セミナー 印刷

【Webセミナー(アーカイブ配信)】
攪拌・濾過プロセスのスケールアップで
検討すべきこと/データとり方
~攪拌条件と歩留まり~

~攪拌、濾過工程のスケールアップ、スケールダウンの考え方~

このセミナーは、【会場受講】もしくは【Webセミナー(アーカイブ配信)受講】が選べます。
※WEBセミナー(アーカイブ配信)は、セミナー終了10日後に配信開始し、10日間・何度でも動画をご視聴いただけます。
例えば濾過性の悪い結晶は精製効果が得られず、品質だけでなく作業性にも影響が出る、、、
濾過性のよい結晶でも、溶媒和物、水和物が生成すればその後の乾燥工程に影響する場合がある、、、
【実験法、データの取得法を含め解説】
商用生産に至った化合物を例に、スケールアップ検討の過程で遭遇した攪拌、濾過工程が
絡む種々の問題点をどのように解決して商用生産に至ったか!

 
 
【ここがポイント】
◎均一反応、不均一反応の考え方、注意点
◎攪拌、濾過を含む晶析プロセスの考え方
◎攪拌、濾過工程のスケールアップ実験の考え方
◎晶析工程の失敗事例と対応策の考え方
◎結晶多形の管理法
◎水和物、溶媒和物の考え方、対処法
日時 【会場受講】 2021年7月28日(水)  13:00~16:30
【アーカイブ受講】 2021年8月6日(金)  ごろ配信予定(視聴期間:配信後10日間)
会場 【会場受講】 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1特別講習室
会場地図
【アーカイブ受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・会場受講:製本テキストとPDFテキスト(印刷可)
・アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

(株)三和ケミファ 医薬品事業部 統括本部長 薬学博士 丸橋 和夫 氏 【講師紹介】
[元 大鵬薬品工業(株) 合成技術研究所 所長]

セミナー趣旨

 攪拌は反応プロセスでは反応速度、反応時間、晶析プロセスでは粒径や粒度分布、結晶多形、純度、形状、結晶化度など結晶の特性や歩留まりを制御する重要な操作である。制御できなければ反応時間、濾過工程(固液分離工程)、乾燥工程や品質にも影響を及ぼすことがある。例えば濾過性の悪い結晶は精製効果が得られず、品質だけでなく作業性にも影響が出る。濾過性のよい結晶でも、溶媒和物、水和物が生成すればその後の乾燥工程に影響する場合がある。本セミナーでは,商用生産に至った化合物を例に、スケールアップ検討の過程で遭遇した攪拌、濾過工程が絡む種々の問題点をどのように解決して商用生産に至ったかを実験法、データの取得法を含め解説する。

セミナー講演内容

1.攪拌について
 ・一般的な事項(反応、晶析プロセス)
 ・均一反応、不均一反応の考え方

2.晶析に関する一般的事項(攪拌、濾過)について
 ・晶析工程の原薬、化学品製造における位置付け
 ・晶析工程の実際、注意点(事例を基に)

3.結晶化工程がスケールアップ可能か実験室で確認する方法 (例)
 ・問題点と解決策(考え方)、注意点

4.濾過性の悪い結晶の対応法:どのような改良をして商用生産に移行したか。
 (事例を参考に)

5.結晶多形の管理、類縁物質の管理
 ・安定型+準安定型の混晶が得られた場合の考え方、対処法
 ・その他(事例を参考に)

6.溶媒和物(水和物)の考え方
 ・溶媒和物の脱溶媒和法、水和物の脱水法・・・いくつかの事例、経験から
 ・実験室で簡単に評価できる方法(事例を参考に)

7.攪拌、濾過工程のスケールアップ、スケールダウンの考え方
 ・効率的な実験方法、注意点、実験計画の立て方、効率的なデータ収集法
 (事例を参考に)

8.その他

□質疑応答□