セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
新規モダリティ
(核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など)における
事業性評価手法

「売上構成要素(投与患者数、平均投与量、薬価)」
「費用構成要素(原価、研究開発費、申請費用、営業費、特許使用料)」
「不確実性要素(シナリオ、幅、成功確率)」の推計方法

本セミナーは、【Live配信】のみの開催です。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
〔新規モダリティ医薬品のビジネス評価や導出入の意思決定に際し、重要な役割を担う事業性評価〕

実施方法を解説すると共に、評価の礎となるターゲットプロダクトプロファイル策定のポイント、
新規モダリティの特徴を踏まえた評価項目のポイントについて事例を交えて解説!

事例から見えてくるTPP作成に重要な3つのポイント
 【1】TPPは科学的根拠、顧客に提供できる価値を示しているか?
 【2】TPPは定量的で上市後の姿を描けているか、将来のUMNを満たしているか?
 【3】TPPにはUpside/Downsideのシナリオが描けているか?
日時 2021年10月29日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  (Zoom配信)
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( E-Mail案内登録価格 52,250円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体50,000円+税5,000円
E-Mail案内登録価格:本体47,500円+税4,750円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
   Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
   印刷物は後日お手元に届くことになります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識本セミナーを通じて、新規モダリティのオリジネーターや製薬企業の研究・開発、生産、薬事・薬価、ライセンスをご担当の方には、事業性評価がどのように実施され、意思決定に活用されているのかを学ぶこと、また事業性評価をご担当とされている方には、新規モダリティへの活用事例などをご参考に、現在の課題解決の一助となることを期待しています。

セミナー講師

中外製薬(株) ビジネスインサイト&ストラテジー部 ビジネスアナリシスプロフェッショナル 高山 健次 氏 ≫ 講師紹介

セミナー趣旨

 昨今、核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療などの新規モダリティによる医薬品が上市されるようになり、これまで治療が困難であった難治性希少疾患や症状に対して、また創薬ターゲットへの新たなアプローチとしても注目されている。新規モダリティのオリジネーターは革新的な科学技術を有するアカデミアやスタートアップ企業が多く、研究開発への資金調達は不可欠であり、また製薬企業側は抗体医薬品の次を埋めるパイプラインやブレイクスルーを期待し、資本業務提携や買収も進みつつある。

 本セミナーでは、新規モダリティ医薬品のビジネス評価や導出入の意思決定に際し、重要な役割を担う事業性評価を取り上げ、その概念と役割、実施方法を解説すると共に、評価の礎となるターゲットプロダクトプロファイル(TPP)策定のポイント、新規モダリティの特徴を踏まえた評価項目のポイントについて事例を交えて解説する。

セミナー講演内容

1.中外製薬(株)とは?
 ・中外製薬の特徴
 ・中外製薬の事業モデル
 ・時価総額を高めた理由は何か?

2.開発段階における市場規模/売上予測とその限界
 ・売上予測の4つの目的とタイミング
 ・売上予測を行うための典型的なモデル
 ・打ち上げ予測の構成要素と情報源
 ・売上予測の研究開発ステージと粒度
 ・マネジメントの質と成功の可否
 ・戦略的マネジメントとオペレーションマネジメントの関係

3.意思決定を支援する事業性評価とその概念
 ・事業性評価のゴール
 ・事業性評価の4つの目的とタイミング
 ・事業性評価を理解する上での重要な指標
 ・事業リスクと4つの事業性評価の実施方法
 ・正味現在価値(NPV)と不確実性を考慮した正味現在価値(eNPV)
 ・事業性評価のアウトプットとその解釈
 ・意思決定の質を高めるために重要な6つの要素

4.開発段階における事業性評価と重要となるTPP
 ・TPPの意義と作成のポイント
 ・TPP作成のタイミングと事業性評価項目
 ・事例から見えてくるTPP作成に重要な3つのポイント
  【1】TPPは科学的根拠、顧客に提供できる価値を示しているか?
  【2】TPPは定量的で上市後の姿を描けているか、将来のUMNを満たしているか?
  【3】TPPにはUpside/Downsideのシナリオが描けているか?

5.新規モダリティ(治療手段)の特徴
 ・治療モダリティの変遷
 ・なぜ新規モダリティによる創薬アプローチが取られるのか
 ・希少疾患ビジネスへの期待と不安
 ・新規モダリティの上市品と開発品
 ・新規モダリティ製品(核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療等)の特長
 ・新規モダリティのビジネス評価のタイミング

6.新規モダリティの事業性評価
 ・新規モダリティの特徴とビジネス課題
 ・ビジネス課題と事業性評価項目との関係
 ・売上構成要素(投与患者数、平均投与量、薬価)の留意点と推計方法
 ・費用構成要素(原価、研究開発費、申請費用、営業費、特許使用料)の留意点と推計方法
 ・不確実性要素(シナリオ、幅、成功確率)の留意点と推計方法
 ・経済条件要素(一時金/マイルストン支払、売上ロイヤルティ等)
 ・導出入候補品の事業性評価に用いる会計基準とは

7.製品チームや経営から信頼の得られる事業性評価を目指して
 ・中外製薬での事業性評価実施の流れと、確認ポイント
 ・事業性評価がネガティブとなった場合の対処方法
 ・事業性評価結果と実際に起きた結果との答え合わせの意義
 ・事業性評価の役割と目指すところ
 ・市場調査と事業性評価の関係

□質疑応答□