セミナー 印刷

【Live配信】
バイオ医薬品に残存する宿主細胞由来タンパク質(HCP)の測定
並びに原因と改善策を含めた品質及び安全性に及ぼす影響

~LC-MS/MSによるHCP検出の改善策~

このセミナーは、【Live配信受講】のみです。
【ケーススタディ】
HCPがバイオ医薬品の品質及び安全性に望ましくない影響を及ぼした例について
その原因及び改善策を含めて解説し考察
 
【ここがポイント ~得られる知識】
(1)HCP測定法の概要
(2)HCP測定法の適格性等評価における留意点、特にFDA及びEMAにより問題となったケース
(3)HCPのリスクアセスメント
(4)LC-MS/MSによるHCP測定の改善策
(5)HCPがバイオ医薬品の品質及び安全性に望ましくない影響を及ぼした例(原因及び改善策を含む)
日時 2021年3月19日(金)  13:00~17:00
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【Live配信の視聴方法】
映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、もしくは、2名同時1名無料キャンペーンを適用する場合は、
    会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境および視聴テスト動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

■視聴テスト■ ≫ 視聴環境

※音声なしのライブ配信です。 時計の動きをご確認ください。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

日本化薬(株) 医薬事業本部 医薬研究所 バイオ医薬品グループ 研究員 医学博士 新見 伸吾 氏 【講師紹介】

セミナー趣旨

 バイオ医薬品に残存する宿主細胞由来タンパク質(host cell-derived protein; HCP)は稀ではあるがバイオ医薬品の品質、有効性及び安全性に望ましくない影響を及ぼすことがある。本講座では、HCP測定法の概要及び適格性評価における留意点についてFDA及びEMAにより問題となった例を含めて解説すると共にHCPがバイオ医薬品の品質及び安全性に望ましくない影響を及ぼした例についてその原因及び改善策を含めて解説し考察を行う。本講座は昨年初めて開催され、その後再開の要望が多かったため再度開催することになった。今回は、昨年のアンケート結果で要望の高かったLC-MS/MSによるHCP検出の改善策を加えると共に事例紹介については最新のものを加え約40%が改定された内容となっている。なお、本講座には講師がPHARM TECH JAPAN 2020 Vol.36 No.7, No.17に執筆した総説の内容が含まれる。

セミナー講演内容

1. HCP測定法の概要
 1.1 HCPの定義と問題点
 1.2 HCPを測定する必要性
 1.3 HCPの主な測定方法
 1.4 HCPの許容レベル
 1.5 ELISAを用いたHCP測定法の種類
 1.6 ELISAを用いたHCP測定法の開発
 1.7 ELISAを用いたHCP測定法の適格性評価
 1.8 まとめと考察

2. HCPの測定法が規制当局により問題となった事例
 2.1 使用しているHCP測定法の適格性がEMAにより問題となった ケース
 2.2 HCPを通常の試験あるいはバリデーションのどちらで評価するかがEMAにより問題となったケース
 2.3 FDAによるHCPのリスクアセスメントのケース
 2.4 まとめと考察

3. HCPのリスクアセスメント
 3.1 HCP許容基準設定のためのDecision tree
 3.2 バイオ医薬品に含まれるHCPのリスク評価において考慮すべき因子
 3.3 抗体医薬品に含まれるCHO HCPの免疫原性予測方法
 3.4 まとめと考察

4. HCPのプロテオーム解析におけるHCPのmAbからの部分精製の有用性評価
 4.1 プロテオーム解析によるHCP測定の問題点と解決策
 4.2 事例紹介
 4.3 まとめと考察  

5. HCPがバイオ医薬品の品質及び安全性に及ぼす影響
 5.1 HCPの抗体産生が問題となったケース
 5.2 HCPのプロテアーゼ活性が問題となったケース
 5.3 HCPのポリソルベート20及び80の分解活性が問題となったケース
 5.4 HCPの糖鎖分解活性が問題となったケース
 5.5 HCPのバイオ医薬品から糖鎖の切断活性が問題とならなかったケース
 5.6 HCPのサイトカイン活性が問題となったケース
 5.7 HCPの自然免疫活性化が問題となったケース
 5.8 まとめと考察

□質疑応答□