セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

異種成分を使わない
新規国産ゲノムデザインテクノロジー(ST法)がもたらす
次世代の遺伝子治療

~簡便で安全性を担保できる核酸のみ導入よる国産の次世代ゲノム編集技術:ST法~

< 核酸のみによるゲノム編集技術の開発と実治療への利用 >
簡便で安全性を担保できる核酸のみ導入よる国産の次世代ゲノム編集技術:ST法について、
その発見から有用性の確認等に至るまで可能な範囲で紹介し、
種々の分野での広範な利用を推進していきたい。

>> 高効率化に成功し、実治療に理論上利用可能であろうレベルにまでに
      新規のオリジナルゲノム編集法を成熟させることに成功

>> 既存の技術との違いを理解していただき、医療分野・育種分野等に広く利用していただきたい

 
日時 2021年11月9日(火)  13:00~15:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体40,000円+税4,000円
E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の22,000円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:29,700円/S&T会員 28,160円 )

 29,700円 ( S&T会員受講料 28,160円 ) 
  定価:本体27,000円+税2,700円
  会員:本体25,600円+税2,560円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■


【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】
 ※本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。

・ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)

 【テキスト】
・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所  上級主任研究員 博士(農学) 間世田 英 先生

[専門/主な業務]

・オリジナルゲノム編集法の開発
・感染症制御法の開発


 

セミナー趣旨

核酸を細胞外から導入することにより、新しい機能を細胞に付加したり、あるいは遺伝性疾患で損失している遺伝子を補充・修復することなどを可能にする遺伝子治療は、これからの医療を担う革新的先端医療である。中でも、直接的に特定の遺伝子をターゲットして修復したり、破壊することが可能なゲノム編集技術を利用する遺伝子治療は、次世代の遺伝子治療法と期待され、海外を中心に積極的に医療適応に向けた基礎研究・臨床研究が盛んに行われている。
in vivoであれ、ex vivoであれ、核酸を細胞に導入する遺伝子治療では、その導入にそのほとんどで異種生物であるウイルスベクターを利用することなどから、あるときは異種配列の予期せぬゲノムへの挿入や遺伝子発現を通したがん化の促進事例が発生したりと、利用に当たって厳しく安全性の担保しながら、厳格な規制の下で慎重に行われている。ゲノム編集の利用に至っては、まだ明確な規制が取り決められておらず、従来の規制を参照することで行われている。ゲノム編集を含めた遺伝子治療を、安全にかつ様々な遺伝性疾患に利用していくためには、より簡便で安全性を担保できる革新的な技術革新に基づいた遺伝子治療法・ゲノム編集法の確立と進歩が必要である。
このような背景のもと、本講座では、講演者が取り組んできた簡便で安全性を担保できる核酸のみ導入よる国産の次世代ゲノム編集技術:ST法について、その発見から有用性の確認等に至るまで可能な範囲で紹介し、種々の分野での広範な利用を推進していきたい。

◆講習会のねらい◆
講演者は、最終的に特に遺伝子治療への応用を真に目指し、核酸のみによるゲノム編集技術の開発をAMEDおよびNEDO等のプログラムを利用しながら長年行ってきた。その結果、最近高効率化に成功し、実治療に理論上利用可能であろうレベルにまで新規のオリジナルゲノム編集法を成熟させることに成功した。既存の技術では出来なかったことまでもが出来るようになった。折角の完全な国産のゲノム編集技術であるので、知財状況も含め技術内容を理解していただき、既存の技術との違いを理解していただき、是非とも医療分野・育種分野等に広く利用していただきたい。利用の観点からも積極的に疑問点を質問してほしい。

セミナー講演内容

A.    核酸医薬と遺伝子治療

B.    遺伝子治療とゲノム編集

C.    ゲノム編集の現状

D.    既存のCRISPR-Cas9法

E.    次世代ゲノム編集法―ST法(ゲノムデザインテクノロジー)の基礎:PODiRシステム

 i.    PODiRシステムの発見
 ii.    PODiRシステムのメカニズム
 iii.    PODiRシステムの一般性
 iv.    PODiRシステムの応用・利用提案

F.    次世代ゲノム編集法―ST法の実際
 i.    ST法でできること
 ii.    ST法の効率化1
 iii.    ST法の効率化2
 iv.    ゲノム編集の阻害因子除去による効率化
 v.    周辺技術の紹介
 vi.    PODiR法とST法の将来

       □質疑応答□