セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー テレワーク応援キャンペーン(【Live配信/WEBセミナー限定】
【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】

製薬企業の研究者が知っておきたい特許の壁への対処
【 米国ANDA訴訟に備える 】

~研究者の日々の業務に欠かせない視点と行動は何か~

< 製薬企業の研究者が知っておきたい特許権利行使の実情をANDA訴訟を事例として解説 >

■特許侵害訴訟で対象となる製品の開発に関係する研究者が、自身と自身の研究と特許権利保護における関わりを理解しているかは、訴訟の進行に大きな影響を与えます。

■将来の特許訴訟に備えて、研究者の日々の業務に欠かせない視点と行動は何か。

■医薬品市場の大きい米国で実施されるANDA訴訟を中心に解説。
日時 2021年3月11日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価 35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
    (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
    (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

■上村 貴世 氏
Marshall Goldsmith 認定エグゼクティブコーチ
上級個人情報保護士
個人情報保護監査人
【元大塚製薬(株) 知的財産部 海外特許侵害訴訟リーダー   コンプライアンス部 GDPR担当】

【講師紹介】

セミナー趣旨

製薬企業は、多額の投資をして医薬品を研究開発し製品ができると上市します。医薬品販売の権利を守り売上を確保するためには、特許の取得が必要ですが、特許は取得するだけでは権利を守ることはできません。医薬品の場合、製品を守るための特許の数は機械などに比べるととても少なく、市場を守るためには取得した特許権を適切に行使しなければならず、特許の壁をいかに乗り越えるかは経営にとって重要な課題です。
特許侵害訴訟で対象となる製品の開発に関係する研究者が、自身と自身の研究と特許権利保護における関わりを理解しているかは、訴訟の進行に大きな影響を与えます。
将来の特許訴訟に備えて、研究者の日々の業務に欠かせない視点と行動は何か。医薬品市場の大きい米国で実施されるANDA訴訟を中心に解説します。

<講習会のねらい>
主に製薬企業の研究者が知っておきたい特許権利行使の実情をANDA訴訟を事例としてとりあげ、将来の訴訟に備えるための対策等について知識を深めます。

セミナー講演内容

1.研究活動と特許
 1.1 特許出願から成立までの期間の関与
 1.2 特許成立後
 1.3 特許の種類

2.医薬品の上市
 2.1 先発医薬品メーカー
 2.2 後発医薬品
 2.3 独占期間
   
3.特許の成立後

 3.1 権利行使
 3.2 特許へのチャレンジ
 3.3 米国ANDA訴訟とは
 3.4 パラグラフⅣ

4.研究活動の記録
 4.1 記録に対する意識
 4.2 研究活動の記録
 4.3 記録の保全
 4.4 電子的な記録の扱い

5.侵害訴訟への備え
 5.1 社内での役割
   5.2 証拠開示(ディスカバリ)
 5.3 他国の動きとの連携
 5.4 自らが証人となるとき
 5.5 メンタルケアの必要性

6.費用対効果
 6.1 コミュニケーション
 6.2 連携体制
 6.3 判断と行動

  □質疑応答・名刺交換□