セミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】

特定臨床研究及び臨床研究の
計画書作成のポイントと最新動向

~特に研究責任医師及び研究を支援する人たちへ~

<実際に多くの特定臨床研究に携わった立場から解説します>

✔ 臨床研究法は治験担当者であっても理解することが難しい
✔ 臨床研究法の中に記載されている
 研究計画書に関する項目及び研究計画書の作成に当たっての留意点
✔ 2021年1月13日の厚生科学審議会臨床研究部会、最近の通知で取り上げられた点
日時 2021年2月18日(木)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分キャンペーン(2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 

 医療従事者および学生・教員 価格 [アカデミー価格] 
 価格:1名につき11,000円(税込)

 対象者:学生と教員、および医療従事者
 他の割引との併用不可
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに、接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

第一三共(株) メディカルアフェアーズ本部メディカルアフェアーズ企画部 主席  樽野 弘之 氏

<主な業務、専門>

第一三共において,営業・開発・人事・教育等に従事し,2013 年 4 月よりメディカルアフェアーズに所属している.
また,2011 年 9 月より東京理科大学の客員教授となり,開発及び臨床研究担当者の認定制度を 2009 年 12 月より日本臨床試験学会にて立ち上げた.
現在,2018 年 4 月に施行された臨床研究法が適切に運用されるために,社内及び業界にて特定臨床研究等を実施又は支援している.

セミナー趣旨

臨床研究法は国会で通過し2017年4月14日に公布され、2018年4月1日に施行されました。しかし、臨床研究法は手続きが複雑で、COVID-19の影響もあって数は増加せず、2021年1月13日の厚生科学審議会臨床研究部会においても取り上げられました。
現状では臨床研究法は治験担当者であっても理解することができない。また、学習しようにもセミナーも中止になり、特に新人の学習の機会がない。
OJTも出来ないということです。臨床研究のリモート化も遅れています。
今回、このように臨床研究法が得意でない人に、実際に多くの特定臨床研究に携わった立場から、臨床研究法を理解する人を増やしたい。
特に研究責任医師及び研究を支援する人たちのため、「研究計画書を作成するための留意点」を中心に研修を実施したい。

◆講習会のねらい◆
研究計画書を作成するための留意点をより詳しくお話しする。
また、臨床研究法の最新動向をお話しする。

セミナー講演内容

1.特定臨床研究の最新動向
 ・現在の特定臨床研究の推移
 ・現在の問題点
 ・2021年1月13日の厚生科学審議会臨床研究部会、最近の通知で取り上げられた点

2.一般的な研究計画書の作成方法
 ・一般的な研究計画書の作成について

3.臨床研究法の中に記載されている研究計画書に関する項目及び研究計画書の作成に当たっての留意点
 ・観察研究と特定臨床研究の研究計画書
 ・研究の種類
 ・対象範囲
 ・目的、内容
 ・倫理
 ・研究体制
 ・モニタリング、監査
 ・リモートアクセスは?
 ・利益相反
 ・不適合
 ・個人情報
 ・補償
 ・疾病等
 ・その他

 □質疑応答□