セミナー 印刷

【Webセミナー(アーカイブ配信)】
打錠障害(スティッキング、キャッピング)や打錠トラブルの
発生事例と解決方法

~ビタミン剤、解熱鎮痛剤、変形錠、解熱鎮痛剤での事例~
~外部滑沢装置におけるトラブル事例とコーティング錠における外観不良事例~

本セミナーは、【Webセミナー(アーカイブ配信)受講】のみの開催です。
※WEBセミナー(アーカイブ配信)は、セミナー終了10日後に配信開始し、10日間・何度でも動画をご視聴いただけます。
生産設備へのスケールアップ時に打錠障害が発生した場合、
製剤処方の変更や造粒工程の製造条件の変更が困難で、設備面での対策が必要、、、
生産設備へのスケールアップ時に発生した打錠障害や打錠トラブルと、その解決事例について紹介
日時 【アーカイブ受講】 2021年6月30日(水)  配信予定(視聴期間:配信後10日間) /視聴時間:約2時間
会場 【アーカイブ受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で35,200円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額17,600円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 24,200円/E-Mail案内登録価格 22,990円 )

 定価:本体22,000円+税2,200円
 E-Mail案内登録価格:本体20,900円+税2,090円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信アーカイブ配信 ►受講方法・視聴環境確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識打錠障害の解決方法

セミナー講師

シオノギファーマ(株) 生産技術部 製剤部門 杉野 唯衣 氏 ≫講師紹介

セミナー趣旨

 打錠工程における課題である打錠障害は、製剤設計時に発生した場合には製剤処方の変更や造粒工程の製造条件の変更により解決に至ることが多い。しかし、生産設備へのスケールアップ時に発生した場合、これらの変更が困難な場合が多く、設備面での対策が必要となる。本講座では、生産設備へのスケールアップ時に発生した打錠障害や打錠トラブルと、その解決事例について紹介する。

セミナー講演内容

1.打錠工程とは
 ・打錠機のしくみ
 ・打錠障害について
 ・スケールアップにおける課題

2.キャッピング発生事例1 (ビタミン剤)
 ・事例概要
 ・発生原因の調査
 ・杵形状の最適化
 ・杵温度上昇の抑制検討
 ・杵臼クリアランスの最適化
 ・杵先表面状態の最適化

3.キャッピング発生事例2 (解熱鎮痛剤)
 ・事例概要
 ・発生原因の調査
 ・杵形状の最適化
 ・処方の最適化

4.キャッピング発生事例3 (変形錠)
 ・事例概要
 ・発生原因の調査
 ・顆粒粒度の最適化
 ・充填状態の最適化

5.スティッキング発生事例 (解熱鎮痛剤)
・事例概要
・発生原因の調査
・設備の最適化
・顆粒粒度の最適化
・流動性向上による対策

6.外部滑沢装置におけるトラブル事例
 ・事例概要
 ・外部滑沢装置の運転条件の最適化
 ・外部滑沢ユニットの最適化

7.コーティング錠における外観不良の事例
 ・事例概要
 ・発生原因の調査
 ・混合条件の最適化
 ・設備の最適化

8.まとめ

□質疑応答□