セミナー 印刷
C200624 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー テレワーク応援キャンペーン(【Live配信/WEBセミナー1名受講限定】
【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】
医薬品開発における
バーチャル試験、ePROおよびモバイルヘルスの導入と課題

~研究デザインやデータ収集・管理手法と実際の臨床研究での導入事例を紹介~

本セミナーは、【Live配信】のみの開催です。
※会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
◎PROやPGHDを用いた臨床研究のデザインやデータ収集とeConsentおよびVirtual Trial導入事例
日時 2020年9月8日(火)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識PRO, PGHD, mHealth, eConsent, Virtual Trialに関する基礎知識および活用方法
【ZoomによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。
 ・お申込み受理の連絡メールに、視聴用URLを記載しております。
  お手数ですが予め「Zoom」のインストールが可能か、接続可能か等をご確認ください。
  セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
 ・開催当日に講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
※セミナー資料は印刷物を開催日までに発送させていただく予定です。
※開催日直前にお申し込みいただいた場合は、テキストの到着がセミナー開始日時に間に合わない恐れがあります。
 Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
 印刷物は後日お手元に届くことになります。

セミナー講師

東京大学大学院 医学系研究科 臨床試験データ管理学講座 特任助教 宮路 天平 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 本講座では、臨床開発におけるバーチャル試験、ePROおよびモバイルヘルス導入と課題をテーマに、研究デザインやデータ収集・管理手法の紹介と、実際の臨床研究での導入事例を交えて、講義を行う。
 1コマ目は、Patient-Reported Outcome(PRO)やPatient-generated Health Data(PGHD)を用いた臨床研究のデザインやデータ収集およびその課題について触れる。2コマ目は、eConsentおよびVirtual Trialの概論、その導入事例の紹介を行う。

セミナー講演内容

1.臨床研究におけるPROおよびPGHDの活用
 ・Clinical Outcome Assessmentの概論
 ・PROの定義、種類
 ・PROが重視される背景
 ・PGHDの定義、種類
 ・PGHDに注目があつまる背景
 ・Mobile Health(mHealth)の定義、種類
 ・PROの測定
 ・PROのデータ収集
 ・PROの測定の事例
 ・臨床研究でPROを用いる際の注意点

2.臨床研究におけるeConsentの活用とVirtual Trial
 ・eConsentの概論
 ・eConsentに関するガイダンス
 ・Virtual Trialの概論
 ・Virtual Trialの事例

  □質疑応答・名刺交換□