セミナー 印刷

バイオ医薬品における凝集抑制のための効率的な処方検討

※当セミナーは都合により延期となりました。(2020年4月22日 更新)※
延期後のHPはこちら
製造や輸送時など、様々な場面下においてタンパク質はストレスにさらされ、変性や凝集する…。
本公演では、バイオ医薬品,特に抗体医薬品の凝集を抑制するために、
物理化学的安定性を高める処方探索のアプローチと最新の情報を紹介する。


【得られる知識】

バイオ医薬品の凝集メカニズムや処方検討の基礎知識、バイオ医薬品処方の最新情報
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年5月25日(月)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
備考資料付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

福原 彩乃氏
博士(応用生命科学)
株式会社ユー・メディコ  副社長


【略歴】
2006年3月 大阪府立大学 農学部 応用生物化学科 卒業
2012年3月 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 博士課程修了 博士(応用生命科学)
2012年4月 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 博士研究員
2013年4月 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 薬物動態安全性研究部
2018年1月 株式会社ユー・メディコ 研究員
2018年5月~ 大阪大学工学研究科 招聘研究員
2019年4月〜 株式会社ユー・メディコ 副社長
2020年4月〜 株式会社ユー・メディコ 代表取締役


【主なご研究・ご業務】
抗体医薬品の凝集体分析、処方検討の受託研究・受託分析・コンサルティング

【講師情報】

セミナー趣旨

バイオ医薬品は効果的な医薬品であるが,製造,充填,輸送,保存,投与時の全てを通して様々なストレスにさらされ,主成分であるタンパク質の変性や凝集が引き起こされる.講演では,バイオ医薬品,特に抗体医薬品の凝集を抑制するために,物理化学的安定性を高める処方探索のアプローチと最新の情報を紹介する.

セミナー講演内容

1. タンパク質の凝集体発生メカニズム
1.1タンパク質とは
1.2タンパク質の変性、会合、凝集
1.3凝集発生メカニズム

2. バイオ医薬品凝集を引き起こす原因
2.1 ケミカルストレス
2.2 熱ストレス
2.3 メカニカルストレス

3. 凝集体による免疫原性のリスク
3.1 事例の紹介
3.2 シリコーンオイルの影響

4. 凝集体の分析
4.1 凝集体のサイズ
4.2 分析方法の紹介

5. コロイド安定性
5.1 コロイド安定性とは
5.2 測定方法

6. 構造安定性
6.1 構造安定性とは
6.2 測定方法

7. 物理化学的パラメータを利用した処方検討
7.1 処方検討例

8. 物理化学的パラメータを用いた実験値の予測

9. 抗体医薬品処方の剤型

10. 最新の抗体医薬品の処方情報

10.1 溶媒
10.2 アミノ酸
10.3 塩
10.4 界面活性剤

11. 添加剤の注意点
11.1 添加剤の不純物
11.2 添加剤の劣化

12. 少量の医薬品を用いた処方検討例

13. ハイスループット処方スクリーニングへの期待


 □ 質疑応答・名刺交換 □