セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

晶析操作の基礎と制御およびトラブル対応

~バッチ晶析/連続晶析の理解と設計・操作方法~
~スケールアップを意識した晶析操作で求められる結晶の品質と作り方~

■最終製品の品質を保証するための鍵となる晶析操作の基礎解説と品質のつくり込み方法
>晶析操作の基礎となる原理の理解からスケールアップへのつなげ方
>粒度分布制御を行うための考え方
>優先晶析、結晶多形制御のような選択晶析
>バッチ晶析と連続晶析の特徴と設計

■本セミナーで得られる知識
≪プロセス化学者≫
 有機合成化学を専門とする方にも晶析の原理と実際をわかりやすくご理解いただけます。
≪医薬品・ファインケミカルでプロセス開発に従事されている化学工学者≫
 晶析操作の設計に役立つ内容です。
≪工場の技術部門≫
 晶析操作のトラブル対応や工程改善に役立つ内容です。
≪連続晶析の導入を検討されている技術部門≫
 連続晶析を導入する際の留意点についてご理解いただけます。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2021年5月28日(金)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信ZoomによるLive配信 ►受講方法・接続確認(申込み前に必ずご確認ください)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

スペラファーマ(株) 製薬研究本部 主席研究員 山野 光久 氏​

【主なご専門】
プロセス化学、晶析工学、solid form technology、solid form screening

【最近の業界での関連活動】
2014年~:分子不斉研究機構・理事
2009年~2019年:粉体工学会誌およびAdvanced powder technology誌・編集委員
2014年および2017年:日本プロセス化学会よりJSPC優秀賞を受賞
2020年~:日本粉体工業技術協会 晶析分科会・幹事

【講師紹介】

セミナー趣旨

 晶析操作は、古くから様々な分野において用いられている分離精製操作ですが、特に医薬品やファインケミカルの製造においては、最終製品の品質を保証するための鍵となる単位操作です。しかし、実際には晶析操作の設計・制御は非常に難しく、スケールアップの際にトラブルを伴うことも多いです。その理由としては、晶析操作が基本的には非平衡相分離操作であることに起因し、その制御が難しいことがあげられます。

 そこで、本セミナーでは晶析操作の基礎となる原理からスケールアップまで、最近の研究成果も含めて解説し、どのように制御することができるかを紹介します。また、粒度分布制御を行うための考え方や、優先晶析、結晶多形制御のような選択晶析についても解説します。医薬品製造においてはバッチ晶析が主流でしたが、近年、注目を浴びている連続晶析の特徴と設計についても紹介します。

 医薬品や農薬の製造プロセスの開発を担当されているプロセス化学者の方、工場や製造受託メーカーでスケールアップを担当されている技術者の方をはじめとして晶析操作に疑問・課題を抱えている皆様に役立つ情報をご提供いたします。

セミナー講演内容

1.    晶析の基礎
 1.1    晶析とは
 1.2    核化と結晶成長
 1.3    一次核化
 1.4    二次核化
 1.5    結晶成長モデル
 1.6    準安定領域と晶析操作
 1.7    工業晶析操作

2.    晶析操作の種類と特徴
 2.1    晶析の種類
 2.2    冷却晶析
 2.3    貧溶媒添加晶析
 2.4    濃縮晶析
 2.5    反応晶析

3.    晶析操作で求められる結晶の品質
 3.1    医薬品原薬に求められる品質
 3.2    晶析操作での不純物の混入要因
 3.3    類縁物質
 3.4    残留溶媒
 3.5    水和結晶
 3.6    元素不純物
 3.7    結晶多形
 3.8    エナンチオマー含量
 3.9    粒度分布
 3.10    晶癖

4.    結晶多形
 4.1    結晶多形発現のメカニズム
 4.2    結晶多形の熱力学的背景
 4.3    Late-appearing polymorph
 4.4    結晶核生成と結晶多形制御
 4.5    結晶化における臨界核の考え方
 4.6    溶液媒介転移

5.    バッチ晶析とスケールアップ
 5.1    バッチ晶析の特徴と設計
 5.2    種晶の取り扱い
 5.3    バッチ晶析でのトラブル
 5.4    バッチ晶析のスケールアップ

6.    結晶粒度分布制御

7.    選択晶析
 7.1    結晶多形制御
 7.2    優先晶析

8.    連続晶析
 8.1    医薬品の連続製造の動向
 8.2    医薬品原薬製造における連続晶析
 8.3    連続晶析とバッチ晶析の比較
 8.4    連続晶析装置
 8.5    MSMPR晶析装置による連続晶析
 8.6    MSMPR晶析装置のカスケード運転

  □質疑応答□