セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

バイオ医薬品製造設備の洗いにくいところの
洗浄バリデーションと洗浄水の管理・汚染防止

~昨今の残留許容値設定の考え方と査察時のチェックポイント~

 平成25年8月のGMP施行内容の変更やPIC/Sへの参加により国際的な観点でのバリデーションが求められてきており、洗浄バリデーションにおいてもリスクマネージメントの考え方を取り入れた考え方を基に計画および実施するのが基本となってきている。特に、バイオ医薬品の製造では目的物自体が高分子で非常に複雑であることや、製造工程では水系での製造がほとんどであることなど、従来の医薬品製造とは異なる観点でのバリデーションの考え方が必要となる。

 
なかでもタンパク質医薬品の製造は遺伝子組み換え微生物や動物細胞を宿主とした培養あるいは発酵工程によりほぼ完了し、その後の工程は遠心分離、膜分離、クロマトグラフィー精製等の分離精製技術がほとんどとなることから、原薬製造における管理は重要である。また、目的物自体が不純物となるリスクや外来の感染性不純物などについても、細心の注意をもって取り組まなくてはならないため、従来の医薬品製造と異なる特有の問題が含まれており、洗浄バリデーションに関しても対応を図らなければならない。

 この講義ではPIC/Sをはじめ、FDAやICH、WHOなどグローバルな視点での『
バイオ医薬品製造における洗浄バリデーションに関する法規制状況』および『PIC/SのGMP査察時の注目ポイント』や『米国FDAやEMA、日本の厚生労働省などの洗浄バリデーションに関する考え方』を紹介する。また、『実際洗浄バリデーションを実施するに当たってのリスクアセスメントのアプローチと洗浄工程を1つのプロセスとしてとらえたプロセスバリデーションの考え方』もあわせて紹介したい。
 
【得られる知識】
  • PIC/S GMPの位置付けと概要
  • 洗浄バリデーションのリスクベースアプローチの概要
  • 洗浄バリデーションにおける工程管理の考え方
  • 洗浄バリデーションにおける残留許容限度値設定の考え方
  • 洗浄バリデーションのための分析法
  • 洗浄バリデーションにおけるサンプリング
  • 洗浄バリデーションに関係する各種ガイドライン
日時 2020年11月17日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
   Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
   印刷物は後日お手元に届くことになります。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。
 ・お申込み受理の連絡メールに、視聴用URLを記載しております。
  お手数ですが予め「Zoom」のインストールが可能か、接続可能か等をご確認ください。
  セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
 ・開催当日に講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

DRKバイオプロセステクノロジーコンサルティング 代表 シニアコンサルタント/ 次世代バイオ医薬品製造技術研究組合 研究開発担当部長 河﨑 忠好 氏 【講師紹介】

【主なご経歴】

1984年 ファルマシア株式会社(現Cytiva) 入社 研究員
1997年 ジェンザイムトランスジェニック株式会社 代表取締役
1999年 日本ミリポア株式会社(現メルク株式会社) 取締役
2006年 株式会社グライコジーン 代表取締役社長
2006年 GEヘルスケア株式会社(現Cytiba)技術顧問
2006年 DRKバイオプロセスコンサルティング 代表(シニアコンサルタント)
2016年 次世代バイオ医薬品製造技術研究組合 研究開発担当部長

【主なご研究・ご業務】
・バイオ医薬品製造におけるダウンストリーム技術開発
・バイオ医薬品製造におけるプロセスバリデーション
・バイオ医薬品製造における洗浄バリデーション
・バイオ医薬品の連続製造におけるダウンストリーム技術開発
・バイオ医薬品のカラムレス連続精製法の開発

セミナー趣旨

日本で承認されたバイオ医薬品の数は、抗体医薬品の62品目を加えすでに159品目を数え、バイオ後続品の25品目を加えると184品目と急激にその数を増やしてきている。なかでも抗体医薬品は74品目とその約半数を占めている(2020年5月現在)。
このように日本国内でバイオ医薬品の承認数が増えてきているが、その多くは海外で原薬製造を行っており、まだまだ国内での生産は少ないのが現状である。最近では徐々に国内での原薬製造も行う会社も増えてきているが、遺伝子組み換え動物細胞や微生物を生産宿主とすることから、従来の合成医薬品製造との違いに戸惑いをみせる会社も多い。特に設備の洗浄に関しては経験が少なく、その運用に苦慮している会社は少なくない。
このような現状から、本講座ではバイオ医薬品の原薬製造における洗浄バリデーションに関してグローバルな観点での注目ポイントと、その管理に関しての注意点を紹介する。特に、バイオ医薬品の製造においては水を多用することから、洗浄に用いる水の管理なども含めて紹介するとともに、GMP現地検査における査察ポイントなどに関しても紹介する。

セミナー講演内容

1.バイオ医薬品製造における洗浄バリデーションの違い
 1-1 バイオ医薬品の製造技術とその特殊性
 1-2 バイオ原薬製造の為の発現系
 1-3 バイオ医薬品製造における不純物

2.バイオ医薬品原薬製造のアップストリームにおける洗いにくいところの洗浄方法と洗浄バリデーション 
 2-1 設備・ユーティリティー
 2-2 培地・バッファー調製設備
 2-3 培養設備
 2-4 清澄化・分離装置

3.バイオ医薬品原薬製造のダウンストリームにおける洗いにくいところの洗浄方法と洗浄バリデーション
 3-1 クロマトグラフィー装置
 3-2 クロマトグラフィーカラム(充填剤を含む)
 3-3 クリアランススタディーとサニタイゼーション
 3-4 フィルトレーションシステム (MF・UF/DF)

4.リスク分析に基づくバイオ医薬品製造設備の洗いにくいところの洗浄プロセスの構築と管理
 4-1 リスクベースの洗浄バリデーション
 4-2 洗浄バリデーションのリスクアセスメント
 4-3 洗浄工程のプロセスパラメータ
 4-4 洗浄工程の構築
 4-5 洗浄工程のデザインスペース設定
 4-6 洗浄バリデーションのブラケッティング

5.バイオ医薬品の原薬製造における洗いにくいところの残留基準値設定の考え方
 5-1 残留許容限度値設定の考え方
 5-2 残留許容値設定の科学的根拠
 5-3 リスクベースの残留限度値設定法
 5-4 EU-GMPの新しい考え方に基づく残留限度値設定

6. バイオ医薬品の洗浄バリデーションにおける査察ポイント
 6-1 PIC/S : PI 030-1, AIDE-MEMOIRE “原薬査察”
 6-2 PIC/S : PI 024-2, AIDE-MEMOIRES “バイオ医薬品査察”
 6-3 PIC/S : PI 009-3, AIDE-MEMOIRE “ユーティリティー査察”
 6-4 第十七改正 日本薬局方

  □質疑応答□