セミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】

欧州医療機器規制(MDR)における具体的なQMS構築セミナー

~MDR対応QMSのサンプルをもとにわかりやすく解説~

※当セミナーは、都合により中止となりました。(更新:2020年11月24日)※
< MDRに対応したQMSのサンプルを配布し、分かりやすくQMSの構築方法を解説 >

【ここがポイント】
★ 欧州医療機器規制(MDR)とは 
★ MDR対応の際に気を付けるべき点とは
★ MDR対応のためのQMSとは
★ MDR対応QMSの具体的内容とは
日時 【会場受講】 2020年12月3日(木)  10:30~16:30
【Live配信】 2020年12月3日(木)  10:30~16:30
会場 【会場受講】 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 研修室
会場地図
【Live配信】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件


※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )           

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料・会場受講:製本テキストとPDFテキスト(印刷可)
・アーカイブ配信受講:PDFテキスト(印刷可)
  ※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
    (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
  ※ダウンロードには、会員登録(無料)が必要となります。
オンライン配信■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■

映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。
  詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【テキスト】
  テキストは、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードできます。
   (開催2日前を目安に、ダウンロード可となります)
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
 

【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境およびサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

■視聴テスト■ ≫ 視聴環境
備考資料・昼食(会場受講の場合)付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー趣旨

2017年5月5日に、医療機器指令 Medical Device Directive (93/42/EEC)が改正され 「欧州医療機器規則 (MDR:Medical Device Regulation)」 が公示されました。2021年5月25日までにManufacturer は、MDR対応のQMSを構築したうえで、技術文書を改訂し、新しい要求事項に対応しなければなりません。

MDRは、従来のMDDと能動埋め込み型医療機器指令 Active Implantable Medical Device Directive (90/385/EEC)を統合し置き換えるものです。MDDからMDRへの改正内容は多岐に渡り、また上市済の製品の対策も必要となるため、強制化に間に合うように計画的に対策を進める必要があります。

MDRは、日本や米国の法規制を参考にして作成され、世界で最も厳しい規制となりました。
しかしながらMDRは条文が難解で非常にわかりにくいのが難点です。
いったい何が要求されどのようなQMSを構築したら良いのでしょうか?

MDRは、技術文書について、従来よりも踏み込んだ精査を求めています。
また臨床評価と市販後臨床フォローアップについてより厳しい要求事項となりました。

さらにMDRでは、製造業者(Manufacturer)のみではなく輸入業者(Importer)や法定代理人(欧州代理人:Authorised representative)

本セミナーでは、MDRの要点をわかりやすく解説し、MDDからの変更点を明らかにします。
そのうえでMDRに対応したQMSのサンプルを配布し、分かりやすくQMSの構築方法を解説します。

セミナー講演内容

1. MDR概要
  ・CEマーキング制度とは
  ・MDRとは
  ・MDR改正の背景と経緯
  ・MDRの構成
  ・EUDAMEDとは
  ・UDIとは
  ・クラス分類について

2. MDDからMDRの変更点

3. MDR対応の問題点とリスク

4. MDR対応QMS構築のための要点

  ・MDRで求められるQMSの種類
  ・MDR対応QMSで考慮すべき点
  ・規制遵守責任者の要件と実施すべき事項

5. MDR対応QMSサンプル解説 
  ・安全性と性能の要求事項(GSPR)への適合手順書・様式
  ・臨床評価手順書
  ・技術文書管理手順書
  ・市販後監視(PMS)手順書
  ・ビジランス業務手順書
  ・欧州サプライチェーン(Economic Operators)管理手順書
  ・適合性評価手順書(CEマーキング貼付手順書)
  ・法定代理人(欧州代理人)向けQMS
  ・輸入業者向けQMS

 
  □質疑応答・名刺交換□


※アジェンダ等の内容に関しましては予告なく変更される可能性があります。