セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

<統計が専門でない方/苦手な方のための>
薬物動態分野(非臨床)で用いる基本統計学
【講義と演習(Excelを使用)】

「このデータは妥当な結果なのか、異常値なのか」
「相関係数はいくつ以上で統計的に有意なのか」
「バイオアベイラビリティの計算はどういう計算をするのが良いのか」

 

<薬物動態研究での経験から知っていた方が良いと思われる基礎統計を学ぶ>

『このデータは妥当な結果なのか、異常値なのか』
『そのデータは、N=1のデータなのか、複数のデータなのか』

データのばらつきを考えて理解しなければなりません。

『算術平均が多く使われますが、それは妥当でしょうか?』
『バイオアベイラビリティの計算はどういう計算をするのが良いのでしょうか?』
『相関係数はいくつ以上で統計的に有意でしょうか?』

また、相関と回帰は同じと思って使っている方も見受けられます。

<統計解析の例>
平均値、標準偏差の算出・
定量法評価・反復投与による変化
・添加剤の影響・薬物間相互作用の有無・線形性・生物学的同等性試験、、等

日時 2021年12月17日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり通常価格(55,000円)半額の27,500円)
2名で通常価格:55,000円 (50,000円+税)(2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり実質27,500円
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 (E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料①製本テキスト:開催日の4,5日前に郵送にて発送予定
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

   ⇒Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。印刷物は後日お手元に届くことになります。

②当日演習用Excel資料:マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
  (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■


【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】
 ※本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。

・ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

薬物動態塾  /  武蔵野大学 客員教授 加藤 基浩  氏 (元・中外製薬)
専門分野:薬物動態全般、薬物速度論、薬物間相互作用、ヒトクリアランス予測、PK/PD解析、バイオ医薬品の薬物動態

【講師紹介】

セミナー講演内容

<講習会のねらい>
我々は薬物動態試験を行い、数値データを得、それを解析することにより、生体で起きている現象を理解しています。
このデータは妥当な結果なのか、異常値なのかそのデータは、N=1のデータなのか複数のデータなのか、データのばらつきを考えて理解しなければなりません。
しかし、統計を考慮してデータを理解している人は少ないという印象を持っています。平均値のみで、差を議論していることも多くあります。平均値といっても算術平均、幾何平均、調和平均があります。算術平均が多く使われますが、それは妥当でしょうか?バイオアベイラビリティの計算はどういう計算をするのが良いのか、通常計算していることも、改めて聞かれるとどうだろうと思うことはあると思います。
相関係数はいくつ以上で統計的に有意でしょうか?また、相関と回帰は同じと思って使っている方も見受けられます。差がある、ないの判断を客観的にするには、やはり統計が必要です。薬物動態研究ではそれほど多くの統計を用いることはありません。薬効・毒性で用いる統計を用いないこともあります。
本セミナーでは、演者の薬物動態研究での経験から知っていた方が良いと思われる基礎統計について、情報共有したいと考え、企画させていただきました。演者は、非臨床薬物動態研究者であり、統計学の専門家ではありませんので、詳細な統計の話はできませんが、薬物動態分野で使っている統計について、無知だった頃の恥ずかしい経験も含め紹介させていただきます。

<統計解析の例>
 ・平均値、標準偏差の算出
 ・定量法評価
 ・反復投与による変化
 ・添加剤の影響
 ・薬物間相互作用の有無
 ・線形性
 ・生物学的同等性試験


■初級、初中級向き
■講義と演習(Excelを使用)

 

1. 基本統計量
 ・平均値、中央値、標準偏差、歪度、尖度
 ・ヒストグラム
 ・正規分布 対数正規分布
 ・幾何平均
 ・バイオアベイラビリティの計算 
 ・個体間変動、個体内変動、変動係数
 ・自由度について
 ・標準偏差と標準誤差
 ・外れ値の棄却

演習

2. 2群の比較

 ・検定と信頼区間
 ・対応のあるt検定
 ・対応のないt検定
 ・等分散が仮定できないt検定
 ・ノンパラメトリック検定
 ・検出力

演習
 
3. 多群の比較

 ・多重検定
 ・分散分析
 ・1元配置分散分析
 ・2元配置分散分析
 ・Fisherのt検定、Dunnet、Tukey

演習

4. 相関と回帰

 ・相関
 ・回帰分析
 ・重回帰分析

演習

5. モデル解析での統計

 ・最適パラメータと標準偏差
 ・赤池の情報量基準(AIC)

6. 質疑応答