セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】

<国際共同治験に従事するモニター(リーダー)のための>
国内治験では求められない関連記録、異なる実施方法と
医療機関への適切な説明の仕方

~FDA/EMAによるGCP査察で求められる~

<FDA/EMAによるGCP Inspection(査察)で求められる関連記録と治験実施のポイント>

<国際共同治験の関連記録及び関連法規等の説明だけでなく、それらの目的/必要性/理由等も解説>
 
✔国内治験の経験はあるが、国際共同治験が未経験(経験が浅い)の為、国際共同治験を総合的に学びたい方
✔国際共同治験の関連記録及び関連法規等を単に知る(暗記する)のではなく、それらの本質を理解したい方
日時 2020年9月25日(金)  10:00~16:45
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  6F 中会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分キャンペーン(1名あたり定価半額の27,500円)
 

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )     

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・会場受講:製本テキストとPDFテキスト(印刷可)
・Live配信受講:PDFテキスト(印刷可)
 ※セミナー資料は、電子媒体(PDFデータ/印刷可)をマイページよりダウンロードいただきます。
  (開催2日前を目安にダウンロード可)
オンライン配信■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■

映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。
  詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【テキスト】
  テキストが、電子媒体(PDFデータ/印刷可)の場合は、マイページよりダウンロードできます。
  (セミナー2日前にUP予定)
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
 

【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、もしくは、2名同時1名無料キャンペーンを適用する場合は、
    会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境およびサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

■サンプル動画■ ≫ 視聴環境
備考資料・昼食(会場参加の場合のみ)付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※(会場での)講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

エイツーヘルスケア(株) 臨床開発企画部 北澤 行富 氏
【大手外資系製薬企業にて、Regional Project Team Leader & Clinical Leader担当やSOP関連業務及び研修部門に従事】


【主な業務/専門】
モニター研修(GCP、安全性情報、治験計画届等の規制要件を中心)、社内SOP作成/改訂

【講師紹介】

セミナー趣旨

日本での国際共同治験の増加に伴い、海外規制当局、特にFDA/EMAによるGCP Inspection(査察)が、毎年日本の治験実施施設で実施されている。
FDA/EMAのGCP査察対象の多くは、治験実施施設であり、このことは、治験実施施設の関係者は、必然的に治験の国際化の影響を受けている。また、治験依頼者の治験関係者、特にモニタリング業務を担当しているモニター/モニターリーダー(モニター等)も同様に影響を受けている。
国際共同治験の観点から、治験依頼者は、国内治験では求めていない関連記録及び対応等を治験実施施設に要求する機会が増えている。しかし、全ての治験依頼者が、同じ方針/考えでモニタリング業務を行っているとは限らない。このことは、モニター等に対する治験依頼者の要望も多種多様である。
治験実施施設が、国際共同治験に関して質問がある場合、治験実施施設にとって治験依頼者側のファーストコンタクトは、モニター等になる。モニター等は、治験実施施設の質問の内容によっては、回答に苦慮することがある。ともするとモニター等は、“国際共同治験だからです。”或いは“治験依頼者(会社)の方針です。”と回答してしまうことがある。これらは、本質的な回答ではない。

今回のセミナーでは、国際共同治験の関連記録及び関連法規等の単に説明だけでなく、それらの目的/必要性/理由等も踏まえて解説します。繰り返しになりますが、特に以下の方々には、お薦めのセミナーだと考えています。

・国内治験の経験はあるが、国際共同治験が未経験(経験が浅い)の為、国際共同治験に関して総合的なことを学びたい方
・国際共同治験のモニター等であるが、改めて国際共同治験の関連記録/関連法規の意味(目的)をきちんと理解したい方 等

【セミナーのねらい】
国際共同治験に従事するモニター等に必要な知識を修得する。
国際共同治験の関連記録及び関連法規等(含:海外規制要件)を単に知る(暗記する)のではなく、それらの本質を理解する。

セミナー講演内容

1.    はじめに    
 
・国際共同治験 vs 国内治験
 ・ICH-GCPとGCP省令の関係
 ・治験の国際化と環境因子

2.    規制要件の観点から  
  GCP省令 vs ICH-GCP:主要な差異
    治験の流れ(準備~終了/中止)概念
    <治験準備>

    ・治験体制
    ・(治験施設/治験責任医師)選定要件
    ・ 定義:治験責任医師等 vs Investigator(PI/SI)
    ・治験実施者の履歴書(CV)
    ・治験データの信頼性保証
    ・記録:調査選定 + 治験の説明
    ・治験の契約
    <治験開始前>
    ・治験の説明:目的/関連資料/監査・規制当局の観点
    ・治験分担 ~ 治験開始:プロセスと記録
    ・治験薬の管理手順書
    ・被験者の他の医師(例:主治医):治験参加の通知
    <治験実施中>
    ・安全性情報(副作用等):未知/既知の判断基準
    <治験終了>
    ・治験関連記録の保存期間
    ・Trial Master File (TMF)
    日本固有の規定/手順
    ・治験責任医師等 vs Investigator(PI/SI):資格・要件
    ・治験審査委員会:治験分担医師の氏名リスト/症例報告書の見本
    ・治験の業務分担管理リスト
    ・治験の契約:記載事項・内容確認
    FDA/EMA:主要な関連法規
    <FDA>

    ・Code of Federal Regulations(CFR)
    ・Financial Disclosure by Clinical Investigators
    ・ClinicalTrials.gov
    ・Form FDA 1572 (Statement of Investigator)
    ・Clinical Laboratory Improvement Amendments(CLIA)
    ・FDA Debarment List/Disqualified List
    <EMA>
    ・EUの法令
    ・EU Clinical Trial Directive/Regulations
    治験/臨床試験の届出:EudraCT in EU/IND in USA

3.     主要な(USA/EU)治験関連記録    
  ・Confidentiality Agreement
    ・Delegation Log
    ・Training Log
    ・Source Data Identification Sheet
    ・Confirmation Letter
    ・Monitoring Visit Log
    ・Correspondences:・Follow-up Letter  ・E-mail/Contact form  
    ・Note to file/Memo to file
    ・Close-out Visit (meeting):Close-out Letter
    まとめ

4.    治験に対する多国籍製薬会社の方針/考え方
    定義:規制要件 vs 製薬会社
    ・有害事象(AE)  
    ・重篤な有害事象(SAE)
    製薬会社固有の規定
    ・eCRF:対応期限

5.    記録に対する基本方針/考え方    
    はじめに
      ・GCP省令 第1条 ・モニタリング
    定義
      ・原データ ・原資料 ・保証付き複写
    SDV時に特定するもの
     ・原データ ・原資料
     ・どのような場合にCertified Copyを作成するか?
    ALCOA(ALCOAC)とは
    プロセスと記録
    Key message

6.    知っておくと助かる慣習・文化・習慣等の違い 
   ・資料/書類等の頁番号
    ・日付(Date)の表示
    ・確認/要否のマーク
    ・信用度の考え
    ・許可/承認の証
    ・期限/期間の表示

7.    3極 規制当局(PMDA/FDA/EMA):治験責任医師/治験実施施設に対するGCP調査/査察
     はじめに
     GCP査察:手順書/チェックリスト等
     査察官の数/査察期間/対象施設等
     FDA/EMA GCP査察:スケジュール/内訳
     主要な指摘内容とその背景/理由
     まとめ

   □質疑応答・名刺交換□