セミナー 印刷

~素材/原材料の研究・開発者こそ知っておきたい~
自社の技術・素材を
消費者が欲しがる商品に仕上げる原料(商品)開発

~消費者視点の商品開発について、具体的な事例をベースに基礎の考え方を学ぶ~
~明日からの業務に役立つ!自社の技術・素材を題材に、技術/商品コンセプトを実際に考える~

自社が持つ特徴ある技術・素材が埋もれていませんか?
~BtoBメーカー及びBtoCメーカー必見! 消費者視点で技術・素材を仕上げるには~
 
どのように自社技術・素材を生かすか?消費者を意識した商品開発について
     具体的事例をベースに基礎の考え方を身につける​

 >BtoBメーカー及びBtoCメーカーの技術・素材担当者が、自分の素材をどのように仕上げれば消費者が欲しがる商品になるのかを考え、商品開発担当者に提案することで成功率が高まります。

■自社の技術・素材を題材にしたミニコンサルの実施
>技術コンセプト、商品コンセプトを講師共に考えることで、明日からの実務に役立つ結果を持ち帰りつつ、BtoBtoC商品開発を学べます。

~すぐに実践に役立つアドバイスが得られる!ミニコンサルの実施~
※【本セミナーでは参加者それぞれに時間の許す範囲でミニコンサルを行います】※

※課題コーチングの一例:
過去、下記のような企業の持つ素材や技術を使った商品開発コーチングや、商品の改良コーチングなどで好評をいただいております。

・日用品メーカー
・食品メーカー
・タイヤメーカー
・飲料メーカー
・薬メーカー
・化学品メーカー
・素材メーカー
・雑貨メーカー
日時 2019年6月27日(木)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
講師
(株)日本オリエンテーション 主席客員研究員 及び
(株)日本オリエンテーション わくわく商品開発研究所 所長 忽那 公範 氏


【主な経歴/専門】花王にて、スキンケア・ヘルスケア・化粧品の商品開発に25年携わり数十商品の商品開発を担当。新ブランドの立ち上げ等も行う。現在は、大手素材メーカーにて素材・技術の仕上げ方を工夫して商品を仕上げる商品開発を担当。コンサル会社にて、商品開発・マーケティングの講演、セミナー、コーチングも行っている。
※講師は日経トレンディ(2012年11月号)「技あり! 仕事人」で紹介されました※

 >>【講師紹介】
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
【2名同時申込みで1名分キャンペーン(1名あたり定価半額の24,300円)】
備考資料・昼食付

※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
主催者より“商品コンセプト、ターゲットを消費者視点で講師と共に考え、自社課題へ落とし込む。他社事例を具体的に体験する。”

参加者目線で、実業務に活かせるセミナー形態を講師と共に考え、今回のセミナー企画に至りました。
講師は、大手日用品メーカーで、スキンケア、ヘルスケア、化粧品の商品開発に25年携わり、数十商品の商品開発を担当、さらに新しいブランドの立ち上げ等の豊富な経験があり、実際に直面するような多くの苦労・課題についてもノウハウを持っています。
過去開催した講義で好評だった、「いかに消費者にコミットした商品を作るか」、「社内での企画を通すための提案の通し方」などのノウハウを伝える講義に加え、今回は参加者様の持つ実際の課題のコーチングを行うことで、自ら考えていく発想力の構築の解決を目的としております。

セミナー講演内容

■講座主旨
自社が持つ特徴ある技術・素材が埋もれていませんか?
実は、消費者視点で技術・素材を仕上げることがとても重要です。BtoBメーカー及びBtoCメーカーの技術・素材担当者は、自分の素材を、どのように仕上げれば消費者が欲しがる商品になるのかを考えて商品開発担当者に提案することで、成功率が高まります。
自分が持つ特徴ある技術・素材を使った魅力ある商品を、このセミナーで一緒に考えることで、BtoBtoC商品開発を学べます。


■講習会のねらい
このセミナーでは、消費者視点の商品開発について、具体的に事例をベースに基礎の考え方を身につけたあとに、自社の技術・素材を題材に、ミニコンサルを行い、技術コンセプト、商品コンセプトを一緒に作ります。明日からの実務に役立つ結果を持ち帰りつつ、BtoBtoC商品開発を学べます。



1. 講義 :

○わくわく商品開発のススメ
 新しく市場を創造する商品を作りましょう
   新しい評価軸(価値)を創造する
○具体的な事例紹介(成功事例、失敗事例)
   毛穴パック
   ふきとりメイク落とし
   清浄シート
   クリーム 
   他
○わくわく商品開発の視点
   新しい価値を提案して成功
   商品の仕上げ方で成功
   価値の押しつけは失敗
○新しく市場を創造する商品を作るための2つの能力
   「発想」する能力
   「コミュニケーション」する能力
○わくわく商品発見のポイント
○消費者視点とは
○商品のタイプ
   新市場⇒存市場
   ハードアプローチ⇔ソフトアプローチ
○狙うべき3パーセントのターゲット

〇技術を見る時のコツ
  技術の特徴を活かす
  新しさにこだわる
  消費者の視点になる
  納得できる説明


2.ミニコンサル:
参加者の現状に合わせ、商品開発の糸口に繋がるようなコーチングを行っていただきます。

※参加者様の人数によりミニコンサルに割ける時間も限られるため、参加者様の人数次第では全員の事例についてコンサルティングを行えない可能性がございますが、他社事例コーチングも聞けるため、実践的に多角的な視点で学べる内容として企画いたしております。
(参加者様の人数により、調整させていただきます)


 質疑応答・名刺交換□