セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信) or アーカイブ配信】

医薬候補品導入に際しての
R&D Due Diligence 基礎と実際

~医薬候補品の導入に際して“目利き”機能の構築・考え方と実践方法~

本セミナーは、【Live配信】または【アーカイブ配信】のみの開催です。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「オンライン配信」の項目をご確認ください。
昨今、投資・目的・能力に合う革新的business Modelおよびbusiness戦略が実行されつつある。
こういった背景において、医薬候補品の導入に際して“目利き”機能となるのが、R&D Due Diligenceである。

大学研究機関、創薬venture、製薬企業等からExternal Innovationの導入・評価のengineとなるR&D Due Diligenceとはどのようなものか、その基礎と実践について解説する。

 


【主な対象部署】
事業企画、研究開発企画、新製品企画、経営企画、事業開発、ライセンシングといった部門担当者が対象。また、医薬ベンチャー企業の出口戦略担当にもご参加いただきたい。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 【Live配信】 2021年8月30日(月)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2021年9月8日(水)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
会場 【Live配信】 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
(開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
(ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

ファーマナレッジイニシアティブ(株)  代表取締役 安田 賢児 氏 【講師紹介】


 

セミナー趣旨

研究開発型の製薬企業は継続的に高い成果をあげられるような core competencyとcompetitive advantageが求められている。
すでにGlobal製薬企業の多くは医薬品自社開発からGlobal Networkによる創薬開発へ移行している。

External Innovationと言われる創薬探索におけるPartnerおよびPartnering機能の多様化が見られる。
Global 製薬企業においては、投資・目的・能力に合う革新的business Modelおよびbusiness戦略が実行されつつある。

こういった背景において、医薬候補品の導入に際して“目利き”機能となるのが、R&D Due Diligenceである。
大学研究機関、創薬venture、製薬企業等からExternal Innovationの導入・評価のengineとなるR&D Due Diligenceとはどのようなものかその基礎と実践について解説する。

セミナー講演内容

1.Global製薬企業のRD モデル
 1.1 自社研究開発モデルから 提携型研究開発モデル
 1.2 モデルの特徴と比較
 1.3 R&D Due Diligenceの意義

2. R&D Due Diligence   
 2.1 R&D Due Diligenceとは何をするのか
 2.2 R&D Due Diligence Team構成
 2.3 Kick Off/snapshot/timeline
 2.4 医薬品候補導入(In-Licensing Deal Process:
 2.5 Find/Evaluate/Opportunity )
 2.6 医薬品開発Processにおける導入機会とDue Diligence
 2.7 Due Diligence Data並びに情報の集積)
 2.8 Due Diligence 関連部門別課題
 2.9 部門別 課題概略
 2.10 課題評価法 1 (Strength &Gap)
 2.11 課題評価法 2(Benefit and Risk)
 2.12 課題評価法 3( Likelyhood of Success VS Resource Intensity)
 2.13 Due Diligence :Data統合から導く成果とは
 2.14 課題から導かれるR&D Due Diligenceの成果
 2.15 意思決定(導入のGo/No Go判断)ためのR&D Due Diligence
 2.16 R&D Due Diligenceと開発資源計画
 2.17 R&D関連部門に求めること

3.データ提供の要望
 3.1 非臨床データ資料
 3.2 臨床試験ならびに薬事資料
 3.3 CM&C 関連資料
 3.4 Project Management
 3.5 I.T.
 3.6 Legal
 3.7 Sales & Marketing

4.R&D Due Diligence/Deliverables Model & Example
 4.1 Due Diligence Initial Impression Report /Model
 4.2 課題(Themes)事例(Phase I & Phase II)

5. 大学研究機関あるいは創薬venture
 5.1 製薬企業とのCommunication
 5.2 Scientific data & Evidence

  □質疑応答□
 
<ご参加の皆さまへ>
このセミナーでは、より有意義なセミナーにさせていただくため、皆さまから、①現場でのお困りの事例や、②判断がつかずお悩みの事例、または、③社内で判断に困っておられる事例などを募集いたします。
(※匿名、具体的名称などを伏せていただいて結構ですので、下記よりご連絡ください)

■事前リクエスト・質問はこちらから■