セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

臨床試験従事者のためのサイバーセキュリティ講座
(基礎編:1日コース)

~臨床開発での具体的事例をふまえたサイバーアタックの基本知識と対策~

※このセミナーは、【ZOOMによるオンライン受講】、【会場での受講】をお選びいただけます。
(尚、会場受講の方も、ZOOMを使用しますので、PC、またはタブレットをご持参ください)
【 臨床開発の現場では、コンピュータ及びインターネット環境を利用した業務が急速に広がっている 】
具体的な事例を用いたリスクと対応策を紹介

>> 臨床試験のデータ化が急速にすすんでいますが、データのやり取りは本当に安全ですか?

>> 臨床開発の現場で実際に起きている事例(ランサムウェア感染、フィッシングメールなど)

>> 普段、こんなことしていませんか。そこに潜む危険とは。

>> 参加者の方には、サイバーセキュリティトレーニングの
フリートライアル進呈
日時 【会場受講】 2020年12月22日(火)  10:30~16:30
【Live配信】 2020年12月22日(火)  10:30~16:30
会場 【会場受講】 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
【Live配信】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の27,500円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります。)
  (会場参加の方には、製本テキストも配布いたします。)
※会場受講の方は、会場にて、製本テキストもお渡しいたします。
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)にて受講】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)を弊社HPのマイページよりダウンロードいただきます。
     (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
     (ダウンロードには会員登録(無料)が必要となります)
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 
【会場にて受講】

・会場にて受講される方につきまして、PC,またはタブレットをご持参ください。
・講義中に、ZOOMを使用いたします。
・会場では、個別のご質問や相談も可能です。

※会場では、コロナ感染対策も実施いたしております。
 
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

■ 筒泉 直樹 氏
東京大学大学院薬学系研究科 ITヘルスケア社会連携講座
【元 アストラゼネカ社 グローバルQA部門所属】

【主な研究・業務】
GCP監査、臨床試験の企画・実施

 【講師紹介】



■ 小駒 皆子 氏
(株)Multi-Task Company(MTC)  代表取締役社長兼CEO

【ご経歴】
シミックグループ人事担当役員、子会社代表取締役、米国企業ERT社の日本法人代表取締役、
     アイロムグループ監査等委員取締役等の兼務。IRB委員13年目。
【講師紹介】

■ 加賀 徹 氏
(株)Multi-Task Company(MTC)  CTO
【講師紹介】

■ 平塚 康哲 氏
(株)Multi-Task Company(MTC) ITコンサルタント、システム監査人
【講師紹介】
 

セミナー趣旨

多様かつ重要な機密情報を扱う臨床試験においてサイバーアタックをうけると、承認申請データ等への重大な被害の発生が予想され、医薬品等の開発業務に大きな影響を及ぼすことが考えられる。これを未然に防ぐにはサイバーセキュリティの概念を理解し適切な対策を講じることが必須である。
本セミナーは、サイバーセキュリティ基礎講座として基本的な知識の習得と、具体的な事例の紹介やケーススタディーを用いたディスカッションへの参加により、サイバーアタック対策に貢献できる人材を育成することを目的として実施する。

<講習会のねらい>
コンピュータやスマートフォンの利用があたりまえになった昨今において、サイバーアタックの被害報告が後をたたない。臨床開発の現場においても、コンピュータおよびインターネット環境を利用した業務が日常的に行われている。そのため、臨床開発従事者それぞれが、サイバーアタックによる情報漏えい、システム破壊、データ改ざん等のリスクを理解し、サイバーセキュリティ保全のための方策を講じる必要がある。
本セミナーでは、サイバーセキュリティの基本的な概念を学ぶとともに、具体的な事例を用いたリスクと対応策を紹介し、実務レベルの知識とスキルを身につけることを目的としている。

セミナー講演内容

1. 開会の辞

2. サイバーセキュリティ概論

    A. サイバーセキュリティの基礎知識
       1) サイバーセキュリティとは
       2) サイバー攻撃の実情と実態
       3) 防護策・対策
       4) 日常的に必要な行動
    B. 医療を含むOT/IoT分野のサイバー攻撃(事例と対策ツール)
    C. サイバーセキュリティ対策
        1) トレーニング
        2) 組織体制
        3) コンサルティング
    D. 「2.」全体に関する質疑応答

3. 日常業務に潜むサイバーアタック被害のリスク
  ・こんなことしていませんか?(グルーブディスカッション)
   
4. 今日から始めるサイバーセキュリティ

  ・ グルーブディスカッション

5. 総合ディスカッション
   ≪検討トピックの例≫

   ・具体事例の相談とアドバイス
   ・優先順位のつけかた
   ・コストとリソースのかけ方

  □質疑応答・名刺交換□

※詳細項目を更新いたしました。(2020/11/30)