 【Zoom受講】 Live配信セミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー(会社・自宅にいながら受講可能)  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。聞き逃しや振り返り学習に活用ください。
(アーカイブ配信については、「オンライン配信」項目を参照)
配布資料Zoom配信受講:製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
   Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
   印刷物は後日お手元に届くことになります。

アーカイブ配信受講:製本テキスト(開催日を目安に発送)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
対象これから実験計画を学ぼうとしている方。
経験あるが、復習したい方。
※すべての生産、技術開発の分野に対応しています。
※統計の予備知識は必要ありませんが、製品設計や工程設計の知識、または経験は必要です。
■Excel演習実施にあたってのお願い■ (必須ではございません)
本セミナーの講演中に、Excel演習を行う箇所がございます。
講師デモも同時進行で行なうため参加者のExcel演習実施は必須ではありませんが、ご自身でデータ解析を体験すると理解がより高まります。
Excel演習実施される場合は、下記ご確認お願い致します。
 【1】演習用のデータは、マイページから事前にダウンロードしてください。
 【2】Excelのアドインツール「分析ツール」を事前に組み込んでください。

セミナー講師

スタット・イメージング・ラボ 代表 福田 晃久 氏 ≫【講師紹介】

  [主な研究・業務]
  ・物理化学 ・統計的品質管理 ・医薬品の品質管理、品質保証(特にGMP分野)

セミナー趣旨

実験計画法はとても役に立つのですが習得には膨大な時間がかかります。そもそも統計って難しい数式のオンパレード、敷居が高いですよね。でも図解から入れば意外とフレンドリーなのです。本セミナーではこれから実験計画を学ぼうとしている方を対象にしていますので、標準偏差とは何か、統計的有意差とは何か、等の基礎的なところから始めていきます。経験のある方は復習の機会にしてください。目からウロコの部分もあると思いますよ。一方、実験計画と銘打っていますので、思い切って二元配置実験まで網羅することにしました。二元配置実験まで分かれば、直行配列表や重回帰分析などの理解もしやすくなるからです。

計算はソフトウェアが行ってくれますが、結果を正しく解釈するためには数式をブラックボックスにしてはいけません。とは言っても数理統計家を目指すわけではないので、数式がグラフのどこの部分を数値化しているのかのイメージがつかめれば十分です。図解でわかりやすく解説しますので、ここは苦手意識克服のためにも頑張って理解しましょう。ここまで来れば、難しい数式が心強い助っ人に感じられるでしょう。

本セミナーに統計の予備知識は必要ありませんが、製品設計や工程設計の知識または経験は必要です。経験は無くても実験や工程をイメージできることは必要です。統計は技術的な論点をグラフ化できれば、理解したのも同然だからです。さあ、実験計画法の不思議と面白さを一緒に勉強していきましょう。

講師デモも同時進行で行なうためExcel演習は必須ではありませんが、参加者ご自身でデータ解析を体験すると理解がより高まると思います。

セミナー講演内容

1.科学技術者に必須な統計の基礎(計算をブラックボックスにしないために)
 ・ヒストグラム、正規分布、標準偏差
 ・統計的な距離を表す規準化(統計の勉強で最も重要な概念)
 ・95%信頼区間の本当の意味合い「真の値を95%の確率で含む範囲」と言うけれど
 ・統計的有意差−p値とは何もの?
 ・平均値の信頼区間
 ・平均値の差の検定(グループ間の比較:t検定)
 ・平均値の差の検定(対応関係がある場合の比較:paired-t検定)
 ・自習のためのモンテカルロ・シミュレーションのやり方
 
2.実験計画法への誘い
 ・一元配置デザイン(一元配置分散分析)
   :データ構造をミエル化する
   :要因効果と実験誤差をミエル化する
   :最適水準の推定と信頼区間
 ・二元配置デザイン(二元配置分散分析)
   :データ構造をミエル化する
   :要因効果と実験誤差をミエル化する
   :最適水準の推定と信頼区間
   :交互作用と交絡(似て非なるもの)
   :繰り返しのない二元配置デザインとは
   :paired-t検定は実は二元配置デザインだった
 ・制御因子が多数の場合(直交配列表の紹介)
 ・計算よりも大切なのは実験のランダマイズ
 ・統計と固有技術

□質疑応答□