セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】
医薬品開発におけるmRNAの活用と製造・品質管理動向

~基盤技術から疾患治療応用まで~

mRNAの製造や生体内送達に関する基盤技術や、
その疾患治療への展開に関して、基礎から最新の動向まで幅広く説明します。
日時 【Live配信】 2021年11月10日(水)  13:00~16:30
【アーカイブ配信】 2021年11月22日(月)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
会場 【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
【アーカイブ配信】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の24,750円
 
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
特典
【Live配信受講者 限定特典のご案内】

当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

内田 智士 氏
京都府立医科大学 大学院医学研究科 准教授
公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター(iCONM) 副主幹研究員


【主なご研究/業務】
mRNA医薬、遺伝子治療、バイオマテリアル、ドラッグデリバリーシステム

【業界での関連活動】
日本バイオマテリアル学会誌「バイオマテリアル-生体材料-」 編集委員
次世代医工学研究会 幹事長

【講師紹介】
 

セミナー趣旨

mRNAワクチン、医薬は、新型コロナウイルスワクチンに対する成功を受け、今後ますます開発が進むであろう。mRNA医薬には、mRNAの製造、品質管理から生体内送達まで様々な技術が用いられているほか、今後、感染症予防ワクチンに留まらず、がん治療、ゲノム編集といった様々な分野への応用が期待されている。本講演では、基盤技術から疾患治療応用まで幅広く説明する。

セミナー講演内容

1.導入
 1.1 遺伝子治療とmRNA医薬
 1.2 mRNAの生物学
 1.3mRNA医薬のこれまで

2.mRNAの製造・品質管理
 2.1 mRNAの製造
 2.2 mRNAの品質管理

3.mRNAの送達
 3.1 脂質性ナノ粒子
 3.2 高分子ナノ粒子
 3.3 デリバリー技術の新展開
 3.4 mRNA設計技術の新展開

4.感染症に対するmRNAワクチン
 4.1 新型コロナウイルスに対するワクチン開発
 4.2 感染症ワクチンの新展開

5.疾患治療
 5.1 がん免疫治療
 5.2 ゲノム編集
 5.3 抗体医薬
 5.4 希少疾患
 5.5 再生医療
 5.6 治療応用の新展開

6.mRNAに関する特許

7.結論

  □質疑応答 □