セミナー 印刷

医用電気機器のEMC規格 IEC 60601-1-2/JIS T 0601-1-2の改正ポイントと対応技術

~IEC 60601-1-2:2014の旧版との差異~

改訂4版で、旧版から多くの変更が盛り込まれ、、、
欧州(EN)、米国(FDA)でも、強制化が2019/1/1に、
改正JIS T 0601-1-2:2018による国内強制化も2023年に迫ってきた!

規格の基礎から、4版で強化されたリスクマネジメント、
妨害はレベルが上がったイミュニティ試験に対応する技術等、設計段階から試験実務までを解説!

【ここがポイント】
・医療機器EMC規格 IEC 60601-1-2:2014/JIS T 06061-1-2:2018の内容
・IEC 60601-1-2:2014の旧版との差異
・IEC 60601-1-2:2014で求められるリスクマネジメントの内容
・厳しくなるイミュニティ試験に対応するEMC設計・対策技術
日時 2019年12月13日(金)  10:30~16:30
会場 東京・港区芝 三田NNホール&スペース  地下1階 スペースC
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
55,000円 ( S&T会員受講料 52,250円 ) S&T会員登録について
定価:本体50,000円+税5,000円
会員:本体47,500円+税4,750円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で55,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額27,500円)
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

倉西技術士事務所  所長 倉西 英明 氏

[経歴]
1990年4月-2016年5月 大手精密化学メーカーにて
・印刷機器のアナログ回路設計
・医療画像診断機器のEMC設計・試験実施・市場不具合対策
2016年6月- 倉西技術士事務所 開業
2017年4月-2019年3月 横浜国立大学産学官連携コーディネーター
2018年10月- (株)キョウデン ノイズ設計・対策(協業)
 
[主な研究・業務]
電子機器の基板設計
電磁両立性(EMC)の開発設計支援

セミナー趣旨

 医用電気機器のEMC規格、IEC 60601-1-2/JIS T 0601-1-2は、改訂4版で、旧版から多くの変更が盛り込まれました。欧州(EN)、米国(FDA)でも、強制化が2019/1/1に、改正JIS T 0601-1-2:2018による国内強制化も2023年に迫ってきました。
 本講座では、規格の基礎から、4版で強化されたリスクマネジメント、妨害はレベルが上がったイミュニティ試験に対応する技術等、設計段階から試験実務までを解説します。

セミナー講演内容

1.医療EMC規格の概略
 1.1 EMC規格の基礎
​  1.1.1 規格・規制の関係
​  1.1.2 規格の相互関係
​  1.1.3 QMSとEMC試験の関係
​  1.1.4 医療EMC規格の変遷
​  1.1.5 基礎安全と基本性能
 1.2 医療機器EMC試験の概要
​  1.2.1 規格の視点
​  1.2.2 雑音端子電圧
​  1.2.3 雑音電界強度
​  1.2.4 電源高調波
​  1.2.5 フリッカ
​  1.2.6 静電気放電
​  1.2.7 無線周波電磁界放射
​  1.2.8 ファーストトランジェント・バースト
​  1.2.9 雷サージ
​  1.2.10 無線周波電磁界伝導
​  1.2.11 電源周波数磁界
​  1.2.12 電源電圧ディップ・瞬停

2.IEC 60601-1-2:2012(Ed.4)
 2.1 Ed.3からの変更点
​  2.1.1 規格の視点
​  2.1.2 変更点の概説
​  2.1.3 使用場所の概念の導入
​  2.1.4 リスクマネジメントの導入
​  2.1.5 イミュニティ合否基準
​  2.1.6 イミュニティ試験レベルup
​  2.1.7 近接電磁界試験の追加
​  2.1.8 試験計画書の作成
​  2.1.9 試験報告書の項目明確化
​  2.1.10 試験ポートの概念の導入
​  2.1.11 その他の細かな変更点
 2.2 使用場所の概念と電磁妨害
​  2.2.1 3種の使用場所
​  2.2.2 使用環境と電磁妨害
​  2.2.3 イミュニティ試験レベル
 2.3 リスクマネジメント
​  2.3.1 リスクマネジメントとは
​  2.3.2 リスク分析
​  2.3.3 リスク評価
​  2.3.4 リスクコントロール
​  2.3.5 リスクマネジメントファイル
​  2.3.6 リスクマネジメント8つの要求

3.イミュニティ試験と対応技術
 3.1 イミュニティ対策の基本
​  3.1.1 GNDを強くする
​  3.1.2 ケーブルの処理
​  3.1.3 対策部品の使用
 3.2 個別対策設計
​  3.2.1 静電気対策設計
  3.2.2 放射妨害対策設計
  3.2.3 伝導妨害対策設計
  3.2.4 電源関係対策

  □質疑応答・名刺交換□