セミナー 印刷
【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
<発刊記念講演>
バイオマテリアル技術からみた再生医療 -凍結乾燥技術の役割-

~ 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化~

本セミナーは、【Live配信】のみの開催です。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
※当セミナーは10/9(金)→10/16(金)に変更となりました。
~「凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化」発刊記念セミナー~

※本年1月末発刊書籍「凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化」の執筆に携わられた
著者様により、書籍の理解を助ける内容として解説をいただく場を設けさせていただきました。

<プログラム> 
 ■「バイオマテリアル技術からみた再生医療 -凍結乾燥技術の役割-」

<主な内容・ポイント>
・バイオマテリアルの観点から、細胞能力を活用した再生治療および細胞応力を調べる再生研究
・再生医療における凍結乾燥技術の必要性
日時 2020年10月16日(金)  14:00~16:00
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
22,000円 ( S&T会員受講料 20,900円 ) S&T会員登録について
定価:本体20,000円+税2,000円
会員:本体19,000円+税1,900円
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催日の4~5日前に発送します。
   開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。
 ・お申込み受理の連絡メールに、視聴用URLを記載しております。
  お手数ですが予め「Zoom」のインストールが可能か、接続可能か等をご確認ください。
  セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
 ・開催当日に講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

※開催日直前にお申込みいただいた場合は、テキストの到着がセミナー開始日時に間に合わない恐れがあります。
 Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
 印刷物は後日お手元に届くことになります。
備考資料付 ※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
    ※本セミナーのみをご受講される場合は2名同時1名無料及び書籍特典は適用外となっております。

セミナー講師

京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 生体材料学分野 教授 田畑 泰彦 氏​ 【講師紹介】

[​主な研究・業務]
バイオマテリマル、生体組織工学、再生医療、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、幹細胞工学

[業界での関連活動]
・日本再生医療学会理事(編集委員長)
・日本炎症再生学会理事
・日本バイオマテリアル学会理事
・日本DDS学会副理事長
・TERMIS学会理事フェロー
・TERMIS-AP理事長
・世界バイオマテリアル学会(WBS)フェロー
・New York Academy of Scienceフェロー
・American Institute for Medical and Biological Engineering (AIMBE)フェローなど

セミナー趣旨

 再生医療とは、体本来のもつ自然治癒力を高め、病気を治す医療である。この自然治癒力のもとが細胞の増殖、分化能力であり、
これを高めることが大切である。生体組織は細胞とその周辺環境からなっている。いかに丈夫なからだでも、家や食べ物がなければ
弱ってしまう。これと同じことが細胞にもあてはまる。つまり細胞能力を高めるには、バイオマテリアル技術を用いて細胞に家や
食べ物など周辺環境を作り与えることが必要となる。本講演では、バイオマテリアルの観点から、細胞能力を活用した再生治療および
細胞応力を調べる再生研究を考える。再生医療における凍結乾燥技術の必要性についても述べる。

セミナー講演内容

     1.バイオマテリアルとは何か
     2.再生医療とは何か

           2.1 細胞能力を高めるバイオマテリアル技術の役割
           2.2 細胞周辺環境(細胞の食べ物と家)と何か
           2.3 細胞の食べ物を与える技術(ドラッグデリバリーシステム、DDS)
           2.4 細胞の家(足場)を与える技術
           2.5 再生治療と再生研究(細胞研究と創薬研究)
     3.再生医療における凍結乾燥技術の役割

□質疑応答□