セミナー

【オンデマンド配信】
バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、
凝集体形成防止・製剤安定化に関する取組み方、
品質管理、ストラテジー

このセミナーは2020年10月に開催したセミナーの【オンデマンド配信】です。
※WEBセミナーは、14日間・動画をご視聴いただけます。
バイオ医薬品の凝集体発生のメカニズムと
【ケーススタディを交えながら】製剤における安定化法や品質管理方法について解説!
 
【ここがポイント ~こんなことが学べます】
 ◎バイオ医薬品に含まれる凝集体に対する考え方
 ◎バイオ医薬品中の蛋白質凝集体の発生機構と低減方法
 ◎バイオ医薬品の安定化方法
日時 2021年5月28日(金)  まで申込受付中  /視聴時間:3時間21分
会場 Webセミナー ※会社・自宅にいながら受講可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 ) S&T会員登録について
定価:本体32,000円+税3,200円
E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講) Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
【研修パック(5名以上受講):一人あたりの受講料 16,500円】
 本体15,000円+税1,500円(一人あたり)
※研修責任者(代表申込み者)がE-Mail案内登録をしていただいた場合に限ります。
※お申込みフォームで【研修パック】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料PDFテキスト(印刷可)
  ※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
オンライン配信【WEBセミナー:オンデマンド配信】
以下の流れ・受講内容となります。
 ・録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・申込み後すぐに視聴可能です(事前に「会員ログイン」または「新規会員登録」し、申込みされた場合のみ)。
  S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
   ※会員ログインまたは新規会員登録せずに申込みされた場合は、
    営業日3日後までに弊社にてマイページに設定し、閲覧通知のE-Mailをお送りいたします。
 ・視聴期間は申込日より14日間です。
  ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)

下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、E-Mail案内登録価格(5%OFF)は適用できません。
    【E-Mail案内登録価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境および視聴テスト動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 
    ■視聴テスト動画■
    
    ≫ 視聴環境   ≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】
(3)申込み後、すぐに視聴可能なため、Webセミナーのキャンセル受付ておりません。予めご了承ください。

セミナー講師

大阪大学大学院 工学研究科 生物工学専攻 教授 博士(薬学) 内山 進 氏 【講師紹介】

兼任
自然科学研究機構生命創成探究センター 客員教授
(株)ユー・メディコ 取締役

セミナー趣旨

 バイオ医薬品に含まれる凝集体は免疫原性を持つ可能性があるため、凝集体の発生機構の理解と発生の抑制は重要な課題である。本講演では、バイオ医薬品の凝集体発生のメカニズムを解説し、ケーススタディを交えながら、製剤における安定化法や品質管理方法ついて説明する。適宜、凝集体についてレギュレトリーサイエンスの観点からの動向についても述べる。

セミナー講演内容

1.バイオ医薬品の製剤に関連した基礎知識
  1-1 バイオ医薬品の構成
   1-1-1 蛋白質の一次構造、二次構造、三次構造、高次構造
   1-1-2 化学構造変化
   1-1-3 変性

2.バイオ医薬品に含まれる凝集体に関する基礎知識
  2-1 バイオ医薬品に含まれる凝集体研究の現状、免疫原性との関係
  2-2 凝集体の分類
   2-2-1 解離会合
   2-2-2 物理ストレスとの関係
   2-2-3 サイズによる分類
   2-2-4 特性解析と規格との関係
  2-3 バイオ医薬品における凝集体関連規制情報
   2-3-1 FDAガイダンスについて
   2-3-2 USP787について
   2-4-3日本薬局方での取扱について

3.タンパク質の安定性と凝集メカニズム
  3-1 タンパク質の安定性
   3-1-1 コロイド安定性と構造安定性
   3-1-2 コロイド安定性とDLVO理論
   3-1-3 構造安定性と自由エネルギー変化
  3-2 タンパク質の凝集メカニズム
  3-3 第2ビリアル係数、拡散係数の濃度依存性

4.タンパク質の安定性と溶媒組成、添加剤の効果
 4-1 タンパク質の安定性と塩
   4-1-1 ホフマイスター系列
   4-1-2 塩とタンパク質の相互作用
   4-1-3 塩によるタンパク質の安定化・不安定化
 4-2 タンパク質の安定性と糖類
   4-2-1 選択的溶媒和
   4-2-2 糖によるタンパク質の安定化
   4-2-3 糖を添加する場合の注意点
 4-3 タンパク質の安定性と界面活性剤
   4-3-1 界面活性剤とタンパク質の相互作用
   4-3-2 界面活性剤によるタンパク質の安定化
   4-3-3 界面活性剤を添加する場合の注意点
 4-4 タンパク質の安定性とその他の添加剤
   4-4-1 アミノ酸
   4-4-2 アルコール

5.タンパク質医薬の保管容器
 5-1 タンパク質容器における注意点
 5-2 具体的な容器
     5-2-1 バイアル
     5-2-2 プレフィルドシリンジ
     5-2-3 容器と凝集の関係