セミナー 印刷

医薬品開発におけるTPP運用と実際
―薬事戦略立案のプラットホーム―

~グローバル薬事戦略に組み込まれるべきTPP~

【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】

このセミナーは【会場での受講】の他に、【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)】でのご受講が可能です。
※WEBセミナーは、セミナー終了10日後を目途に、10日間・動画を何度でもご視聴いただけます。
開発早期における薬事戦略の視点で講師の運用経験も交え、
意思決定に向けたTPP標準的な活用モデルを提示し、解説する。

【こんなことが学べます】
開発担当者のTPPの理解、運用知識,開発戦略立案のためのCommunication Tool
日時 2020年8月25日(火)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ※お申込み画面では、【会場受講】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
   ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
   ・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、メールにてご連絡申し上げます。
   ・S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
   ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
   ・セミナー資料はPDFデータ(印刷可)をマイページよりダウンロードしていただきます。
   ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)

【WEBセミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

   テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】  視聴環境

セミナー講師

ファーマナレッジイニシアティブ(株)  代表取締役 安田 賢児 氏 【講師紹介】

セミナー趣旨

 2007年3月米国FDAから、製薬産業と規制当局の審査職員を対象にTarget Product Profile(TPP)ドラフトガイダンスが公表されている。米国研究製薬工業協会に所属する企業を中心に、日本におけるいくつかの製薬企業においてもこのコンセプトに沿って、医薬品開発戦略の立案と実施に至っている。付加価値のある承認を確かなものにするためには当該国の薬事制度の理解あるいは手続きに関する知識だけでは不十分である。開発プロセスにおけるTPP駆動型の開発戦略に焦点をあててTPPコンセプトに基づいた最終目標を念頭に早期開発段階から意思決定メカニズムを開発戦略に組込み実行することで、商業的な価値をもつ医薬品の市場導入が可能になる。
 ここでは、その基本的な構成やコンセプトを参考にしつつ、開発早期における薬事戦略の視点で筆者の運用経験も交え、意思決定に向けたTPP標準的な活用モデルを提示し、解説する。

セミナー講演内容

1.Target Product Profile (以下TPP)-A Strategic Development Process Tool
 I. 序論
 II.背景
 III. TPP解説と有用性
 IV. TPPの作成
 V. その他の構想(initiatives)との連携
 VI. 結語
 APPENDIX A: CASE STUDIES

2.TPPのコンセプトに基づいた薬事戦略下で運用
 2.1 開発企業により任意に選択されて主要項目で構成される「TPP」
 2.2 グローバル薬事戦略とTPPの位置づけ
 2.3 TPP活用と標準モデル
   2.3.1 「TPP」
   2.3.2 「TPP」記載する「承認に必須なTarget」と「付加価値Target」
   2.3.3 「TPP」達成と販売予測に反映
   2.3.4 「TPP」とクリティカル・サクセス・ファクター(CSF)
   2.3.5 「TPP テンプレート」と「TPP」
   2.3.6  Labeling案(主として添付文書案)の作成
 2.4 TPPはLiving Documentsとして開発計画並びに実施への寄与
 2.5「TPP」実施における開発チームの役割と責任
   2.5.1 開発チームリーダーの役割
   2.5.2 各部門代表から構成される開発チーム員の役割
    2.5.2.1 薬事部門:
    2.5.2.2 マーケティング部門:
    2.5.2.3 臨床部門の役割:
    2.5.2.4 「TPP」作成に必要な4段階プロセス
 2.6 開発早期における「TPP」挑戦課題
 2.7 “TPP-商業化の成功”を可能にする為の課題

3.規制当局とパートナーシップとTPP
 3.1 PMDA対面助言(治験相談)目的と結果管理-「TPP」活用場面
   3.1.1 対面助言 
   3.1.2 対面助言全般に関する留意点
   3.1.3 相談事項作成に関する留意点
   3.1.4 相談資料作成に関する留意点
   3.1.5 照会事項回答作成並びに相談者見解についての留意点
   3.1.6 本相談(対面助言)に際しての留意点
   3.1.7 対面助言記録確定に際しての留意点

4.グローバル薬事戦略に組み込まれるべきTPP

5.薬事戦略企画書(モデル)の基本構成とTPPの添付

6.導入開発候補品に関する開発決定と薬事戦略 


  □質疑応答・名刺交換□