セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

『中堅製薬会社の生存戦略』
取るべきビジネスモデルと
日本の強みを生かしたモダリティ戦略の考え方

本セミナーは、【Live配信】のみの開催です。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
中堅製薬会社特有の事情を【米国の中堅製薬会社】を参考に新たな視点で考察し、
その生存のためのビジネスモデルと、日本の強みを生かした有効なモダリティ戦略を議論する!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
中堅製薬会社を取り巻く現状と、米国に見る製薬ビジネスモデルとは?
製造業に合致するモダリティ、中堅でも勝負をかけられる戦略とは?、、、 とるべき方向性とは!?

≪ 中堅製薬会社を取り巻く現状と、新しい視点 ≫
●製薬会社のビジネスモデル9+1種
●日本の中堅製薬会社が参考とすべきは、米国の中堅製薬会社
●日本の強みとはなにか
●中堅製薬業のリスク配分とは
●中堅製薬会社ビジネスモデルに合致したモダリティとは
●中堅製薬会社は大手製薬会社と生存戦略が異なる
●選択と集中によって、中堅は大手と共存できる
●中堅製薬会社に求められる組織像とは
日時 2021年6月11日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・PDFテキスト(印刷可)
  ※PDFデータは、マイページよりダウンロードしていただくか、E-Mailで送付いたします。
   (開催2日前を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考※講義中の録音・撮影は固く禁じます。

セミナー講師

(株)Veritas In Silico  代表取締役 工学博士 中村 慎吾 氏 ≫講師紹介

セミナー趣旨

 製薬業界は今後も堅調な成長が期待される製造業であるものの、新薬創出と医療費削減への圧力、新しい技術の誕生という変化が訪れている。この状況下、中堅製薬会社は戦略を選択し集中せねばならない。本講座では、中堅製薬会社特有の事情を米国の中堅製薬会社を参考に新たな視点で考察し、その生存のためのビジネスモデルと、日本の強みを生かした有効なモダリティ戦略を議論する。

セミナー講演内容

1.中堅製薬会社のおかれた現状
 1.1 政策:新薬創出と医療費削減への圧力
 1.2 社会:少子高齢化
 1.3 技術:新技術・新潮流
 1.4 製薬業界の機会
 1.5 製薬業界の脅威
 1.6 製薬会社も結局は製造業の1種である

2.製薬会社のビジネスモデル9+1種
 2.1 投資実績から読み解く製薬業界のビジネスモデル
   2.1.1 キャピタルゲインを主とする成長ビジネスモデル
   2.1.2 インカムゲインを主とする成長ビジネスモデル
   2.1.3 製薬会社のビジネスモデルは9種以上ある
 2.2 海外の中堅製薬会社にみる中堅製薬会社のビジネスモデル
   2.2.1 日本の中堅製薬会社が参考とすべきは、米国の中堅製薬会社
   2.2.2 米国中堅製薬会社のビジネスモデルは主に3種に集約される
 2.3 中堅製薬会社のはたしている役割
 2.4 ニッチの王としての中堅製薬会社:現状を維持するか
 2.5 製造業としての中堅製薬会社:規模の経済に勝てるか
 2.6 新薬メーカーとしての中堅製薬会社:新薬を創出できるか
 2.7 まとめ

3.とるべき生存戦略性とは
 3.1 そもそも中堅製薬会社とは成功した〇〇企業である
   3.1.1 スペシャリティファーマ:疾患領域
   3.1.2 スペシャリティファーマ:地域
   3.1.3 スペシャリティファーマ:モダリティ
 3.2 日本の強みとはなにか
 3.3 中堅製薬業のリスク配分とは
   3.3.1 First-in-class(FIC)とBest-in-class(BIC)
   3.3.2 BIC≠「最も性能の高い薬」
   3.3.3 意図的に創出できるのはFIC
   3.3.4 FICを計画的に創出するには
 3.4 選択と集中
   3.4.1 日本製薬業界の強みとは何か?
 3.5 とるべきモダリティ戦略とは
   3.5.1 モダリティとは
   3.5.2 中堅製薬会社ビジネスモデルに合致したモダリティとは
   3.5.3 モダリティを外部から調達する
   3.5.4 御社にふさわしいのは既存の御社インフラを使えること
 3.6 まとめ

4.方向性との全体整合性のまとめ
 4.1 中堅製薬会社は大手製薬会社と生存戦略が異なる
 4.2 選択と集中によって、中堅は大手と共存できる
 4.3 大手製薬会社は中堅製薬会社を必要としている
 4.4 中堅製薬会社に求められる組織像とは
 4.5 まとめ

□質疑応答□