セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

創薬における薬物動態スクリーニング
-スクリーニングの意味と評価法および数字の見方

~教科書には載ってない!薬物動態解析シリーズ【入門編】~

<薬物動態解析入門シリーズ:全3日間>開催!
「生理学的薬物速度論(PBPK)解析」

事前予習セミナー:「コンパートメント解析」・「非コンパートメント解析」


[Part1]9月10日(金) / [Part 2]9月17日(金) / [Part 3]10月1日(金)

~入門3「生理学的薬物速度論(PBPK)解析」実施に伴う予習セミナーをセット開催~
薬物動態解析の基盤となる3つの解析法を講義&Excel演習でしっかり学ぶ~
<教科書には載ってない!薬物動態解析シリーズ>

 ―なぜ、そのスクリーニングが行われているのか?得られたデータの使い方は?
経験豊富な講師より、スクリーニングの評価法とデータの見方を根本から学ぶ!ー

<こんな方におすすめ>
✔ 薬物動態をもう一度勉強し直したい
✔ 評価法の改善を行いたい
✔ 他部署で数字は見ているが意味合いをもっと知りたい
 
~本セミナーは薬物動態解析入門として、【初級~初中級者レベル】の内容を想定しております~
⇒下記レベル表※の【レベル2ー3】


※<本セミナーシリーズのレベル感の目安>
【レベル1】初心者 新入社員、若手、他部門からの異動
※ほぼ未経験者の方
【レベル2】初 級 ・新入社員(薬学系)
・若手(数年会社での業務経験あり)、
・他部門からの異動者(薬物動態データとアクセスあり)
※パラメータに多少馴染んでいる方
【レベル3】初中級 解析業務経験あり
※業務経験が実際にあり動かしている方
【レベル4】中 級  簡単なモデリング&シミュレーション経験がある方
【レベル5】中上級 コンパートメントモデル、生理学薬物速度論モデル経験者
日時 2021年8月6日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり通常価格(49,500円)半額の24,750円)
2名で通常価格:49,500円 (45,000円+税)(2名ともE-Mail案内登録必須​/1名あたり実質24,750円
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 過去シリーズ受講割: 定価27,500円(本体25,000円+税)
過去に同シリーズを受講されている方は、上記価格にて受講可能です。
お申込みの際、
【 通信欄(備考欄)】受講したセミナー略称と「シリーズ受講割」を必ずご記載ください。
(記入例: 「C210101 コンパートメント解析 シリーズ受講割」)
<対象セミナー>
●C210101 コンパートメント解析(2021年1月22日開催)
●C210201:薬物動態解析:数学(2021年2月5日開催)
●C210512:コンパートメント解析(2021年5月28日開催)
●C210601:非コンパートメント解析(2021年6月11日開催)


※本割引は、各種割引との併用は不可となります。(E-Mail案内登録価格との併用不可となるためご注意ください)
 
配布資料製本テキスト:開催日の4,5日前に郵送にて発送予定
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

   ⇒Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。印刷物は後日お手元に届くことになります。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

薬物動態塾  /  武蔵野大学 客員教授 加藤 基浩  氏 (元・中外製薬)
専門分野:薬物動態全般、薬物速度論、薬物間相互作用、ヒトクリアランス予測、PK/PD解析、バイオ医薬品の薬物動態

【講師紹介】

セミナー講演内容

<講習会のねらい>
本セミナーでは、薬物動態のスクリーニングの評価法とデータの見方、問題点を学んでいただきます。薬物動態のスクリーニングには、吸収性の評価、代謝安定性の評価、CYP阻害、CYP誘導のリスク評価、トランスポーター評価等があります。なぜ、そのスクリーニングが行われているのか、どういう方法で試験を行っているのか、得られたデータの使い方、評価法の課題について、解説します。創薬ステージによって求められる情報は異なります。多大な時間と費用がかかるため、これらの評価法を理解することは費用対効果を考える上でも重要になります。これから薬物動態を担当される方、もう一度勉強し直したい方、評価法の改善を行いたい方、他部署で数字は見ているが、意味合いをもっと知りたい方、を対象にしています。


1. 医薬品の開発の流れ
シーズ探索、リード化合物探索、最適化合物の合成、開発候補品の選択、非臨床試験
第1相試験

2. 創薬での評価項目と実験方法、データの見方
データってどうやってとっているの?数字の意味は? 

(1) In vitro試験
 
膜透過性 (Caco-2、PAMPA)  
 代謝安定性 (肝ミクロソーム、肝細胞)
 CYP阻害 (肝ミクロソーム、発現系CYP) 
 CYP誘導 (ヒト肝細胞、HepaRG) 
 タンパク結合 (血漿)          
 トランスポーター (発現系、肝細胞) 
(2) In vivo PK試験
 PK試験  
 PK/PD試験(Model-informed drug discovery and development(MID3)を意識して) 

3. 第一相試験に向けたヒト予測