セミナー 印刷

【Live配信対応】
核酸医薬品におけるDDS技術・設計指針と
低分子医薬品のデザイン方法・実例・可能性

~DDSのターゲットサイト(どこを、どのように狙うのか)~

このセミナーは、【会場受講】もしくは【Live配信受講】が選べます。
DDS技術の基本的な設計指針および核酸医薬のためのDDS技術を紹介!
 ●核酸医薬(オリゴ核酸)の物理化学的性質
 ●DDSの基礎知識
 ●核酸医薬DDSに関する知識
 ●DDSおよび核酸医薬DDSの課題

RNAが複雑で多様な立体構造をとることを理解し、これをターゲットとした低分子医薬品や、逆に
立体構造を取らない領域を標的とした核酸医薬品をどのようにデザインするのかを、実例や今後の可能性を交えて紹介!

 ●RNAの立体構造の基礎的な知識
 ●RNAのX線結晶解析の手法
 ●RNAをターゲットとした低分子医薬品および核酸医薬品のデザイン手法
日時 2020年8月5日(水)  12:30~16:45
会場 東京・千代田区駿河台 連合会館  5F 502
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
ライブ配信【Live配信の視聴方法】
映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【テキスト】
  セミナー資料は印刷物を開催日までに発送させていただく予定です。
  開催日直前にお申し込みいただいた場合は、テキストの到着がセミナー開始日時に間に合わない恐れがあります。
  Live配信上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
  印刷物は後日お手元に届くことになります。
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、もしくは、2名同時1名無料キャンペーンを適用する場合は、
    会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境およびサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

■サンプル動画■ ≫ 視聴環境
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

第1部 12:30~14:30
『核酸医薬品におけるDDS技術の現状と課題 ~DDSのターゲットサイト(どこを、どのように狙うのか)』

東京大学大学院 博士(工学) 准教授 宮田 完二郎 氏 【講師紹介】
  [主な研究・業務]
  ・核酸医薬を中心とするドラッグデリバリーシステムの開発
 
第2部 14:45~16:45
『RNAをターゲットとした低分子および核酸医薬品のStructure-Based Design ― その方法・実例・可能性―』

上智大学 理工学部 物質生命理工学科博士(理学)  准教授近藤 次郎 氏 【講師紹介】

  [主な研究・業務]
  ・核酸をターゲットとした低分子医薬品のStructure-Based Design
  ・核酸医薬品のStructure-Based Design
  ・DNAナノマテリアルのStructure-Based Design

セミナー講演内容

 第1部 『核酸医薬品におけるDDS技術の現状と課題 ~DDSのターゲットサイト(どこを、どのように狙うのか)』

 近年、抗体医薬に続くバイオ医薬品として核酸医薬が注目を集めている。核酸医薬は幅広い難治性疾患に適用可能なポテンシャルを有する一方で、バイオアベイラビリティが低いため、投与法や標的臓器が限られているのが現状である。この様な核酸医薬の課題を克服するための方法論の1つがドラッグデリバリーシステム(DDS)である。本講演では、DDS技術の基本的な設計指針および核酸医薬のためのDDS技術を紹介すると共に、それらの課題を概説する。

1. 核酸医薬の特徴
2. DDSの基本設計指針

 2-1. DDSの種類
 2-2. 受動的ターゲティング型DDS
 2-3. 能動的ターゲティング型DDS
 2-4. 承認済みのDDSの紹介
 2-5. 開発中のDDSとその課題
 3. 核酸医薬のDDS
 3-1. 核酸医薬のためのDDSに必要な性能
 3-2. 脂質ナノ粒子型DDS
 3-3. コンジュゲート型DDS
 3-4. 高分子ミセル型DDS
 3-5. その他のDDS
 3-6. 核酸医薬DDSの課題

  □質疑応答・名刺交換□
 
 第2部 『RNAをターゲットとした低分子および核酸医薬品のStructure-Based Design ― その方法・実例・可能性―』

 メッセンジャーRNAやマイクロRNAは一本鎖状態で存在し、複雑な立体構造をとらないと誤解されてきたため、これまで医薬品のターゲットとして積極的に扱われてこなかった。本講演では、RNAが複雑で多様な立体構造をとることを理解し、これをターゲットとした低分子医薬品や、逆に立体構造を取らない領域を標的とした核酸医薬品をどのようにデザインするのかを、実例や今後の可能性を交えて紹介する。

1.創薬ターゲットとしてのRNA
 1.1. 低分子創薬のターゲットとしてのRNA
 1.2. 核酸医薬品のターゲットとしてのRNA
2.RNAの立体構造
 2.1. RNAの立体構造の基礎
 2.2. 立体構造の基礎となる相補的塩基対
 2.3. 立体構造の多様性を生み出す非相補的塩基対
 2.4. 多様なRNAの立体構造モチーフ
3. RNAの立体構造解析
 3.1. RNAの立体構造解析の現状
 3.2. RNAの立体構造解析の実際(合成・精製・結晶化・X線解析)
4.RNAをターゲットとした低分子医薬品のStructure-Based Design
 4.1. 低分子医薬品とRNAの相互作用
 4.2. 低分子医薬品のデザインの実例
5.RNAをターゲットとした核酸医薬品のStructure-Based Design
 5.1. 核酸医薬品とRNAの相互作用
 5.2. 核酸医薬品のデザインの実例

  □質疑応答・名刺交換□