セミナー

【オンデマンド配信】
洗浄バリデーションに関する基準をどう決めるか?
どう評価するか?

このセミナーは2020年6月に開催したセミナーの【オンデマンド配信】です。
※WEBセミナーは、14日間・動画をご視聴いただけます。
残留許容値について規制当局は毒性データに基づく設定を要請する方向にあるが、
そこにはいろんな問題がある、、、

【1】洗浄バリデーションにおける残留限度値の許容範囲とホールドタイム(DHT/CHT)設定方法』
【2】サンプリング方法と箇所の設定、回収率の判断基準
日時 2020年12月24日(木)  まで申込受付中  /視聴時間:4時間15分
会場 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) S&T会員登録について
定価:本体32,000円+税3,200円
会員:本体30,400円+税3,040円
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
備考資料付
※セミナー資料はPDFデータ(印刷可)をマイページよりダウンロードしていただきます。
【WEBセミナー:オンデマンド配信】
以下の流れ・受講内容となります。
 ・録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・申込み後すぐに視聴可能です(事前に「会員ログイン」または「新規会員登録」し、申込みされた場合のみ)。
  S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
   ※会員ログインまたは新規会員登録せずに申込みされた場合は、
    営業日3日後までに弊社にてマイページに設定し、閲覧通知のE-Mailをお送りいたします。
 ・視聴期間は申込日より14日間です。
  ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料はPDFデータ(印刷可)をマイページよりダウンロードしていただきます。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)

下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 
    ■サンプル動画■
    
    ≫ 視聴環境   ≫ テスト視聴サイト
(3)申込み後、すぐに視聴可能なため、Webセミナーのキャンセル受付ておりません。予めご了承ください。

セミナー講師

医薬品GMP教育支援センター  代表 髙木 肇 氏 【講師紹介】
 
【主な経歴】
塩野義製薬株式会社にて、経口剤や凍結乾燥注射剤などの工業化検討、無菌製剤製造棟の構築プロジェクト遂行、国内外関連会社への技術指導、無菌製剤棟の製造管理責任者など、製剤開発から工場運営に渡る幅広い任務を実施。

セミナー講演内容

第1部『洗浄バリデーションにおける残留限度値の許容範囲とホールドタイム(DHT/CHT)設定方法』​

【趣旨】

 専用設備であっても分解物等のキャリーオーバーが懸念されるので洗浄バリデーションが必要である。また、CHTは放置中の装置の汚染リスクを考慮するもので、天井・床等の非接薬部での交叉汚染リスクを考察する必要がある。残留許容値について規制当局は毒性データに基づく設定を要請する方向にあるが、そこにはいろんな問題がある。こうした、悩ましい問題への対応策について、演者の経験に基づいて具体策に提案する。

【プログラム】

1.企業が患者に約束すべきは
 1.1 洗浄バリデーションは、交叉汚染対策の単なる一手段ということ
 1.2 洗浄バリデーションのHow-toはまだまだ発展途上
 1.3 洗浄対象物に思い込みをしない
 1.4 薬物と設備材質との相性も要注意
 1.5 Leachables/Extractablesの同定
 1.6 消毒すれば微生物は大丈夫?
 1.7 非日常的作業後の洗浄にも留意
2.洗浄開始まで/使用するまでの放置期間(DHT/CHT)に注意
 2.1 放置中に設備に何が起こる?
 2.2 接薬部位以外にも配慮がいる
 2.3 環境モニタリングデータを過信するな
 2.4 床、壁の残留許容量はどう考えるか
3.異品種有効成分の残留許容値設定
 3.1 FourmanとMullin論文の影響
 3.2 一日最小投与量の0.1%以下基準とその問題点
 3.3 10ppm基準
 3.4 目視限度基準
 3.5 投与量基準から健康ベース暴露限界値(HBEL)へ
 3.6 ISPE-RISK Mappの論点
 3.7 EMA(欧州医薬品庁)ガイドラインが主導へ
 3.8 毒性発現臓器(組織)は物質により特徴が
 3.9 動物データの人への外挿による問題
4.不純物・分解生成物の残留許容値設定
 4.1 ICH Q3ガイドラインを適用
 4.2 遺伝毒性不純物はどう考えるか
 4.3 ICH M7変異原性不純物ガイドライン
5.洗浄剤の残留許容値設定
 5.1 LD50を用いることの議論
6.微生物の残留許容値設定
7.可視異物の残留許容値設定
8.残留許容値に関する私見

  □質疑応答・名刺交換□

第2部 『サンプリング方法と箇所の設定、回収率の判断基準』

【趣旨】

 全ての接薬部位の残留量を計測することは不可能であり、結局は特定箇所の部分サンプリングの結果から残留量を推定せざるを得ない。サンプリング場所を間違えると残留を見逃す可能性がある。信頼性(再現性)の高いサンプリング方法の設定だけでなく、接薬表面積をどこまで考慮するかも残留量の計算値に影響する。
 さらに、適切なスワブ材や抽出溶媒を選定しているかを回収率で確認しておく必要もある。このような残留量を測定する上での考慮点と対策を提案する講座である。

【プログラム】

1.各種サンプリング法の特徴と問題点
2.サンプリング箇所の設定

 2.1 どこからどれ位サンプリング?
 2.2 サンプリングで注意すべきこと
3.スワッブ材/抽出液ろ過用フィルター材の選定
 3.1 スワッブ溶媒の選定
4.TOC等によるオンラインモニタリング
5.接薬表面積の算出
6.洗浄剤の選定

 6.1 アルカリ性洗浄剤の特徴
 6.2 酸性洗浄剤の特徴
 6.3 超音波洗浄の留意点
7.CIPの留意点
 7.1 洗浄しにくい箇所(Worst case Location)
8.回収率テスト
 8.1 回収率テストの例
 8.2 回収率の計算
 8.3 回収率と残留値の推定計算
 8.4 TOCを使った回収率テスト
  □質疑応答・名刺交換□