セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用) or アーカイブ配信】
再生医療を具現化するバイオマテリアル技術の広がりと事業化

~再生医療業界の最新動向と開発課題を踏まえ~

【Live配信受講者 限定特典のご案内】

当日ご参加いただいたLive(Zoom)配信受講者限定で、特典(無料)として「アーカイブ配信」の閲覧権が付与されます。
オンライン講習特有の回線トラブルや聞き逃し、振り返り学習にぜひ活用ください。
バイオマテリアル技術を活用して細胞能力を高める再生医療について解説
また、再生医療業界の最新動向と開発課題を踏まえ、
再生医療分野の研究と事業化の今後の方向性についても解説いたします。


【本セミナーで得られる知識】
 バイオマテリアルが包括する研究分野と再生医療の定義(日本と海外の違い)を学ぶとともに、再生医療の世界動向と最先端技術、 再生医療業界の最新動向と開発課題、および今後の再生医療研究と事業化の方向が理解できる。
日時 【Zoom受講】 2021年10月20日(水)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2021年11月2日(火)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
会場 【Zoom受講】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料Zoom配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
   (開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)
アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信①ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
②アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 生体材料学分野
田畑 泰彦 氏
教授博士(工学、医学、薬学) 【講師紹介】

ご研究・ご専門分野
バイオマテリマル、生体組織工学、再生医療、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、幹細胞工学

【業界での活動】
・日本再生医療学会理事(編集委員長)
・日本炎症再生学会理事
・日本バイオマテリアル学会理事
・日本DDS学会副理事長
・TERMIS学会理事フェロー
・TERMIS-AP理事長
・世界バイオマテリアル学会(WBS)フェロー
・New York Academy of Scienceフェロー
・American Institute for Medical and Biological Engineering (AIMBE)フェローなど
日本創傷治癒学会評議員、日本人工臓器学会評議員、内閣府日本学術会議連携委員、工学、医学、歯学、薬学の17大学の客員教授、1550報の学術論文。130件の特許申請。
Editorial Board: Tissue Engineeringなど7以上。

【活動実績】
1990年日本バイオマテリアル学会科学奨励賞
2002年日本バイオマテリアル学会学会賞
2011年日本DDS学会学会賞(水島賞)
2014年日本再生医療学会学会賞
2016年日本学術会議会長賞
2018年Tissue Engineering & Regenerative Medicine International Society-Asian
 Pacific (TERMIS-AP) Outstanding Scientist Awardなど、他6つの受賞

セミナー趣旨

 再生医療とは、体本来のもつ自然治癒力を介して病気を治す医療である。その基本概念は、自然治癒力の基となる細胞の増殖、分化能力を高めることである。
本講演では、バイオマテリアル技術を活用して細胞能力を高める再生医療について議論したい。加えて、再生医療業界の最新動向と開発課題を踏まえ、再生医療分野の研究と事業化の今後の方向性についても言及する。

セミナー講演内容

1.バイオマテリアルの定義と具体例

2.再生医療の定義(再生治療と再生研究)
2-1 再生治療とは
2-2 再生研究(細胞研究と創薬研究)とは

3.再生医療の4本柱(細胞移植、組織工学、遺伝子治療、創薬研究)とは

4.細胞移植を用いた再生治療
4-1 対象細胞の種類
4-2 細胞移植再生治療の具体例と問題点

5.組織工学を用いた再生治療
5-1 組織工学とは(バイオマテリアルを用いた細胞周辺環境作り材料技術)

6.組織工学を用いた再生治療
6-1 組織工学の種類
6-7 組織工学再生治療の具体例と問題点

7.再生医療の中の遺伝子治療

8.再生研究
8-1 組織工学を用いた細胞研究の具体例と問題点
8-2 遺伝子を用いた細胞の機能改変技術
8-3 細胞と組織工学を用いた創薬研究

9. 再生医療業界の最新動向と開発課題

10.まとめと未来に向けて

□質疑応答□