セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

【Excel演習付】薬物動態解析入門-コンパートメント解析

~ 創薬段階から利用され益々重要視されるM&Sにおいて
担当者の確保・育成が喫緊の課題である ~


複雑なモデル解析を理解するためには基本的な解析法の習得が必須となる。
薬物動態解析の全ての基盤となる、
コンパートメントモデルについて講義&演習形式で学ぶ!


※本セミナーは薬物動態解析入門として、【初級者レベル】の内容を想定しております。
コンパートメントモデルの基礎を既に習得済みの方には、
2/5(金)「薬物動態解析に用いる数学入門 -基礎を知ればここまでできる-」の受講をお勧め致します。


 
【主催者よりお知らせ】
2021年6月頃に、新入社員の方向けに下記のようなセミナーを企画中です。
  「創薬における薬物動態試験および解析(仮称)」
  「薬物動態解析入門-その2-非コンパートメント解析(仮称)」
詳細は決定次第、弊社HPにてご案内いたします。
(薬物動態分野について、引き続き実従事者様へ役立つようなテーマを企画して参りますので、ご要望等あれば是非お気軽にお申し付けください ⇒テーマご要望はこちらから
日時 2021年1月22日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり通常価格(55,000円)半額の27,500円)
2名で通常価格:55,000円 (50,000円+税)(2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり実質27,500円
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料①製本テキスト:開催日の4,5日前に郵送にて発送予定
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

   ⇒Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。印刷物は後日お手元に届くことになります。

②当日演習用Excel資料:マイページよりダウンロードして頂くか、E-Mailで送付いたします。
  (開催前日~前々日を目安にダウンロード可、または送付)
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにアクセスしていただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

加藤 基浩 氏 (元・中外製薬)
専門分野:薬物動態全般、薬物速度論、薬物間相互作用、ヒトクリアランス予測、PK/PD解析、バイオ医薬品の薬物動態

【講師紹介】

セミナー講演内容

<講習会のねらい>
医薬品の開発にモデリング&シミュレーション(M&S)が益々重要になってきており、臨床においてはガイドラインが策定されている。M&Sは、臨床ばかりでなく非臨床においても重要であり、創薬段階から薬効・毒性予測、ヒトにおける薬物動態予測、薬物間相互作用予測に利用されている。しかしながら、M&Sを担う人材が不足しており、M&S担当者の確保・育成が急務と考えられる。本セミナーは、M&Sを担う薬物動態研究者を育成することである。
薬物動態解析にはコンパートメントモデル解析、モーメント解析、生理学的薬物速度論モデル解析、PK/PD解析等、モデルを用いない簡単な解析から複雑なモデル解析まである。高次の解析法を理解するためには、基本的な解析法の習得が必須である。本セミナーでは薬物動態解析の基礎となるコンパートメントモデルについての講義と演習を行う。
 
※本セミナーは薬物動態解析入門として、【初級者レベル】の内容を想定しております。
コンパートメントモデルの基礎を既に習得済みの方には、
【上級編】2/5(金)「薬物動態解析に用いる数学入門 -基礎を知ればここまでできる-」の受講をお勧め致します。


1. モデリング&シミュレーション 
  医薬品開発におけるM&Sの有用性

2. コンパートメント解析とは
  モーメント、PBPKモデルとの違い 
  コンパートメントモデルの有用性

3. コンパートメントモデル 
  静脈内
  1-コンパートメントモデル
  2-コンパートメントモデル
  マルチコンパートメントモデル

4. ラプラス変換について 
  ラプラス変換による微分方程式の解法 
  演習 

5. 吸収プロセスを含んだモデル
  経口、インフュージョン
  反復投与
  蓄積比 

6. 薬物動態パラメータ
  クリアランス、分布容積、AUC、半減期

7. プロットによる解析 
  残差法、シグママイナスプロット 

8. 最小二乗法 
  最小二乗法について
  残差平方和、アルゴリズム、重み、赤池の情報量基準(AIC)
  ソルバーの使い方
  演習

9. 数値計算
  ルンゲクッタ法
  シミュレーション例(線形、非線形)
  演習 

10. 解析の実際
  解析解と数値計算によるシミュレーションの使い分け
  うまく解析できない例

11. 演習

12. 質疑応答


  □質疑応答・名刺交換□