セミナー 印刷

【Live配信対応】

製造所の無通告査察の実践対応
(事前準備・査察結果対応/CAPA)と
データ完全性の観点からみた準備すべき資料例

~製造所のPQSの診断、及び抽出されたリスクへの対応~

このセミナーは、【会場受講】もしくは【Live配信受講】が選べます。
「無通告査察」の実施は、都道府県による製造所の定期的査察にも適応・拡張されている状況!
早急に製造所の「無通告査察」の体制を構築/再構築することが必須である!
 
ここがポイント ~得られる知識
 
  • 製造所のPQSの診断、及び抽出されたリスクへの対応
  • 製造所の5Sの実施、及びその5S対応
  • 査察の事前準備(事前資料の作成含む)
  • 査察の実対応、及び査察結果に対する対応(CAPA)
  • データ完全性の観点からの製造施設/設備のALCOAを用いての診断、及び抽出されたリスクへの対応
  • データの完全性強化に対する対応
日時 【会場受講】 2021年11月12日(金)  13:00~16:30
【Live配信受講】 2021年11月12日(金)  13:00~16:30
会場 【会場受講】 東京・港区浜松町 ビジョンセンター浜松町  6F C
会場地図
【Live配信受講】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格:33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信Live配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

エーザイ(株) データインテグリティ推進室 室長 山﨑 龍一 氏 ≫【講師紹介】

セミナー趣旨

 近年、製薬企業での「データ改ざん」が、社会的な問題になっている。このような状況を踏まえPMDAなどの当局は、正式に製薬企業に対して「無通告査察」の実施を強化しており、多くの製薬企業でPMDAによる「無通告査察」を受けている。また、この「無通告査察」の実施は、都道府県による製造所の定期的査察にも適応・拡張されている状況である。よって、製薬企業は優れた医薬品の患者様への安定供給を継続的・恒久的に達成させるためには、早急に製造所の「無通告査察」の体制を構築/再構築することが必須である。さらに、データのライフサイクルを通しての完全性(データインテグリティー)の強化はもちろん必須である。

セミナー講演内容

1.無通告査察に対する製造所の改善
 1.1 概要
 1.2 チェックリストによる製造所の診断
 1.3  リスク抽出及びその評価
 1.4  製造所の5Sの実施

2.無通告査察の事前準備
 2.1  無通告査察の事前準備
 2.2  無通告査察における各担当者の役割
 2.3 査察及び査察準備室の準備
 2.4  プラントツアー
 2.5  各担当者の役割
 2.6  要求資料への対応の流れ
 2.7  実査察
 2.8  クロージング会議
 2.9  査察結果対応(CAPA)

3.無通告査察で準備すべき資料(例) ー データ完全性の観点から -
 3.1  概要
 3.2  製造結果の作成/検証
 3.3  試験結果の作成/検証
 3.4  変更管理
 3.5  逸脱処理
 3.6  OOS/OOT
 3.7  OOS/OOT処理フロー
 3.8  バッチリリース
 3.9  ドキュメント管理
 3.10 APR/PQRの作成
 3.11 教育/トレーニング管理

4.無通告査察の実践対応
 4.1  概要
 4.2  無通告査察の実践
 4.3  製造所のプレゼンテーション資料の内容
 4.4  プラントツアー
 4.5  査察官の要求資料への対応の流れ
 4.6  クロージング会議
 4.7  査察結果対応(CAPA)

5.無通告査察時の留意事項
 5.1  概要
 5.2  原材料及び製品倉庫での留意点
 5.3  製造施設(原薬、製剤及び包装)での留意点
 5.4  試験施設での留意点
 5.5  ドキュメントレビューでの留意点

6.データインテグリティー強化の重要性、及びその対応一例(QCラボ)
 6.1 「データ完全性強化」の必要性
 6.2 「データ完全性」とは?
 6.3  生データの定義及び管理
 6.4  Orphan Data(孤立データ)の取り扱い
 6.5  「データ完全性」への基本的な期待(ALCOA)
 6.6  当局の「データ完全性」に関する規制のグローバル化
 6.7  CY2015中に発出されたData Integrity関連の警告書
 6.8  「データ完全性の強化」の必要性
 6.9  「データ完全性」の強化のためのリスク評価
 6.10 「データ完全性」強化の一例(QCラボ)

□質疑応答□