セミナー 印刷

微生物管理と微生物検査法

~ 微生物の基礎知識から微生物同定試験におけるポイントまで ~

◎本講座では、微生物管理を進める上で知っておくべき微生物の基礎知識や微生物検査法、
微生物の同定試験、菌株の保存などについて、その注意点やポイントを具体的にわかりやすく解説いたします。

【本セミナーで得られる知識】
・よく問題となる微生物の特性
・微生物管理技術
・製品や環境微生物の検査法
・微生物の同定法
・菌株の保存
・微生物検査の精度管理
 
日時 2020年7月30日(木)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  第1講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
【2名同時申込みで1名分キャンペーン1名あたり定価半額の24,750円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
 

 【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
 
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
■■■■■■■■■■■■
【Live配信の視聴方法】
■■■■■■■■■■■■
映像視聴については、S&T会員マイページよりお願い申しあげます。
セミナー開始時間までにLive配信ページへお入りください。
 
 【Live配信ページの閲覧方法】
  弊社Webサイトより「マイページ」へログインしてください。
  詳細は下記をご覧ください。
  >> 閲覧方法
 【テキスト】
  テキスト(PDF)が、マイページよりダウンロードできます。
  (セミナー前日にUP予定)
 【マイページ】
  ID(E-Mailアドレス)とパスワードをいれログインしてください。
  >> ​ログイン画面
 

【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、もしくは、2名同時1名無料キャンペーンを適用する場合は、
    会員価格(5%OFF)は適用できません。
    【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下の視聴環境およびサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

■サンプル動画■ ≫ 視聴環境

セミナー講師

アース環境サービス株式会社  
  
経営戦略室兼彩都総合研究所分析センター嘱託  バイオリサーチフェロー 博士(理学)(系統微生物学)
猪野 毅 氏

主な研究・業務:
Acinetobacter属細菌の分類学的研究
・ヒトの口腔から分離したトレポネーマの研究
・南極の資源微生物学的研究
・経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業「発酵食品製造における微生物汚染防止のための品質管理システムの開発」  など


【講師紹介】
 

セミナー趣旨

医薬品・化粧品・食品などの製造事業所における微生物検査や微生物管理(微生物汚染防止)業務に携わる方として必要とされる微生物の基礎知識や管理法を習得することは必須である。
本講座では、微生物管理を進める上で知っておくべき微生物の基礎知識や微生物検査法、微生物の同定試験、菌株の保存などについて、これまで多くの品管・検査員研修に取り組んだ経験をもとに、その注意点やポイントを具体的にわかりやすく説明する。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.微生物検査の目的

 なぜ微生物検査が必要か

3.微生物管理の目的
 バイオバーデンを的確に把握し適切な対策を

4.微生物検査にあたっての心構え
 検査員に求められる力量とは

5.微生物の基礎知識
 5-1 微生物とは
 5-2 微生物の増殖に及ぼす要因
 5-3 問題となる微生物とその特性 

6.微生物管理技術
 
6-1 洗浄とは  
   微生物汚染防止では洗浄が特に重要である
 6-2 消毒とは
   消毒は微生物汚染防止の基本的手技である
 6-3 滅菌とは
    滅菌は消毒とともに検査に不可欠な操作である
 6-4 洗浄消毒計画の妥当性評価
   バイオフィルムを考慮すべき

7.無菌操作法
  一定の検査室の設備と検査員の操作技術が求められる

8.環境微生物検査法
 
8-1  環境モニタリングプログラムとは
 8-2 表面付着微生物
   コンタクトプレート法・拭き取り法
 8-3 空中浮遊微生物
   ピンホールサンプラー法・落下微生物法

9.微生物検査法
 9-1 微生物測定法
 9-2 分離培養法
 9-3 培地の管理
 9-4 迅速簡便法

10.微生物の同定法
 10-1 微生物の同定とその意義
 10-2 微生物の同定手順
 10-3 遺伝子同定法  

11.微生物の保存管理
  菌株保存は微生物検査の根底をなす 

12.微生物検査の精度管理
 
12-1 なぜ精度管理が必要か 
 12-2 内部精度管理と外部精度管理
 12-3 検査機器のメンテナンス

13.まとめ

□ 質疑応答・名刺交換 □