セミナー 印刷

アジア、南アフリカ、中国、アラブ等の
食品容器・包装材料における
最新規制動向・分析事例と各国と日本の比較

~EUやUSだけでない他国のレギュレーションの習得する~

現在、輸出はUSの次にアジア地域が伸びている、、、
EUやUSだけでなく、それ以外にポジティブリストを採用している国々の
最新情報を事例等交えながらご紹介!
日時 2019年12月20日(金)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 47,020円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

ユーロフィン・フードアンドプロダクト・テスティング(株) 食品ユニット
ASM マネージャー 吉竹 政子 氏 
【講師紹介】

セミナー趣旨

 現在、輸出はUSの次にアジア地域が伸びています。それに伴い、各国のレギュレーションを知ることは重要です。今回は、EUやUSだけでなく、それ以外のポジティブリストを採用している国々の最新情報を事例等交えながらご紹介します。

セミナー講演内容

1.食品容器包装の定義

2.諸外国の状況

3.EUのレギュレーション

  :事例

4.南米(メルコール)のレギュレーション
  :事例

5.インドのレギュレーション
  :事例

6.中国のレギュレーション
  :事例

7.ベトナムのレギュレーション
  :事例

8.日本の状況

9.各国と日本の比較


  □質疑応答・名刺交換□