セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
<タンパク質の溶液物性>
タンパク質の凝集や相分離と低分子による制御
:相分離生物学の基盤技術

~タンパク質の凝集や相分離と細胞内の現象との関連~

>> 転写翻訳シグナル伝達などの中心的な生命現象のほか、酵素の連続反応アミロイドや細胞の応答など

>>
分子ではなく分子集合物を理解の単位とすることで、理解しやすくなる生命現象が数多く見つかっている

>> 背後にかかわっている
タンパク質の溶液物性。タンパク質の凝集相分離とはそもそもどういうものか、
  これらをどう
制御できるのかを知りたい方

>> 製薬や高分子や食品などの分野の研究にかかわる方や、計測機器などの基礎研究の開発にたずさわる方には
      ヒントが得られるのではと思います。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年11月18日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン(1名あたり定価半額の24,750円)
 

※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

 
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申込み受理のご連絡メールに、接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・セミナー資料は、製本テキストを開催日の4,5日前に発送予定です。
  ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
主催者より最近,液-液相分離の現象は,細胞内で多くの生理的役割を果たしていることがわかってきました。細胞内には液-液相分離して形成された液滴があり,DNA修復や,遺伝子の転写,タンパク質への翻訳,シグナル伝達の制御,翻訳後修飾,自然免疫の応答,機能の区画化,外部環境からのストレスへの応答,アミロイドへの成熟など,きわめて多岐にわたる分子レベルでの生命現象に関わるという発見が相次いでいます。これらは,創薬の新しいターゲットとして期待されています。
本セミナーでは基礎的な事項から最新のデータが開設され,相分離の現象を如何に新薬につなげていくか,というテーマに大きなヒントが得られるでしょう。すでに創薬への応用は開始されています。この機会を是非ご活用ください。

セミナー講師

筑波大学 数理物質系 教授 博士(理学) 白木 賢太郎 先生

[専門/主な業務]

タンパク質溶液学(安定化・凝集・共凝集・液-液相分離・凝集抑制・粘性制御)


【講師紹介】

著書:『相分離生物学』(東京化学同人)2019年8月

 

セミナー趣旨

タンパク質の凝集や相分離と細胞内の現象との関連に注目が集まっています。
タンパク質は本来凝集しやすい性質があり、異種の分子があれば相分離も引き起こします。このような溶液物性としてのタンパク質の当たり前の性質が、ふたたび注目され、細胞内にある多様な生命現象と関わることが相次いで報告されています。このような分野を「相分離生物学」といいます。

この講座では、新しく誕生してきた相分離生物学の分野を紹介し、この分野の見方を説明したいと思います。
導入として、転写や翻訳やシグナル伝達などの中心的な生命現象のほか、酵素の連続反応やアミロイドや細胞の応答などを説明します。分子ではなく分子集合物を理解の単位とすることで、理解しやすくなる生命現象が数多く見つかってきており、これからも発見が続いていくと考えられます。
例えば、2020年以降も、抗がん剤の効果やアミロイド仮説など、医薬とかかわる成果も登場しており、原核生物や植物などの成果もようやく出てきています。さらに、この分野の背後にある原理について、タンパク質の凝集や相分離などの研究成果も系統的にお話しします。

<講習会のねらい>
相分離生物学という新しい分野に興味があり、まとめて概要を把握したい方に向けて内容を組み立てます。
この分野は細胞生物学から溶液熱力学にまで多岐に及ぶために、独自に内容を理解していくのは困難です。そのためこの講座では、鍵となる文献を参照しながら概要を講義し、必要に応じてより専門的な内容を学べるように組み立てます。
また、この分野の背後にはタンパク質の溶液物性がかかわります。タンパク質の凝集や相分離とはそもそもどういうものか、これらをどう制御できるのかを知りたい方に、これまで私たちが研究してきた方法を整理して具体的に紹介します。
製薬や高分子や食品などの分野の研究にかかわる方や、計測機器などの基礎研究の開発にたずさわる方にはヒントが得られるのではと思います。

参考文献:『相分離生物学』(東京化学同人)2019年8月

セミナー講演内容

1.相分離生物学とは
 ・タンパク質や高分子の液-液相分離の仕組み
 ・DNAとタンパク質によるドロプレットの形成
 ・タンパク質やRNAのパラダイム転換
 ・酵素の連続反応の実現
 ・プリオンやアミロイドの存在の理由
 ・「相分離メガネ」とは
 ・疎水性やハイドロパシー
 ・パイ電子の相互作用
 ・溶解度と相分離性

2.タンパク質の凝集と低分子による制御
 ・タンパク質の凝集の仕組み
 ・ホフマイスター系列・カオトロープとコスモトロープ
 ・オスモライト
 ・クラウディング効果
 ・選択的水和
 ・タンパク質の化学劣化とアミン

3.アルギニンの応用
 ・アミノ酸とその誘導体によるタンパク質凝集抑制
 ・アルギニンによる凝集抑制の仕組み
 ・アルギニンによる卵白の加熱凝集の抑制
 ・カチオン-パイ相互作用による芳香族化合物の溶解性
 ・タンパク質溶液の粘度と低分子制御
 ・アルギニンが凝集をふせがないタンパク質
 ・凝集抑制剤となる新しい化学骨格の探索

4.相分離テクノロジー
 ・タンパク質の凝集と相分離の再現
 ・卵白の凝集と低分子による制御
 ・相分離タグによるペプチド精製
 ・高分子による酵素の超活性化
 ・液-液相分離によるバイオ医薬品の濃縮技術
 ・水性二相溶液による抗体の凝集体の除去

       □質疑応答・名刺交換□